この記事は約 4 分で読めます

職場の義理チョコはどれがいい?おすすめお値打ちブランド3選

 

私は、チョコ選びにあまり時間をかけたくない派です。義理チョコならなおさらです。

 

 

職場で義理チョコを贈る時、ある年から特定のブランドでまとめ買いをするようになりました。その方が、あまり悩まずサクッとすませられるからです。

 

 

アレコレ悩んでチョコ売り場を梯子しなくてすみますからね。

 

 

今回は、職場での義理チョコのおすすめなブランドを紹介します。義理チョコ選びに悩んでるかたは、参考になさってくださいね。

 

 

スポンサーリンク

 

職場の義理チョコ選びの鉄則

 

 

ブランドの紹介の前に「義理チョコ選びの鉄則」を紹介します。あくまで経験からくる個人的な見解です(笑)ご了承を。

 

今から紹介するブランドは、ベテランOLの私の目からみて

 

  • ・義理とわかるラインナップがある
  • ・お値打ち
  • ・失礼にならない

 

の3点をクリアしてますのでご安心くださいませ。

 

目上の人に贈るチョコを選ぶ時、「これ、えらんで大丈夫?」と迷ったら、ビニール包装より箱のほうが、贈物としての「格」が上だということも思い出してください。チョコに限らず贈物として、そういものらしいのです。私も知らなったのですが、目上の人に「礼儀」として教えてもらいました。

 

 

迷ったら、黒・金などの渋い色(高級感を感じさせる色)の包装そして「箱入り」です。

 

Mary(メリー)

チョコレートメーカーのロッテのブランド「Mary(メリー)」。


ショッピングモールにもおいてありますが、デパートにも置いてあるブランドですよ。

庶民派・お値打ちな感じはしますが、チープ感・満載な感じはそこまでしません。

 

個包装・箱入り。1000円以下だと、このラインナップ。

⇒メリーチョコレート ミルフィーユ 5個入  税込 540円(送料別)の詳細をみる

 

チョコレートもありますよ。


メリーチョコレート ファンシーチョコレート 12個入 税込 540円(送料別)の詳細をみる

 

 

銀座コージーコーナー

 

こちらは洋菓子中心のブランド「銀座コージーコーナー」です。

 

 

 

 

 

チョコよりマドレーヌ・クッキーの方がおすすめです。ブランドイメージとしては「かわいらしい」感じ。食べ応え重視の方むきの商品。この値段で箱っていうのが逆に驚きです。

 

 


⇒銀座コージーコーナー マドレーヌミックス(4種7個入)税込 540円(送料別)の詳細をみる

 

 

 

手土産・内祝いなどに使われる方も多い商品。もしひと手間かけてもいいのなら、大目に購入してラッピングして配るのもアリですよ。

 

 

75個の大入りも。全部まとめて届きます。ラッピング小分けの袋も別売でうってますので、まとめて購入して小分けすれば、沢山の方に配れます。

 

⇒銀座コージーコーナー マドレーヌ75個セット
⇒銀座コージーコーナー 小分け袋25セット

 

 

100円均一で購入した袋をかんたんにラッピングする方法です。職場が、くだけた感じのバレンタインでもOKな方にはぜひどうぞ。

 

【動画再生時間:2:30】

 

 

 

モロゾフ

 

モロゾフ日本で初めてバレンタイン広告を打ち出しただけあって、チョコには力をいれてます。ブランドイメージとしては、他2つに比べるとシック(?)な印象。茶色や金などシンプルな包装なのもGOOD!

 

クッキーなら300円台で購入できます。私ならこれにします。お菓子の意味もクッキーなら無難です。

 

【過去記事】⇒バレンタインのお菓子に意味があるの?義理で送るには何がいい?


⇒モロゾフ アルカディア(チョコレートチップ)価格70g入 324円 (税込)

 

 

 

スポンサーリンク


 

 

まとめ

 

職場で配るチョコは選びは「人間関係を円滑にするためのアイテム」として選びましょう。

 

なんとなくバレンタインのチョコを贈らないといけない雰囲気の職場だと、その職場にいる限り、義理チョコ費用は発生します。

 

長い目でみると、なかなかの負担です。例えば毎年5人に500円のチョコを贈ると考えると500円×5人=2500円を、1年と考えると10年勤続すると
2500円×10年=25,000円です。

 

 

オシャレなチョコを贈ってセンス良く思われたいという気持ちもわかりますが、贈った相手に失礼がなく、もしお返しがなくっても(笑)、自分が気持ちよく過ごせるレベルのやり取りですませておいた方が無難ですよ。