この記事は約 4 分で読めます

一人暮らし圧力鍋  サイズや容量の大きさやは?おすすめは?

一人暮らし用の圧力鍋の情報です。大きさやサイズをチェックして使いやすいものをおすすめしています。簡単な圧力なべをつくった献立ものせてますので、節約に購入を考えている方は是非チェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

一人暮らしの圧力鍋の容量の大きさ

一人暮らしに向けの圧力鍋の容量は2.5L~3Lが最適。圧力なべの容量は「家族人数+1」が基本。2.5リットルだと1人暮らし丁度というサイズです。

 

 

2.5トル~3リットルと聞くとちょっと大きいかな、と感じるかもしれませんが、大丈夫!

  • 週末に作り置き
  • 冷蔵庫保管

 

管理を、きっちりして、食材の「くりまわし」(食材をまわしていくリメイク)ができれば、
食材を食べきっていけます。一人暮らしで、3リットル以上になると繰り回しがさすがに厳しくなり、せっかく調理をしても捨てることになってしまいます。もしくは、ずっと同じ食材を食べることになります。

 

以下、「くりまわし」(リメイク)の例です。

 

一人暮らしの圧力鍋 ごはんの献立 例

 

  • ・カレーライスの具(ジャガイモ・人参・玉ねぎ・豚肉)を圧力なべで作る。
  • ⇒ルーを入れる前に、中身を取り出し、肉じゃがにする

 

  • ・カレーライスの具(ジャガイモ・人参・玉ねぎ・鶏肉)を圧力鍋で作る
  • ⇒ルーを入れる前に取り出し、シチューに転用をする。
  • ⇒骨付き鶏肉を多めに入れて、鶏肉だけ取り出し別で味付けをする

 

  • ・大根の煮物(めんつゆで薄く味付け)
  • ⇒余ったら「おでん」の具材にいれる

 

こういった使い方が上手い方だと、一回の圧力鍋で沢山の料理の下ごしらえができ、非常に効率的ですし、容量が大きめをかっても活用できますよ。おすすめレシピなどを参考にチャレンジしてみてくださいね。

 
スポンサーリンク
 

一人暮らしの圧力鍋のサイズ

圧力鍋のサイズは、中身の容量や形によって差があります。

 

圧力鍋の取っ手には種類があります。

 

  • 両手なべ(二か所ついている)
  • 片手なべ(一か所が長く、片方が短い)

 

断然、一人暮らしなら片手なべがオススメ。取っ手が邪魔で、不格好なのが玉にキズですが、圧力鍋の商品は、以下の傾向があります。

  • 「容量が大きい(重い)」圧力鍋は両手なべ
  • 「容量が小さい(軽い)」圧力鍋は片手なべが多い

形だけで選ぶと、失敗します。圧力なべの「片手」は少々カッコ悪いですが、本体の容量が大きくなってしまうと保管のスペースも沢山取るので、片手なべにしてください。

 

 

一人暮らし圧力なべのおすすめは?

私がオススメする一人暮らし用の圧力鍋の条件はコレ

  • 低コスト(5千円以内)
  • 省スペース
  • 普通の鍋としても利用できる

 

また、鍋の素材によって重さや火の通り方に違いがありますが、今回は「ステンレスとアルミの多層構造」の商品を選びました。

 

本体が何層かになっていて、アルミ+ステンレスが両方使われている構造です。メリットを生かし、それぞれのデメリットを補う仕組みになってます。コスパや重量や大きさも、手頃で一人暮らしの自炊にはぴったりです。

 

クイックエコ 3層底切り替え式圧力鍋2.5リットル

ちょっとゴツイ感じの見た目ですが、圧倒的なコスパ。

 

▼▼

  • 容量:2.5リットル
  • 重さ:1.8キロ

蓋を取れば普通の鍋として使えます

 

⇒クイックエコ 3層底切り替え式圧力鍋2.5リットル

 

 

ルミナスプラス 毎日使いカラー3.0 L

 

  • 容量:3リットル
  • 重さ:2.2キロ

フッ素コーティングがしてあるので手入れがしやすい。ガラス蓋などの付属品がついてきます。

 

▼▼

 

 

⇒ルミナスプラス | 毎日使いカラー3.0 L

 

 

一人暮らしの食費を節約するには、やっぱり外食を減らすことが一番。自炊は面倒ですが、圧力なべで下ごしらえしておけば、調理の時間が格段に違いますよ。

 

 

一人暮らし圧力なべ まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、多重構造素材の圧力なべをおすすめしました。

 

もし、あなたが

  • ・家にかえってきてから、30分以内にご飯が食べたいな~、というならアルミ。
  • ・週末じっくり煮込み料理をつくって、取り崩して食べたいならステンレス。

 

 

ただし、一般的な商品の相場からいくとステンレス製品の方がお値段が高く、アルミの方がお値段が安いです。あと、ちょっとアルミは大きいサイズの物がおおいですね。アルミで代表的なメーカーだと「パール金属」です。ステンレスだと「フィスラー」も有名ですね。

 

がっつり自炊する方する人で、キッチンのスペースがある方なら大型のアルミでもOKだと思います。自分のお部屋や、スタイルにあった圧力なべを選んでくださいね。

 

 

一人暮らしの節約に関する記事が一覧できるのはこちら。

⇒『一人暮らしの節約に関する記事のまとめ』