この記事は約 3 分で読めます

オーダーメイド枕の次に加えたい。いびき対策アイテムはコレ(いびき対策3)

いびき対策に「オーダーメイド枕」を購入しました。中々いびきが収まらず、悩んでいたところ、オーダーメイド枕を買ったお店の店員さんに、いびき防止のヒントをもらいました。まさに目から鱗です。

 

 

今回は、オーダーメイド枕を購入した「タナカふとんサービス」の店員さんから得たヒントともとに考えた、いびき対策についてお伝えします。

 

オーダーメイド枕「じぶんまくら」

枕は利用をしていると、へたってきます。オーダーメイド枕「じぶまくら」は、無料でメンテナンスサービスがついており、枕の芯材のヘタリ分をチェックし補充してくれます。
我が家も購入から半年後に、店頭にでむきサービスを受けました。

 

 

対応が親切そうな店員さんだったので、思い切って、現状を伝え、疑問をぶつけてみました。

 

 

「じぶんまくら(オーダーメイド枕)を、いびき対策に買ったのですが、いびきが治らないです。何が、原因なんでしょうか」

 

 

案に「あなたの所の商品、よくないんじゃない?」と言ってるようなモノで、自分ながらなかなか、いうな~と思いましたが(笑)、聞くは一時の恥、聞かぬはいっときの恥ともいいますし、なんといっても奮発して、オーダーメイド枕を購入したのですから、是非とも専門家のご意見きかせていただきたいと高ぶる気持ちをぶつけてみたわけです。

 

 

オーダーメイド枕がいびき対策に有効?店員さんの意外な回答

店員さんから、意外な回答がかえってきました。

 

 

「じぶんまくらの計測が正しく、枕の状態もメンテナンスしても、いびきが出るのなら「マットレス」が、いびきの原因の可能性があるのでは?」

 

 

あ、なるほど~。さすが、プロ。きいてよかったわ~。

 

 

確かに、夫のベッドマットレスは、独身時代から引き続き使っており、劣化していてもおかしくありません。

 

 

夫が使っているのはコイルのベッドマットレス。店員さんいわく、マットレスで一番体重がかかるのは、腰の部分。腰の部分のコイルが劣化してるとすると、その部分だけがくぼんでしまいます。そのマットレスで横になると身体が「く」の字の状態に。
当然、身体が「く」の字だと、頭が上に上がってしまうため、顎がさがり、気道がふさがれ、いびきになる、といった具合です。

 

 

これは、あくまで店員さんとの会話から、導きだした仮説にすぎません。
ですが、夫(と私)の快眠が手に入るのなら検証する価値あり、と判断し、我が家は次なる「いびき対策」に乗り出しました。枕も、かなり頑張って買ったのですが、次はさらに高額なマットレス。

 

 

毎朝、「疲れた、だるい、しんどい」と口にする夫。このままでは健康に支障がでてしまいます。夫婦ともども、快眠が手に入るのなら、高額マットレスを買っても惜しくないと意見が一致しました。

 

 

 

  • いびき改善⇒騒音解消⇒夫の快眠⇒私の快眠

 

 

真美のグッスリライフの目指す道のりは、まだまだ続きます。

 

 

ありがとう!じぶんまくら!

ありがとう!タナカふとんサービス(の店員さん)!!次なる対策に向かいます。
▼この記事も読まれています▼