この記事は約 3 分で読めます

じぶんまくらでいびきは改善する?枕をオーダーメイドにした結果

いびき対策で枕をオーダーメイドに変えました。「じぶんまくら」を実際につかってみた結果、いびきが改善したかどうかを報告します。

 

また、感想をまじえて使い心地やメンテナンス・コスパなどもあわせて紹介しますね!

 

スポンサーリンク

 

じぶんまくらでいびきは改善する?

「じぶんまくら」でいびきは改善しますよ!

 

といっても、全員がすぐに改善するわけではありませんし、別に枕さえ合えば「じぶんまくら」でなくてもいびきは改善します。

 

 

いびきで重要なのが「枕の高さ」と「枕と頭の角度」です。じぶんまくらのメリットとしては

  • 枕の高さの調整や角度を詳細に行ってくれる
  • メンテナンスが無料

という点です。

 

「タナカふとんサービス店」の「じぶんまくら」は、残念ながら、通販では販売終了になってしまいました。

 

枕は「たかくても」「ひくくても」いびきになります。その人の体型にあわせた丁度よい高さに調整してくれますよ。またメンテナンスが無料なのも魅力でした。

 

まくらは素材によって寿命があります。素材がヘタリますからねー。その点、定期的にじぶんまくらの店舗にもっていけば、メンテナンスで中身をチェックしてちょうどいい高さにしてくれるので、枕の高さはいつもベストな状態にたもてますよ!

 

 

⇒『じぶんまくらのメンテナンス!店舗へ持ち込む頻度や自宅の手入れなどを紹介』

スポンサーリンク

 

 

いびきをなくすために枕をオーダーメイドにした結果

さすが、オーダーだけあって寝心地は最高です。左右が高くなっており、横向き寝もしやすいです。

 

↓これが夫が使っている「じぶんまくら」です。

 

 

 

枕の形状として頭を置く部分が「くぼみがあり、、枕の左右が若干高めになっています。頭を包み込みフィットする形状です。この夫の頭が「くぼみ」にずれずフィットしてるときには、いびきはでません。

 

 

ところが、何故か夫は「くぼみ」に頭をのせないのです。もう、本当に「なんで?」と不思議なのですが、布団はいって眠る寸前では、「頭」は「くぼみ」にフィットいます。本人も、寝心地がよさそうです。

 

 

が、睡眠が深くなると、何故かこのベストポジションからずれて、左右の高い部分にあえて頭をのせてしまうのです。しかも「仰向け寝」です。

 

 

結局、「じぶんまくら」のパフォーマンスは存分に発揮される時と、発揮されない時があり、いびきも出たりでなかったりという日々が続きました。

 

肩こりや、身体にゆがみがあると、寝方にクセがでるらしく(枕)のベストポジションで眠りません。無意識にコリやゆがみをなんとかしようとするんですね。

 

結局、我が家の場合、

「じぶんまくらで、いびきは軽減はしたけれど、解消はしなかった」という結果でした!

じぶんまくらでいびきは改善する? まとめ

我が家のいびき対策として「じぶんまくら」は高評価です。

 

「いびき改善しなかったじゃん!」といわれると、それまでですが(;^_^Aでも、お値段高いだけあって寝心地が全然違います。

 

いびき対策は、この後も数年にわたって取り組んでいったのですが、次々と「おそらくこれがいびきの原因なのでは?」という要因が次々と判明しました。

 

もう、お気づきだと思いますが、結構わたし、しつこく夫にいびきを治してもらうために、しつこく粘ってます。

 

結果!数年越しかかりましたが、夫が「じぶんまくら」のべスポジで眠れるようになったんです(笑)

 

 

多分、枕ケチっていたら、まだいびきかいてると思います。その間、手製で「そばがら枕」を自作したりまぁ、いろいろやりました。私が不器用なのもありますが、手間ばっかりかかってしまったので、もしお財布がゆるすならオーダーメイド枕をおすすめします。

 

★おうちでの洗濯の方法はこちらから!

⇒『じぶんまくらの洗濯を洗濯機と手洗いで両方試してみた結果』

 

 

 

いびきに関する記事が一覧できるのはこちら。

⇒『いびきに関する記事のまとめ』

 

耳栓から枕、口閉じテープなどいろいろ試してみた結果を報告してます!