この記事は約 4 分で読めます

女性の一人暮らしの防犯対策 玄関や窓で気をつけるべきポイントは?

女性の一人暮らしの防犯対策を紹介しています。玄関や窓で注意すべきポイントです。
危険を避ける行動など紹介していますので、不安に感じる方は是非チェックしてくださいね。

スポンサーリンク

 

女性の一人暮らしの防犯対策

簡単にできる女性の一人暮らしの防犯対策は

  • 窓や玄関に鍵を必ずかける
  • 不在の時に音をならず
  • 女性の一人暮らしだとわからないカーテンの色にする
  • 洗濯物は部屋干しにする
  • 表札をつけない

 

空き巣の侵入経路は「無締まり」と「ガラス破り」が大半をしめています。空き巣の侵入件数の全体の7割以上を占めます。(参考:住まいる防犯100番)基本的なことですが、鍵を閉めることを心掛けてくださいね。

 

 

空き巣は、不在時の部屋を狙います。音がなっていると警戒をするので、不在に「音」を鳴らす対策も有効ですよ。

 

一番怖いのは、自分がかってきたタイミングと空き巣がバッティングしてしまうことです。自分が帰る時間に、タイマーでラジオやテレビをオンにする設定をしておくのも有効です。

 

金銭目的に空き巣対策だけではなく、性的犯罪の対策も取りましょう。女性の部屋を狙った下着ドロおおいので、洗濯物はできれば部屋干しが望ましいです。また、カーテンの色は、一目で女性だとわからないような色やデザインをセレクトしてくださいね。

 

一人暮らしの色で女性が注意する点は?防犯でおすすめな色はコレ!

 

表札も出さないほうがいいですよ。開運的には、表札を出したほうがいいと聞いて、我が家も出したことがあります。その後、強引な勧誘が多く訪れたため、個人情報が、どう利用されているのかわからず怖くなり表札を出すのをやめました。

 

一人暮らしの防犯 玄関の対策

一人暮らしの女性が心掛けたい玄関での防犯対策は

  • 帰宅したらすぐに鍵をかける
  • ドアをむやみに開けない

玄関での無意識の行動をチェックしてください。重い荷物をもって帰宅したときや、ブーツを脱ぐときなど、施錠を後回しにしていませんか?後をつけられていると、あっという間に部屋に侵入されてしまいます。部屋に入られると逃げ場所がありません。すぐ後ろに誰もいないか確認をしてから、お部屋に入るようにしてくださいね。

 

 

また、ドアを開けるときににも慎重になってください。最近では宅配業者を装い、女性の
部屋に侵入する手口がでてきました。チャイムやインターホンがなっても、すぐドアを開けず、相手がどのような用事で着たのかを確認してドアをあけてください。

 

ドアをうっかりあけて怖い思いや、嫌な思いをした人が沢山います。気を付けてくださいね。

 

⇒一人暮らしでの怖い体験のまとめ。夜の訪問やストーカーの悩みなど

スポンサーリンク

 

一人暮らしの防犯 窓の対策

一人暮らしの女性が心掛けたい窓の防犯対策は

  • 必ず鍵をかける(ツーロック)
  • 窓の前に余計な荷物を置かない
  • 照明をあえてつけたままにする

 

アパートやマンションの共同住宅は、上階に行くほど「ガラス破り」の侵入割合は減少します。逆にいうと、一階は「ガラス破り」が多いということ。ですので、特に一階にお住まいの方は窓に注意してください。

 

 

お住まいの部屋の窓の鍵がツーロック式なら、面倒でも鍵を2つ使いましょう。

 

お部屋の窓のサッシがツーロックの場合は、どこかに下の写真のようなスライド式ボタンがついています。下の写真の場合は、スライドさせるとロックがかかります。普段つかっている鍵とスライド式のボタンでロックするとツーロックになりますよ。

 

ツーロックの説明の画像

ツーロックの説明の画像です

 

また、窓の前に余計な荷物を置かないようにしましょう。物陰は、ガラス破りがしやすい環境です。夜はセンサーライトをつければ、ガラス破りの空き巣へのけん制になります。

 

女性の一人暮らしの防犯対策 まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

私が住んでいる共同住宅でも、数年前に空き巣被害がありました。一階のお宅です。窓から侵入されました。共同住宅には駐車場が併設されています。空き巣被害あった当日、私も含め、共同住宅に住んでいる皆さん、車で出かけていました。空き巣に狙われたお宅は、駐車場にのこっていた車の最後の1台のお宅。

 

 

つまり、空き巣は「そのアパート全体」が留守になるのを待っていたのです。最後の1台のお宅を目星をつけ、車ででかけるタイミングを見計らって空き巣にはいったのではないか、と予測しています。

 

 

しかも空き巣に入られたお宅が、部屋を留守をしたのは30分程度。その手際の良さから、どの部屋がどの車を所有しているかを、事前に「空き巣」が把握されていたとしか思えません。

 

 

ちなみに、そのお家よりも、少し先に留守にしたのが私です。私が車を出す時に、駐車場に残っていた車の台数は2台で、私が駐車場を出る時に、残り1台になったのを覚えています。

 

もし、1階のお宅が私よりも早くでかけていたら、空き巣に入られていたのは、私の部屋だったかもしれません。空き巣被害を身近で身近に感じたからこそ、防犯意識が高くなったのだと実感しています。

 

 

防犯対策が甘い家だと狙われるのか、それとも女性の一人暮らしだから狙われるのか。いずれにせよ対策をしておくに越したことはありません。

 

 

防犯に関する記事が一覧できるのはこちら。

⇒『防犯に関する記事のまとめ』