この記事は約 4 分で読めます

敬老の日 湯のみはペアでプレゼント 名入れおすすめ3つ紹介!

敬老の日のプレゼントに湯のみを考えてる方へ情報を集めました。名入れできるペアのおすすめ商品です。

 

商品の選び方や注意する点なども合わせて紹介しています。人気の商品を紹介しながら特徴を解説していきますので、商品選びの参考になさってくださいね。

スポンサーリンク

敬老の日は湯のみのペアはいかが?

湯のみは、ちょっとした贈り物の定番商品です。誕生日やお土産など気軽にプレゼントでき、貰ったほうも気兼ねなく使える贈り物です。

 

プレゼントに込められた意味も、特にマイナスな言葉やネガティブなイメージもありません。

 

また、贈った品物を日常で利用できるため実用的なプレゼントです。湯呑みを毎日手に取るたび、気持ちを思い出して貰える品物ですよ。

 

敬老の日 湯のみはペアでプレゼント 名入れおすすめ3つ紹介!

今回、敬老の日のプレゼントとして紹介する湯のみは

  • 夫婦のペアの湯飲み
  • 名入れの湯飲み

おじいちゃんとおばあちゃんの夫婦湯呑なら、定番の贈り物がワンラックアップします。敬老の日に相応しい「特別な湯飲み」を選びましょう。

 

 

湯飲みは、デザインだけではなく「持った感触」「握りやすさ」「重さ」など、細かい部分に違いがあります。比較的、祖父母の年代が若いのなら「デザイン性」を重視、もし年代が高齢ならば、実用性を重視したほうが喜ばれます。

 

 

そこで今回は「軽さ」「握りやすさ」「耐久性」などの実用性と、デザイン性を両方兼ね備えた湯飲みを楽天の人気商品から選びました。商品別にポイントを解説しますので、プレゼント選びの参考になさってくださいね。

 

敬老の日は湯のみのペアはいかが?有田焼の夫婦湯呑みセット

▼▼

 

有田焼の夫婦湯呑です。有田焼は、軽くて薄い仕上がりが特徴です。見た目よりも丈夫な湯飲みですよ。

 

名入れは、刻印1文字を印鑑のように刻印できます。若い世代のおじいちゃんおばあちゃんへのプレゼントだと、大きく名前が書いてあると恥ずかしいかもしれません。1文字刻印だとモダンな印象の名入れになりますよ。※1文字刻印だけではないバージョンもあります

 

また、梱包の箱がインロー式ボックスになっています。結婚式の引き出物などで使われる箱にはいってるので、プレゼントを渡された相手に、きちんと感が伝わります。

 

敬老の日は湯のみのペアはいかが?益子焼の夫婦湯呑みセット

▼▼

益子焼の夫婦湯呑です。焼き物の中では歴史は古くなく、ここ数年、モダンなデザインの陶器として注目を浴びていますよ。陶器としては、厚手のものが多く、風合いとしては素朴な印象です。

 

 

厚手の陶器は、唇に湯呑み当てたときの「口当たり」がいいので、お茶が飲みやすいです。厚手になると重さが気になりますが、この商品は手のひらに入りきるような小さいサイズなので、重さはさほど気になりません。また、真ん中が少しくぼんでいるので、持ちやすく手なじみもよい形ですよ。

 

 

デザインは、一つ一つ手書きされている味わいのある繊細なタッチの赤絵のデザインです。名入れは、味わいぶかい手書きです。

 

 

握力が低下しつつある高齢の女性の方にも、実用面からもデザイン面からも喜んでもらえる湯のみですよ。

 

敬老の日は湯のみのペアはいかが?美濃焼の夫婦湯呑みセット

▼▼

 

美濃焼は日本の代表的な焼き物です。普段づかいの食器のシェアの大半をしめています。

美濃焼は日常で使いやすい焼き物です。

 

 

今回紹介している夫婦湯呑は、価格・デザイン性・耐久性などのバランスの取れている商品です。癒されるような桜のモチーフも素敵です。また、名入れだけではなく、メッセージも添えられますので、伝えたい気持ちがある時には、そっと言葉を添えてくださいね。

 

かわいい商品なので、孫から初任給でおばあちゃんへの贈り物としてセレクトした!という声もありましたよ(^^♪

 

 

また、購入者に、品物の写真を送付してくれるサービスがついています。贈り物は、直送の手配をすると、現物がみることができません。名入れの場合は、文字が間違っていないかどうか、心配になる方も多いです。出来栄えを写真みることができるので安心ですね。

 

まとめ

敬老の日のプレゼントで湯呑を紹介しました。いかがでしたでしょうか?

 

贈り物の定番だからこそ、実用性と、デザイン性を両方兼ね備えた湯飲みを選びました。敬老の日のプレゼント選びの参考にしていただければ幸いです。

 

 

まだプレゼントの品物が決めきれないな~という方は、おすすめプレゼントの品物が一覧できる

 

敬老の日のプレゼントのおすすめ 記事まとめ』へどうぞ。