この記事は約 3 分で読めます

コンビニの薬に頭痛薬はある?売ってる薬の種類や販売店舗の情報紹介

どうしても頭痛薬が欲しいとき、コンビニで売ってると助かりますよね。でも、実際、コンビニで頭痛薬を売っている店舗をみたことがありません。

 

 

そこで、今回はコンビニで販売してる薬にバファリンのような痛み止め・鎮痛剤があるか情報を集めました。取り扱いしている薬の種類や、ファミリーマート・ローソンなど薬をおいてある店舗の探し方も紹介しています。

 

 

どうしても、緊急で頭痛薬が欲しいときの情報も紹介してますので、痛みで不安がある方は参考になさってくださいね。

スポンサーリンク

コンビニの薬に頭痛薬はある?

結論からいくと

 

  • 頭痛薬を取り扱っているコンビニと、取り扱っていないコンビニがあります。

 

 

まず、薬をコンビニで販売するには「登録販売者」もしくは「薬剤師」の資格を持っている人が店舗にいないと販売できません。もちろん、登録販売者がいないコンビニでは頭痛薬も売ってないです。

 

 

もし「登録販売者」もしくは「薬剤師」がいたとしても、店舗に薬が売ってるかはわかりません。コンビニにも売り場面積がありますからね(笑)

 

 

日頃から、近くのコンビニで薬の取り扱いがあるかどうかをチェックしておくと安心です。店頭においてないのであれば、そのコンビニでは「頭痛薬」だけでなく、ほかの薬も売ってないと判断してください。

 

 

コンビニで販売できる薬の種類は?

「登録販売者」もしくは「薬剤師」の資格を持っている人が店舗にいても、コンビニでは販売できる薬の種類が限定されます。

 

簡単にいうと、効き目が強い薬はNGです。効き目が強い=副作用の可能性があるからです。

 

例えば、

  • 「〇〇」という薬と「××」という薬は飲み合わせちゃダメ!
  • 「〇〇」は効き目が強いけど、胃があれちゃうかもしれないから、胃薬も併せてのんでね!

 

といった、言葉を聞きますよね。薬の効果を最大限に引き出すためのポイントや、使用上の注意などです。販売するとき「薬の説明ができるかどうか」は、とっても重要なんですよ。

 

具体的にコンビニで販売している頭痛薬はどんなものがある?

鎮痛剤で有名な「ロキソニンS」(第1種医薬品)は効き目の強いためコンビニでは取り扱いしていません。

 

「イブ」シリーズでは、「イブクイック頭痛薬DX」「イブA錠EX」などは比較的効果がゆるやかな部類なのでコンビニでも取り扱い可能。

 

「バファリン」シリーズは「バファリンEX」(第1種医薬品)効き目が強いので、取り扱いはありません。シリーズのそのほかの製品は効き目が緩やかな部類なのでコンビニでも取り扱い可能。

 

「どれでもいいから、とにかく頭痛薬が欲しい!」なら、コンビニでも頭痛薬は手に入りますよー。

 

 

効き目の強い弱いの種類の判断は別記事にかきましたので、興味のある方はこちらをどうぞ^^

⇒『コンビニで薬は販売してる?取り扱いの種類や医薬部外品はある?

 

 
スポンサーリンク
 

コンビニで頭痛薬を販売している店舗を知りたい時は?

インターネットで薬を取り扱っている店舗を検索できるので、参考までにサイトを紹介しますね。薬の販売店舗がネットで検索かけられるのはローソンとファミマのサイトです。

 

 

※セブンイレブンは「薬の取扱店」検索はできませんでした

近くに薬を取り扱ってるコンビニがない場合は?

検索をかけてみて、近くに薬を取り扱ってるコンビニがない場合。ちょっと離れていても、構わないなら、深夜・早朝に営業をしてる薬局・ドラッグストアが検索できるサイトがあります。

 

 

営業日・営業時間で絞込ができます。痛みに我慢できず、どうしてもという時に活用してください。

まとめ

登録販売者の数が不足してることもあり、薬を取り扱っているコンビニは少ないのが現状です。登録販売者の資格ができて日が浅いからしかたないですね。今後は、すこしずつ増えていくはずです。

 

 

でも、薬をコンビニで買いたい!というニーズは結構多いみたいで、ニーズを解消するため、コンビニ&ドラッグストアのコラボ的なお店がぞくぞく出店されています。

 

今後は販売エリアなどが拡大していくかもしれませんね。

 

慢性的な、頭痛に悩む方なら「頭痛の対策などの記事」も参考になるかも。対策や原因などが書いてあります。