この記事は約 5 分で読めます

口閉じテープは効果はあるの?実際に使ったメリット・デメリットを紹介

いびき防止グッズとして定番の口閉じテープ。あまりに単純な仕組みに、購入する時には、ちょっと戸惑いが(笑)

 

 

「本当に、効き目があるのかな?」「口をテープで張るなんて苦しくないの?」

 

 

今回は、口閉じテープの効果やメリット・デメリットをお伝えしますね。

スポンサーリンク

口閉じテープのメリット

 

  • ・装着は簡単
  • ・値段が安い
  • ・口いびきには効果あり
  • ・のどの渇きがなくなった

 

なんといっても口を閉じるだけですから簡単です。

 

 

口閉じテープは

 

  • 口閉じテープを買ってこれば、すぐ使える。

 

  • 効果は即日

 

なのが、なんといっても魅力です。

 

いびき防止グッズの中には、鼻に管をとおしたり、無呼吸症候群だと専用の機械を装着したりと面倒だったり、大変だったりします。

 

いびき防止サプリだと、飲み続けることで効果が現れるので即効性はありません。それまで、飲み続けられるか?というのは結構大きな問題かも。

 

その点、口閉じテープは張ってはがれなければ効果がすぐ出るので、即効性があり手軽なグッズなのですよ。

 

 

口閉じテープのデメリット

 

そんなお手軽で簡単な口閉じテープにも残念ながら弱点が。

 

 

  • ・肌が弱い人は連日の利用で肌荒れがおきる可能性あり
  • ・ひげ、化粧品クリームなどではがれやすい
  • ・夜中はがれたら、効果は終了。
  • ・はがれたテープが、知らないうちにパジャマにつく。

 

 

最大のデメリットは、使用した時の肌荒れと、はがれやすいかどうか、ですね。パジャマにつくかどうかは、まぁ、主婦的な感覚からすると面倒ですが、商品のデメリットという程ではないかと。

 

 

口をテープでふさぐ時に、密着していれば、はがれにくいのですが、隙間があると寝ている間にはがれてしまいます。旦那様が、おしゃれヒゲ派の方だと、装着は厳しいかもしれません。いびき防止をとるか、ヒゲをとるか…。なかなか悩ましい選択です。

 

スポンサーリンク


 

口閉じテープの口コミ・評価

少数派ですが、ちょっと気になる口閉じテープの一般的な口コミ・意見をピックアップしました。

 

  1. ①バンドエイドやサージカルテープで十分。
  2. ②ビジュアル的に、かっこわるい

 

結構、皆さん厳しいですね。

 

口閉じテープは、サージカルテープで代用ができるか?

「口閉じテープって所詮口にはるだけでしょ?」と考えると、コスパ的には厳しめに感じるかも。

 

実は私も「バンドエイドや、他の医療用のテープで間に合うじゃん」って思いました。ちなみに、サージカルテープっていうのはこいういうテープ⇒サージカルテープの詳細をみる

 

 

でも、実際につかってみた夫の意見だと「(はがす時に)痛いよ。肌荒れしちゃうよ」と、若干引き気味。利用をしてる夫(の肌)に優しくないので、我が家では「サージカル案」は却下されました。

 

本当に代用できないか、私自身で検証してみた結果がこちらです。

 

⇒口閉じテープは代用できる?絆創膏やサージカルテープで試してみた

 

ビジュアル的に、かっこわるいのはなんとかならないか?

口閉じテープがビジュアル的にカッコ悪い。というのは、確かに…おっしゃる通りです。

 

 

装着した姿は、(夫には内緒ですが内心)かなり滑稽でした。

 

 

でも、普段、家で使うときには、口閉じテープして、夜寝ちゃうだけですから。あまり、気にしなくてもいいのではないかと思います。例えば社員旅行とか、お友達との旅行とかで、口閉じテープの装着してる姿を見られるのが恥ずかしいのであれば話は別ですが。

 

 

自分的にカッコ悪いのやイヤ。寝てる時にも、素敵でいたい!という方は、かっこ悪くない口閉じテープが、開発されるまでお待ちになった方ば無難です。

 

 

ビジュアル的のも、コスパ的にも、ものともしない方は、サージカルテープや、バンドエイドでもいいかもしれません。唇に張るわけですから、バンドエイドの利用上の注意をよく読んでから、唇にはった方がよさそうです。

 

いびきが改善したかどうか、コメントをチェックしてみると、総じて「改善した」という意見が多かったですよ。

 

口閉じテープ(口テープ)はどこで買うの?

 

口閉じテープを買える店ですが、普通にドラッグストアで売っていますよ。ただし、商品のラインナップは、少ないし、ちょっと探しにくいかもしれません。

 

近所のドラッグストアを数店舗リサーチしてきました(笑)

 

売り場面積が、広い方がドラッグストアの方が、ラインナップは充実していました。口閉じテープ自体が売れ筋商品でないので店頭に置いてないのは、仕方ないですよね。

 

 

 

私ががリサーチした店舗では、何故かバンドエイドとかハンドクリームとかの売り場にありました。なぜ?口に張るから?ちなみに、別のドラッグストアでは、「耳栓」と「口閉じテープ」が一緒においてありました。親切です(笑)

 

色々、商品を検討したいのならネットで購入するのがベターです。

 

 

ネットではこれだけ種類がありますが、実店舗では3種類くらいしかありませんでした。

口閉じテープがどんな種類があるか見る

 

スポンサーリンク


 

口閉じテープの効果は?実際つかってみた感想

で、実際は効果はどうなのよ?ですよね。

 

 

テープが朝まで口にはってあれば、口は閉じています。あたりまえですが。

 

口閉じテープは、口を閉じることが目的で作られているので、即いびきに効果があるかどうかは個人差があります。と、いうのは以下の理由から。

 

 

効果が激減するパターンは2つ。

  • 1)いびきの原因が、開口睡眠(口をあけてねむる)以外は、完全いびき防止にはならない。
  • 2)はがれてしまったら、口が開いてしまうので、効果なし。

 

 

ですので、我が家の夫の効果は以下の通り。

 

  • 2)肌荒れがひどい時には、無意識にかゆみがでるのか、口からテープをはがしてしまう。はがれてしまった日には効果なし。

 

これは、あくまで我が家のケースです。

 

口にテープは、連続に使い続け、口を閉じる事で、鼻からの呼吸を習慣づけを狙っています。狙いどうりの効果が発揮できれば、いびき防止につながりますよ。

 

 

夫は、音量が軽減がされました。製品もいろいろとでていますので、口閉じテープ(口テープ)を効果的に使いたいのなら、商品選択も重要です。我が家の場合は、かゆみの出にくい商品かどうかが選択ポイントになります。

 

口閉じテープ(口テープ)の特徴を理解した上で、いびき防止グッズとして役立ててくださいね。

 

 

▼この記事も読まれています▼