この記事は約 4 分で読めます

  • 投稿 2017/12/21
  • 健康
マスクの裏表の見分け方。迷った時はここをチェック!【画像付き説明】

沢山のマスクがコンビニや薬局で販売されています。でも、商品によっては、マスクの裏表や上下がわかりにくいマスクもありますよね。

 

マスクの裏表を間違えてつけてしまうと、せっかくの効果が半減してしまいます。

 

そこで、今回はマスクの裏表の見分け方を、画像付きで説明したいと思います。インフルエンザや花粉症対策で、マスクをする季節・時期が多くなりましたので、迷ってしまった経験がある方は、参考してみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

マスクの裏表の見分け方

マスクの裏表を見分ける基本としては

 

  • マスクのプリーツで見分ける
  • ワイヤーで見分ける
  • ゴム(耳にかける不織布)で見分ける

 

プリーツが下向きになっている側を外にして装着するのが正しいつけ方です。理由としては、プリーツ(ひだ)が上向きを外側にすると、プリーツがポケットになってしまい、花粉など入り込んでしまうため。なので、プリーツ上向きの外側装着はNGなのです。

 

マスクを裏表を見分ける時に真ん中がΩになっている場合

でもですね、このマスクの裏表の見分け方だと、プリーツが一定方向ではない場合、Ω←真ん中がこんな感じになってるマスクだと、判断つきません。

 

 

その場合は、鼻の部分のワイヤーの部分で見分けてください。ワイヤーが微妙に、「反って」います。顔にフィットしやすいように、あらかじめそらせてありますね。

 

 

 

膨らんでいる方を外側で装着してください。顔にワイヤーが直接あたらないように外側にしている商品が多数なので、ワイヤーは見分けるポイントですよ。

 

 

 

耳にかけるゴムの部分でも見分けられます。ワイヤーと同様、顔にゴムが直接あたらないように外側にしている商品が多数です。写真の場合は裏(顔側につける方)を向けてます。

 

 

 

青いマスクの裏表はどう見分ける?

あと最近だと医療用のマスクのように、片面だけ青いマスクも販売されてますね。これは、見分け方が簡単!

  • 青い方を外側

にもってきて、装着してください。

 

 

 

もし、この見分け方をきいて、ますます、「わからん」という商品であれば、付け心地としては細やかさにかけるマスクということ。ワイヤーは顔にあたるわ、ゴムは顔にあたるわ、花粉はプリーツに入るわ、ってことですよね?マスク自体にこだわりがなければ、付け心地や性能に疑問がのこりますので、商品選びから検討しなおすことをおすすめします。

 

 

メーカー品のマスクの裏表迷ったときは?

マスクも大量に販売されている業務用だと、パッケージや箱も非常に簡素なものです。

ですが、コンビニなどに置いてあるメーカー品なら、

  • パッケージの写真

をみてください。どちらが裏表になっているかわかります!「フィッティ」の場合は、Ωが外ですね。

 

 

 

あとは商品のロゴ(ブランド)がはいっているマスクの場合は、

  • ロゴが表(外側)

がほとんどです。ちなみに、「フィッティ」と「ユニ・チャーム」のマスクのロゴはこんな感じ。下の隅についています。

 

フィッティのロゴ

 

 

ユニ・チャームのロゴ

 

 

 

どちらも、ロゴが表(外側)になるのが、正しい装着になっていました。見分け方としては一番簡単ですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

正しいマスクの付け方

マスクの裏表がわかったら、正しいマスクのつけ方をマスターしましょう!

 

あたりまえかもしれませんが、こんなマスクのつけ方(取り扱い)はNGです。

  • マスクをつけていても鼻がでている
  • あごにマスクをつけてる
  • ポケットにマスクを入れる
  • マスクひだを広げないまま装着している

私は、ポケットマスクはやっちゃいますね。

 

 

正しいマスクのつけ方で、わかりやすい動画がありましたので、よろければこちらを参考に(^^

 

 

  • 【動画再生時間】:全体約4分(開始1分あたりがマスクのつけ方です)

 

この動画のポイントをまとめると、正しいマスクのつけ方は

 

  • マスクの裏表を確認
  • ワイヤー部分を上にもってくる
  • 鼻の形にワイヤーを調節する
  • ワイヤー部分を片手でおさえ、一方の手でマスクを顎がわにひっぱる
  • 隙間がないか、手のひら全体でマスクをおさえてチェックする

かなり念入りに見えますが、慣れればものの数秒ですよ。

 

まとめ

マスクの裏表の見分け方をまとめると、

 

  • ・プリーツ
  • ・ワイヤー
  • ・耳にかけるゴム

をチェックする。

 

 

もっと簡単にみわけるなら

  • ・パッケージの絵
  • ・ロゴがどちらについているか

を確認するです。迷ったらいくつかチェックしてみて、トータルで裏表を判断!

 

 

いい例として「フィッティ」。ちょっと裏表わかりにくい商品ですよね。ゴムは顔側についていますし、プリーツはΩ型です。私は最終的にパッケージをみて「ああ、こうやってつけるのか」と判断しました。

 

 

マスクの開発も日進月歩していて、よりよい性能・付け心地の商品がバンバン発売されてるので、1つの見分け方では、判断できなくなってきてます

 

 

マスクの裏表を見分けることが、正しいマスクのつけ方の第一歩!正しいマスクのつけ方で、インフルや花粉をシャットアウトしてくださいね。

 

 

 

マスクは風邪やインフル対策だけではありません。こんな時にも有効です。過去記事に詳しくかきましたので、興味のある方はぜひどうぞ。