この記事は約 4 分で読めます

道の駅甘楽!お土産やレストランは充実してる?行ってきた感想

群馬県の道の駅甘楽の情報です。お土産やレストランについての情報と紹介しています。

実際に行ってきた感想を交えて紹介していますので、甘楽方面に行こうと考えてる方は参考になさってくださいね。周辺の写真も載せました。

スポンサーリンク

道の駅甘楽の基本情報

道の駅甘楽は、過去、関東の道の駅「プレミアム30」に選ばれたことのある小ぶりながらも特色のある道の駅です。

関東道の駅/国道交通省:道の駅甘楽

  • 住所:群馬県甘楽郡甘楽町大字小幡444-1
  • 電話番号:0274-74-5445
  • 営業時間:売店)午前9時~午後6時
  • 営業時間:フードコート)午前10時30分~午後4時30分
  • 営業時間:食堂)午前11時30分~午後4時(L.O午後3:30くらい)

道の駅らしく、産直・レストランも好評です。甘楽町はイタリアのチェルタルド市と姉妹都市なので、ちょっと道の駅もイタリア的。レストランのピザや物販もここでしか買えない品物が置いてありますよ!

 

 

 

一方で、日本情緒あふれる面も。周辺には名水百選でもある雄川堰が流れており、川沿いに看板を頼りに歩いていくと小畑藩の城下町の散策を楽しめます。

 

 

 

 

石積みの城下町や福場町の雰囲気を感じることができます。また、夏の夜にはホタル、春にはしだれ桜と季節を楽しませてくれる場所。特に春には道の駅甘楽はかなり混雑します。

 

ホタルに関しては、催しが開催されますので詳しくはこちらからどうぞ。毎年開催されてるようです。⇒公式HP「甘楽町 ほたるの夕べ」

 

 

また、こんにゃくパークや富岡製糸場、サファリパークからも近いため、経由ポイントとしての利用客も多いですよ。

道の駅甘楽のお土産

道の駅甘楽でのお土産は

  • 群馬の名産のお菓子
  • 地元の産直野菜
  • イタリア直輸入のワインなど

が人気ですね。特に産直野菜が人気なのですが、訪れた季節や時間帯によって品揃えがだいぶ左右されるようです。実際、私も行きましたが、道の駅甘楽についたのが夕方近かったので売れてしまったようです。こんにゃくや納豆どの加工食品が目立ちました。

 

 

季節的にも群馬県の野菜がとれる時期だと、とてもお値打ち入るとの口コミが多数。

 

  • ・キャベツ
  • ・さといも
  • ・キウィ

甘楽は、キウイの産地で、県生産の約50%を生産しています。11月上旬~5月下旬が取れる時期ですよ。見かけたらぜひどうぞ!

 

 

本当に不思議(といっては失礼なん)ですが、イタリアから直輸入の品物も好評で

  • ・ワイン
  • ・オリーブオイル

 

ワインまつりという催し物や、お値段お値引きの日も。ここでしか手に入らない品物もあります。ワイン好きなら気になる情報ですね!
スポンサーリンク

 

道の駅甘楽のレストラン

道の駅甘楽での食事は

  • イートイン
  • レストラン(食堂)

と別れていています。食堂の定食は小鉢もきっちりついてきてお得感を感じる献立です。地元食材が家庭的な味で調理されておりリーズナブルと評判。

 

 

 

好評なのは、

  • ・フードコートのピザ
  • ・きじそば定食
  • ・桃太郎ご飯
  • ・桑の葉茶ソフトクリーム

特に、石窯ピザですね。ピザ記生地は甘楽産の地粉をつかい石窯で焼き上げています。ピザのメニューでは「轟みそピザ」が人気。え?名古屋じゃないのに味噌なの?と驚くなかれ。味噌とチーズが意外にも相性がよくネギもONしてシャキシャキ感がたまらないとの口コミ。ただし混雑時には待ち時間が数十分らしくあきらめる人も多数います。

 

 

珍しい雉(きじ)肉のメニューも好評です。炊き込みご飯「桃太郎ご飯」と「きじそば定食」ですね。雉の肉は、クセがなく鶏肉に近い味わい。脂のうまみや歯ごたえがおいしさの秘訣です。

 

桑の葉茶ソフトクリームは、ほんのり桑の葉の味がするような(?)という口コミです。ちょっと食事までは食べられないけど、という方はぜひどうぞ。

 

 

 

まとめ

一泊二日で群馬旅行にでかけたのですが、事前に口コミを調査して、甘楽でどうしてもピザが食べたかったのですがタイミングが合わずスルーしてしまいました。

 

道の駅甘楽の前に「道の駅しもにた」でコロッケを食べてしまったのです(笑)

 

私たちは、15時半くらいについたのですが、フードコートでピザたべている人がいました。うらやまし~。チャンスがあったら是非、ピザや桃太郎ご飯を食してくださいね。

 

 

城下町散策も、魅力的だったのですが、駆け足旅行だったのでできずに残念です。川沿いの水路がさわやかで、魅力的でした!

 

 

この日は、次に「道の駅 ららん藤岡」に向かいました!