この記事は約 4 分で読めます

耳栓モルデックスとサイレンシアの比較・感想(いびき対策7)

夫婦でいびき対策に取組む様子をシリーズでお伝えしています。今回はいびき対策グッズとして購入した商品(耳栓)の商品レビューをします。

 

いびき音対策に購入した商品は2つ。モルデックスとサイレンシアです。耳栓としては、手に入れやすいスタンダードな商品ですが、使用感・耐久性などに違いがありました。

 

 

実際に商品を利用をしてみたレビューと、耳栓というジャンルに対しての感想をお伝えしますね。

 

 

 

▼今までの経緯▼

「夫のいびきがうるさく眠れない」

私の側で音(いびき)をシャットアウトするために耳栓を購入しました。効果は?⇒耳栓で夫のいびきを遮断?耳栓のメリット・デメリットをお伝えします(いびき対策6)

 

真美が購入した耳栓の紹介

耳栓にも様々な種類があります。真美が選んだのは、超スタンダードな商品。

ウレタン素材で、ぎゅっと指でつまんで、耳の奥までいれて使うタイプです。

 

購入した商品は以下の2種類。

 

 

1.サイレンシア

真美が最初に選んだ商品はこれです⇒イアーウイスパー・サイレンシアの詳細をみる

ドラッグストア「マツモトキヨシ」で購入しました。

 

耳栓のスタンダードな商品です。

手軽に手に入れられるのが魅力ですね。

 

 

 

2.モルデックス

サイレンシア以外にも試してみたくなり、次に選んだ商品はこれです⇒MOLDEX メテオ (モルデックス メテオ 8ペア)の詳細をみる
耳栓市場に期待して、ネットで初めて購入。Amazonの評価をみて選びました。

 

商品を選ぶ際に、散々迷い、一番スタンダードなタイプを選びました。かなり高評価。商品のラインナップも豊富なのが魅力です。

 

 

 

スポンサードリンク



 

3.商品を利用した感想

私の場合、耳栓自体、いびき対策としては失敗しましたが(体質に合わなかったため)、合う方にはかなり有効だと感じます。簡単に比較しますね。

 

 

使用感(装着感)の比較

  • サイレンシア・・・・ソフトな装着感(長時間でも気にならない)
  • モルデックス・・・・耳の内側から圧迫される感覚。密閉されてる装着感

 

モルデックスの方は、サイズが合ってなかったかもしれませんので、一概に比較はできませんが、密閉されてる感じはかなりのものです。

 

 

ネットで情報を集めましたが、ソフトで柔らかい使用感の方が、長時間利用する際には不快感は少ないようです。

 

真美の場合は、サイレンシアは少し物足りませんでした。でも、モルデックスでは、きつい感じがしたので、この真ん中くらいの装着感が好みです。

 

耐久性の比較

 

ヘタリはサイレンシアの方が早かったです。商品劣化(ヘタリ)につれて、遮音性も低くなりました。これは、モルデックスとサイレンシア両方で感じました。

 

夫のいびきが大きくなったか?と思ったのですが、新しい商品に取り換えると、いびきの音が小さく感じられるので、やはり劣化が原因です。

 

 

サイレンシアは、柔らかい商品なので、モルデックスと比べると、ヘタリは早いのかもしれませんね。

 

モルデックスもヘタリますが、元々が結構な反発力のある商品なので、気にならないだけなのでしょう。ヘタラないからといって、使い続けると衛生面で問題がでてきます。

 

ヘタる前に、交換するのが望ましい使い方と考えると、2商品、さほど差がないと感じます。

 

 

遮音性能の比較

密閉されてる感じがする方が防音効果が高いのか?というとそうでもありません。

 

この二つの商品の遮音性能を比較してみるとわかる通り、商品の遮音性能としては、さほど差がありません。

  • サイレンシア・・・・32デシベル
  • モルテックス・・・・33デシベル

 

2つともウレタンが素材のため、遮音に限界はありますね。

これ以上の遮音性を求めるのなら、違う素材を検討してみてください。

 

 

まとめ

 

私は、耳栓自体が体質に合わず、耳に湿疹ができてしまいました。

そのため、途中で利用をやめてしまいましたが、商品ジャンルとしては、かなり興味深いです。

 

 

形状や、大きさなど様々なタイプの商品が発売されていて、耳栓業界自体多様なニーズにこたえようと頑張っている(?)のを感じたからです。

 

 

 

今、自分にピッタリとあう耳栓に出会えなくても、将来的には可能性があるのかな、という期待もあります。

 

 

この記事を書くにあたり、改めて耳栓の情報を調べましたが、シリコン素材だと比較的、耳に優しく清潔な状態で利用できると知りました。私のように、情報が少ないために、「NO!耳栓」となってしまうのは、もったいない事です。

 

 

 

合わないからダメ。もう、使わない。という選択ではなく、自分の体質や、ニーズをつかみ、商品知識を深めて置くことは大切ですね。私も反省です。

 

 

近い将来、世の中の科学の進歩が、自分のニーズに追いつく日がくるかもしれないという期待を持って、耳栓市場をウォッチしていきたいと思います。

 

 

 

★夫婦で、いびき治療に取り組んでいます。もし、同じ悩みをかかえてる方。よろしければ、まとめ記事がありますので、こちらからどうぞです(^^