この記事は約 4 分で読めます

寝苦しい夏。夜じゅう使う時のエアコン設定は?料金は?

夏バテの原因の一つとして、睡眠不足があります。寝苦しい夜は、本当につらい。

 

 

特に夜は、うだるような暑さにはエアコン(クーラー)は欠かせません。今回は、クーラー苦手だった真美が、夜寝苦しい夜に(クーラー)を活用して、快眠を手に入れた工夫や情報をお伝えします。
これで快適な睡眠を手に入れ、夏の悪夢とはバイバイしてください!

 

夏のエアコン(クーラー)の活用方法

 

 

1.エアコン(クーラー)をつけるタイミング

エアコンのスイッチを入れてから、適温になるまでに時間がかかるので、事前にスイッチをいれておきましょう。布団にはいる30分から1時間前にスイッチすると設定温度まで下がります。

 

 

入眠時に涼しく快適に眠りにつけますよ。

 

 

2.エアコン(クーラー)の予約(切)時間

予約切の設定時間は、真美の場合、暦を目安に決めています。いわゆる大暑と呼ばれる猛烈に暑い時期は、つけっぱなしにしてます。

 

小暑と呼ばれる季節から、大暑にかけては、予約(切)の最大の予約時間に設定。
それ以外は、3時間を目安に設定しています。
入眠してからの3時間重要だという過去記事⇒肌荒れの原因は睡眠不足。効果的に回復する方法を教えます。

 

 

お住まいの地域や、寝室の環境によっても違いますが、入眠してから3時間を快適に眠れるか、どうかを考えて設定してみてくださいね。

 

 

 

4.エアコン(クーラー)温度・湿度

一般的に入眠に適してるとされる目安

  • 夏の適温:25度~28度
  • 湿度:40度~60度

 

そうはいっても、男性は、体温が高め。一方、女性は冷え性に悩む方が多い。そうなると、男性の感じる適温に合わせると、女性が凍えてしまいますし、女性に合わせると、男性は寝苦しいとなるので、微妙ですよね。

 

 

我が家は、夫と折り合いがつきにくく毎年攻防が繰り広げられてます。真美が折れて、夫体感での快適温度にしてますよ。テレビもそうですが、リモコン大臣は夫なので、エアコンのリモコンも夫の手元において、好きにしてもらってます。

 

 

5.夏の夜の必須アイテム

夫にオマカセといっても、ガンガン冷やされてはたまりません。一応、冷えすぎないように対策してます。

 

 

レッグウォーマー

足首を守ると、冷えが防止されるので、夏・冬ともに足元は温めています。
勿論、夏は夏用のレッグウォーマー。

 

 

通気性に優れ、適温に保ってくれるので、手放せないアイテムです。素材は、シルク。上流階級じゃくても真美はシルク使ってます。

 

こちらのお店の商品つかってます。よければどうぞ。真美が使ってるのは廃盤になってしまったんで、こんな感じのです⇒アンゼリカ トゥレス レッグウォーマーの詳細をみる

温度計/除湿計

これは、部屋の温度を客観的に「見える化」して、夫へのけん制に使ってます。
エアコンの設定温度は、あくまで設定。とっても暑い日だと、家自体に熱をもってしまってるので、設定を低めにしても、なかなか部屋の中は涼しくなりません。逆もしかり。

 

 

キッチリ数字でチェックしてます。北極のような寒さは不必要じゃないですか。適度に涼しければいいのですから、しっかりチェックしてます。節約にもなりますよ。
こういうの使ってます⇒CASIO〔カシオ〕置き時計 温度・湿度計測機能の詳細をみる

 

 

・エアコン(クーラー)の電気代

これは、あくまで当社比ならぬ、我が比になりますので、よろしければご参考に。

猛暑の時期エアコンの設定温度を最大で打ち切りにした2015年度

  • 7月支払6,652円(248kwn)
  • 8月支払10,995円(10,995kwn)

 

 

猛暑の時期エアコンを夜中切らずに朝まで付け続けた2016年度

  • 7月支払7,138円(304kwh)
  • 8月支払10,023(427kwn)

 

 

差額486円

 

 

2015年と2016年の気温差もありますので、あくまで目安で考えてくださいね!(念押し)
さすがに万単位で違えば、節約のため、寝苦しいのも我慢し、クーラーをつけませんが、数千円の出費で収まるのなら迷わずクーラーをつけます。

 

 

むしろ、いままで何故つけなかったのか…と(笑)

 

 

真美の住んでる地域では、2015年より2016年の方が夏の平均気温は高かったのですが、クーラーのおかげで夜の寝苦しさがなかったので、2015年の方が暑く感じた記憶があります。

 

 

  • ※クーラーの電気代だけではなく、電気代も含んでいます。
  • ※クーラーは2011年製で、2015年・2016年と同じものを使っています。
  • ※クーラーの夜の利用時間だけの違いで、特に生活に変化はありません。

 

 

まとめ

夜じゅうクーラーをつけると「だるい」「体の節々が痛む」など体調不良になる方いらっしゃいます。ですが、寝苦しいのも問題です。睡眠不足や脱水症状も心配ですしね。

 

 

クーラーが、冷えすぎるのであえれば、真美のようなレッグウォーマーや寝具などで調整が効果的。お腹が冷える方は、腹巻もいいかもしれません。毛布も綿にすれば、通気性もよく人肌であたたかいですよ。

 

 

同室の方とのクーラーの設定温度での攻防は、温度計を使ってくださいね!ぐっすり眠るための工夫で、暑い夏の夜を乗り切りましょう。

 

 

▼この記事も読まれています▼