この記事は約 4 分で読めます

  • 投稿 2017/08/29
  • 健康
寝違えは冷やす?それとも温める?痛みを和らげる対処法

朝おきたら首がピキーン。一度、寝違えてしまうと、目が覚めた瞬間から痛みばかりが気になり、いてもたってもいられない。

 

「少しでも寝違えの痛みを和らげたい」

 

 

私も毎回そう思います。でも、ある時、ふと疑問に思うことがありました。

 

 

 

「寝違えは、冷やした方がいいの?温めた方がいいの?」

 

 

正解は「冷やす」なのですが、単に冷やすだけではなく、症状によって対処法を変えていくと痛みが軽くなっていくと最近気がつきました。

 

今回は、寝違えてしまった時の対処法を、痛みの段階を追って紹介しますね。

寝違えた部分には何が起きているの?

 

不自然な姿勢で寝続けたことで、身体の一部の負担がかかり、筋肉に炎症がおきています。寝違える部分としては、首・肩が多いですね。

 

  • ・腕が上がらない
  • ・頭が前後、左右に動かせない

など、痛くて身体が動かせないという症状がでます。

 

痛む部分に炎症が起きています。

 

最近では、横向きに眠ることで、脇の下の神経が圧迫されてしまうのが、寝違えの原因という説もみられます。この記事では寝違え部分には炎症が起きている、という前提で説明を進めます。

 

 

寝違えた当日の朝はどうしたらいいの?

 

 

寝違えた当日の朝は、寝違えた部分をアイシングしてください。ハンカチやハンドタオルなどで包んだ小さいサイズの保冷剤がベターです。炎症部分を冷やしてやります。

 

仕事や家事をする間、保冷剤を首にあてづづけるのは現実的でないので、その場合は冷湿布でもOKです。

 

保冷剤やアイスノンを使うときには、冷やしすぎに注意してください。

 

何もしていなくても痛いなら、寝違えがひどい証拠なので、無理に首や肩を動かさず、とにかく安静第一。

 

どうしても痛みが強い時には、イブやバファリンなどの痛み止めを飲んだり、鎮痛成分の入ってる湿布をはってください。あまりに痛いと日常生活が送れないですものね。でも、薬で痛みを抑えてしまうと、逆に寝違えた部分を動かしてしまい、さらに負担をかけてしまいますので、一長一短といったところです。

 

痛みに応じて、お薬をつかうかどうかを決めてください。ひとまずは、アイシングと安静。これが大切です。

 

 

寝違えを起こしてから2日目以降はどうしたらいいの?

 

大抵寝違え当日は、何もしなくても痛みを感じますが、数日すれば痛みも治まってきます。動かすと痛いという段階ですね。

 

その段階になったら、冷湿布か鎮痛成分のはいってる湿布を張ると効果的です。

冷やし続けて患部の炎症を治すか、鎮痛剤で痛みだけスパっとなくし自然治癒に任せるかの選択ですね。

 

鎮痛成分の入ってる湿布ってどこで手に入るの?

ドラッグストアの湿布コーナーの棚にあります。一見、「温湿布」「冷湿布」と見分けは付きにくいですが効能が違いますので、買う時には注意してください。

 

商品のパッケージに鎮痛・消炎パップ剤/経皮鎮痛消炎テープ剤といった表記がされてます。

 

  • 鎮痛・消炎パップ剤・・・・一般的な湿布のイメージそのもの。平面じゃないとペロンとはがれます。サージカルテープで補強を。

 

  • 経皮鎮痛消炎テープ剤・・・・テープなので、はがれにくい。首から肩にかけての曲がってる部分を張るのならこちらがオススメ

 

 

有名な製品としては

 

  • 【久光製薬 フェイタス】

 

7枚入りで880円税別

HP:久光製薬の価格を参照(2017年8月現在)

 

 

 

 

 

 

小さいお子さんや妊娠している女性は使えないなどの制限のある商品も多く、使用するときには注意が必要です。使用上の注意は、商品によって違いますので、ドラッグストアや薬局の薬剤師さんか登録販売者さんに確認してくださいね。

 

親切に教えてくれますよ。

 

寝違えを起こしてから1週間程度たったら?

 

大抵は、一週間程度で痛みが治まり、ちょっとした違和感程度にまで回復します。

2週間たっても痛みが引かないなら、病院での診察を考えてみてください。首や肩に、気が付かないだけで、寝違え以外のダメージがあるかもしれません。

 

専門は整形外科になります。

 

 

スポンサーリンク




私の寝違え予防を教えます

 

 

真美は、寝違え常習犯でした。ちょっとしたことで、すぐ寝違えてました。今思うと、運動不足が原因だったと思います。

 

これは、あくあまで素人の見解ですが、ラジオ体操を毎日するようになって寝違えが減ったきがします。

私は、継続して一年以上ラジオ体操を続けていますが⇒ラジオ体操の効果は?1年半続けた嬉しい結果がでました。

 

ラジオ体操を続ける前は、すごい頻度で寝違えてました。枕があわなったのかな~と思ったりもしますが、寝違えるのは必ずといって身体全体がこわばっている時だったからです。きっと、身体のこわばりで、おかしな寝方になっていたのではないか、推察します。

 

整体やマッサージは必ず月に一回いっていましたが、不思議と整体やマッサージにいった時は、寝違えが少なかったと記憶しています。

 

こういった経験から、寝違え=運動不足といった、(あくまで私だけの)方程式があって、地道に会社の昼休みの休憩にはラジオ体操を。

夜寝るまえには、ストレッチを頑張ってます。⇒寝る前のストレッチ。睡眠の質が上がるオススメ動画3選。

 

もし寝違えが多くて困ってる方がいらっしゃったら参考になさってくださいね。

 

まとめ

 

寝違えも、きちんと対処すれば比較的早めに痛みは和らぎます。
湿布をはると良くなると思って、家にある温湿布をはっていても、よくなりませんし、患部のマッサージも逆効果です。

 

寝違えた時には「冷やす」。
これを覚えておいてくださいね。