この記事は約 4 分で読めます

室内物干し折りたたみおすすめ3選 コンパクトなキャスター付き!

室内干しの折りたたみ物干しを探している方に情報をまとめました。キャスター付きのコンパクトなタイプです。

 

人気のおすすめ商品を紹介しながら特徴を解説していきますので、商品選びの参考になさってくださいね。

スポンサーリンク

 

室内物干しで折りたたみ商品の選び方のポイント

雨の日だけではなく、花粉や黄砂などを気にする方が増え、部屋干しのニーズが高くなっています。その影響か、様々な形の室内物干しが販売されるようになりました。

 

室内の物干しを選ぶときのポイントは以下の2点です。

  • 洗濯物の容量にあった物干しを選ぶ
  • 室内干しをする部屋にあった物干しを選ぶ

室内物干しを利用するシチュエーションを考えましょう。年中部屋干しなら、物干しは「家族分」の人数分干せる大容量タイプがおすすめです。

 

また、「部屋干しするお部屋が狭い」「ワンルーム」といったスペース的に限界がある場合は、あえてコンパクトなタイプを2つ活用する方法も便利です。

 

 

一方で、便利そうな多機能タイプや、大容量タイプの物干しを購入しても「形が複雑で自分で組み立てにくい」「便利そうだとおもったけどすぐ壊れる、使いにくい」といった不満もよく聞きます。日々、利用をしますので「耐久性」があり、自分が使いやすい機能をしぼった室内干しを選びましょう。

 

室内物干し折りたたみおすすめ3選 コンパクトでキャスター付き

今回紹介する「折りたためるキャスターつきの室内物干し」の特徴は

  • 移動ができる
  • 収納がしやすい

 

折りたたみタイプは、使わない時に収納できるので、スペースを有効につかえます。部屋を広く使いたいワンルームや部屋干し専用の部屋がない場合は便利ですね。

 

またキャスターがついていると、移動をするときに重宝します。ちょっと物干しをずらす時に、小さな力でも移動できますよ。例えば、掃除をするときや、洗濯物を干してしまってから、「あ、ちょっと場所をずらしたいな~」というときにも安心です。

 

室内物干し選びの参考になさってくださいね。

室内干し折りたたみおすすめ アイリスオーヤマKTM-2018

 

▼▼

 

アイリスオーヤマのKTM-2018は人気商品。大容量を干すせる多機能物干しですよ。

 

特徴としては、

  • ・サイドにタオルをハンガーがついている
  • ・段違いの3段の物干し

サイドのタオルハンガーは、タオルを干す使い方だけではなく、ニットなど収縮性のある素材を上に広げて乾かせます。一番奥の物干しには、ロング丈(ズボンなど)も干せますよ。

 

一方で、「全体に洗濯物のバランスがとれないのでグラグラする」といった意見もありました。また、6畳のお部屋だと「すごい湿気になる」のと「圧迫感もあり使いづらい」という意見も。

 

あるていどの広さが確保でき、洗濯物が多めのファミリー向けの室内物干しです。組み立ては、キャスター4つを足に付属のスパナでつけるだけなので簡単ですよ。

 

室内干し折りたたみおすすめ 簡単ハンガーラック

 

▼▼

 

コンパクトタイプに折りたためるタイプの室内干しです。ちょっとした家具の隙間に収納できますよ。

 

特徴としては、

  • ・内部にタオルハンガーがついている
  • ・ぐらつきがすくない設計

内部にタオルハンガーがついているので、設計上ぐらつきが起きにくく、少ない洗濯物でも物干しの転倒を気にせず干せます。真ん中の棚は、枕をおいたり・ニットを広げたりできますね。

 

一方で、コンパクトにまとまっている分、風の通り道を確保しにくいです。扇風機で風を洗濯物にあてても、奥の洗濯物に風がいきにくいからです。洗濯物が多くなってくると気になりますね!

 

普通のハンガーラックとしても使えますので、ワンルームなどでスペースを有効に活用したい方や、容量少な目の洗濯物を干すときに活躍します。組み立てはキャスターをはめ込むだけなので工具は一切不要です。

 

色味がおしゃれなので、いかにも物干し!という印象がしないのが嬉しい商品ですよ。

室内干し折りたたみおすすめ フォールディングハンガーDX

 

▼▼

 

さらにコンパクトなタイプの室内物干しです。

 

特徴としては、

  • ・耐荷重が25㎏
  • ・持ち運びが楽な形状

商品写真をみていただくとわかるように、洗濯物の干せる容量は少な目です。ですが、25㎏まで干せるので、布団が干せますよ。

 

また、腰までの高さに小さくでき持ち運びが楽です。冬場、エアコンの下にサッと移動させて風あてることもできます!キャスター2つはロックできます。

 

コスパを考えても、かなり優秀な商品なので、セカンド室内物干しとして活躍してるケースが多いです。

 

また、工具は不要で、女性一人でも説明書をみながら20分くらいで組み立てができます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。私自身、キャスター付き折りたたみの室内干しをつかっています。ほぼ、広げっぱなしでつかっていますが、いざという時に畳めるので重宝しています。

 

個人的には使い勝手を考えると、中くらいのサイズと小さいサイズの室内干しが2つあると便利かな、と感じます。6畳程度の部屋なら、窓際に移動させたりエアコンの下に移動させたり工夫ができますよ。

 

 

部屋干しを早く乾かしたい方はこちらの記事をどうぞ!