この記事は約 4 分で読めます

スラックスの洗濯!洗剤やシワにならない干し方を詳しく紹介

スラックスの洗濯についての情報です。スーツのズボンの洗濯に利用する洗剤や、シワにならない干し方を紹介しています。

 

 

家庭でスラックスを洗濯してみようと考えている方は、やり方を参考になさってくださいね。

スポンサーリンク

スラックスの洗濯の注意点

スラックスを家庭で洗濯する時の注意点です。

  • 上下のスーツはクリーニングに出す
  • ある程度の劣化は仕方ないと考える

よほどのことがない限り、上下のスーツの場合はクリーニングに出すことをおすすめします。スーツのズボンだけ自宅で水洗いをすると色褪せてしまいます。いざ上下で着用するときにチグハグで恰好悪いですよ~。

 

ウォッシャブル可のスラックスとはいえ、自宅で水洗いをする場合は、ある程度劣化はしかないと考えてくださいね。

 

たいていは夏用で洗濯可能なスラックスは「混紡」の生地です。混紡とは、素材の違う生地を混ぜ合わせたものです。

 

例)ポリエステル〇%、ウール〇%

 

一般的に、ウールの比率が高いとドライクリーニング向きで、ポリエステルがはいってるスラックスは丈夫なので水洗いできます。

 

このウールの部分が水洗いすると、風合いが劣化しやすいのだと覚えておいてください。

 

風合いを損ないたくないから、といってクリーニングにだしても汗や皮脂の汚れは落ちにくいです。クリーニングにオプションをつけないと汚れは落ちません。ワキガも同様です。くわしく別の記事にかきました。

 

スーツわきがをクリーニングで徹底的に落とす!出し方や料金を紹介

 

 

スポンサーリンク

 

スラックスの洗濯に使う洗剤

スラックスを家庭で洗濯するときに使う洗剤は

  • 液体中性洗剤

を使ってくださいね。ポイントは「液体」と「中性」です。

 

洗剤にはいろいろと種類があります。ざっくり分けるとこの二つ。

  • ・弱アルカリ性
  • ・中性

弱アルカリ性の方が洗浄力が高く、ウールの洗濯に使うと色落ちや縮みを起こしやすいです。かならず中性洗剤をつかってくださいね。

 

 

また、洗剤は液体のものをつかってください。商品イメージとしては

  • ・弱アルカリ性⇒粉
  • ・中性⇒液体

なのですが、まれに弱アルカリ性の液体洗剤や、中性洗剤でも粉ものがあります。花王「アタック」P&Gの「アリエール」などは、液体でも弱アルカリ性なのでご注意を!

 

 

粉の中性洗剤もNGではありませんが、粉が水にとけきらない可能性があるので、液体洗剤を使いましょう。

 

スラックスの洗濯に使う洗剤のおすすめ

スラックスの洗濯に使う洗剤で手堅いのは、「エマール」です。風合いを損なわないような洗剤の配合になっています。

 

スラックスの洗濯に使う洗剤の画像

スラックスの洗濯に使う洗剤の画像です

 

エマールがおすすめなのは

  • ・ウールマークがついている
  • ・用途「毛・絹・綿・麻・合成繊維用」OK
  • ・液体中性洗剤
  • ・蛍光増白剤がはいっていない

 

私は、「エマール」と「ハイジア」(おしゃれ着洗いでない液体洗剤)でスラックスを両方ためしましたが、さほど違いはありませんでした。

 

ハイジアの注意書きを確認すると、「ウールマーク」がついておらず、用途の部分に「毛(ウール)」がはいっていません。1度、2度くらいの洗濯では、仕上がりや生地に差はなくても、長くつかっているとエマールとハイジアでは生地の風合い・着心地などの差が出てくるのではないかと予想しています。

 

長く使うのなら、できるだけ用途にあった洗剤をつかいましょう!

 

スポンサーリンク

 

 

スラックスの洗濯の干し方

スラックスを家庭で洗濯するときの干し方は

  • 着用している状態と似た状態で干す
  • シワにならないように干す

ことをお勧めします。

 

 

まずは、利用をするハンガーです。通常のハンガーで乾かすと、

・型崩れする

  • ・センタープレスのラインがなくなる

など、後々のメンテになります。スラックスを挟み込むようなタイプのハンガーだと型崩れしにくいですよ。

 

 

AとBの写真を見比べてください。

スラックスを洗濯したときの干し方の画像

スラックスを洗濯したときの干し方の画像です

 

矢印の方向に水滴が流れます。

  • ・A写真・・全体に水滴が下にいき最終的に裾口に流れる
  • ・Bの写真・・水滴は二方向にいき、ウエストと裾口に流れる

Aだと、ウェスト部分に影響がなく、シワになりにくいのに比べ、Bの方はハンガーにひっかけている横の部分がシワになりやすく、かつ水滴がウエストにたまるので劣化する可能性があります。

靴下のゴムの理屈と同じです。ゴムの部分を下に干すと、「ゴム」に水滴がたまり、ダルダルになります。1度2度では影響ありませんが、同じ干し方で何度も繰り返すと差は一目瞭然です。

 

特に、シワになるのを防ぐために脱水時間を短く設定したときには要注意です。水滴の重さ分だけ生地に負担がりますよ。

 

 

Aの写真のようなウエスト部分を挟み込むハンガーがあれば、センタープレスを保ちつつ、着用時と似た状態で干せるので劣化が少なくて済みます。

 

また、干すときには両手で生地をはさみ、パンパンとたたいてください。生地を叩くと伸ばすとシワが伸びますよ。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?自宅で洗濯ができるなら夏は洗濯の回数を増やしたほうが快適に着用できます。洗えるマークのあるスラックスなら、一度お試しくださいませ。

 

汗を定期的に取ることは、股の黄ばみ防止にもなりますよ。

 

スーツに関連する記事はこちらからどうぞ。