この記事は約 4 分で読めます

富岡製糸場の所要時間 見学時間や観光時間の目安は?周辺には何がある?

富岡製糸場の所要時間についての情報です。見学ガイドに参加した場合や、建物全体をみて回ったときの見学時間などの目安を紹介しています。

 

 

実際に富岡製糸場と周辺を観光した観光時間を詳しくかきましたので、見学を予定してる方は参考になさってくださいね!(2018年4月情報)

 

スポンサーリンク

 

 

富岡製糸場の所要時間

2018年のゴールデンウィークに富岡製糸場の見学にいきました。実際に富岡製糸場に入場してから後にするまで約2時間半でした。

 

夫と二人で富岡製糸場の見学したときの状況は以下の通りです。

  • 開場と同時に入場
  • 大人二人の見学
  • ガイドツアーには参加せず
  • 駐車場は富岡製糸場に一番近い駐車場に停める
  • 富岡製糸場の工場全体を見学する
  • 随所に設置してある解説DVDは最初から最期までみる

世界遺産に登録されてから見学者が増えたと噂をききましたので、当日は朝一番で来場しました。

 

実際、8時45分くらいに富岡製糸場につきましたが、すでにチケット売り場には20人~30人ほどの行列ができていました。チケットを購入するのに15分程ならびチケットを購入。

 

チケット売り場の主変に、「おすすめ!見学ポイント」という手書きのチラシがおいてありました。どの建物でどんな解説がされているのかが詳しくかいてあります。このチラシどうりに進むことに決め、音声ガイドやガイドツアーには参加はやめました。

 

また、大人二人での見学なのでスムーズです。舗装がされてるとはいえ、もともとは工場です。見学内容もやや難しいので子供と一緒だと「どうして?」「なぜ?」の質問に丁寧に答えつつ、見学をしていると時間がかかるかもしれません。

 

 

現在、「西置繭所」という建物が保温修理の工事がされています。別料金を払えば工場の修復現場の見学も可能です。階段をつかって3階から見学をします。

 

 

いろいろな要素はありますが「3階まで階段で自力で登っても大丈夫!」という大人が、自分で解説やガイドを読み全体を見て回るとおおよそ2時間くらいと考えてください。

 

 

スポンサーリンク

富岡製糸場の見学時間の目安

富岡市観光ホームページ「しるくる富岡」に掲載されている見学時間の目安は

  • Q:おおよその見学時間の目安はどの程度ですか?

 

  • A:1時間~1時間30分程度です。

私は「富岡製糸場」に興味があって出向いたので、全部の建物や展示物をがっつりみましたし、夫はカメラで建物を移していましたので、2時間程度かかりました。

 

 

ガイドツアーなしで見学する場合は、映像コーナーで解説を聞いておくと理解が深まりますよ。映像の解説コーナーの設置場所と所要時間は以下の通りです。

  • ・東置繭所・・ガイダンス展示内の映像コーナー(DVD 20分)
  • ・繰糸所内部・・・自動繰糸場の映像(DVD 3分)

 

 

でも、サッと一通り見学するのであれば1時間程度で回れると思います。実際、ガイドツアーが組まれていますが、ガイドさんの解説を聞きながら工場の全体をまわる所要時間は40分とされています。ガイドさんのツアーで、ぐるっと工場を回り、お土産コーナーで楽しむとしたら、見学時間は1時間程度かな、と思います(^^

 

 

実演をみていると、時間がプラス加算されていくとかんがえてください。

・糸繰器の実演(フランス式の糸繰器の復元機の実演)

  • 毎週月~金(祝日の除く)
  • 午前10時~11時30分/午後2時~3時30分

・座繰器の実演(手回し式の繰糸器の座繰り器の実演)

  • 毎週 土・日・祝日
  • 午前9時30分~12時/午後1時~3時

 

富岡製糸場周辺の観光時間

富岡製糸場の周辺の観光は、メインは「群馬・富岡市の名産特産」と「富岡グルメ」ですね。市内を散策するといっても「飛騨高山」のようにお土産店が立ち並ぶような雰囲気ではありません。市街と見渡してみると、道路が拡張されていたり建物が立て直しがされているので、これから商業地化されてくのかな、という印象です。

 

 

折角藤、富岡にきたのなら、

  • 群馬の名産のおっきりこみ
  • 当時の工女が食べたといわれているカレー

は押さえておきたいところですね。私は「おきりこみ」をランチに食べました!

 

⇒富岡市観光ホームページ 食事処・カフェ一覧

 

 

あとは、電気自動車の「まちなか周遊バス」を観光には便利です。富岡東駐車場を始発にして、富岡製糸場を経由しながら、市内を40分でぐるっと回ります。

車できた人は、富岡東駐車場に駐車し「まちなか周遊バス」で市内観光をしながら、富岡製糸場にいくと楽しめますよ。富岡東駐車場の詳しくはこちらからどうぞ。

 

 

まちなか周遊バスの基本情報

  • ・9時00分から16時00分まで
  • ・1便:富岡駅東駐車場 9時00分発車 以降約40分ごとに1便(1日10便を予定)
  • ・ガイド料100円

ガイドさんが解説するバスが、まちなかを走ります。ガイド料として100円支払うとガイ「1日フリーガイド券」がもらえ、一日なんども乗車できます。

 

★関連記事

⇒『富岡製糸場の見どころ!レトロな建築や映画やドラマとの関連は?

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

我が家は、富岡製糸場は、じっくり見学したのですが、時間がなくて周辺観光ができずちょっと後悔しています。まちなか周遊バスの存在はしっていましたが、40分で市内が回れ、さらにガイドがついているとは知りませんでした。

 

まちなか周遊バスを使えば、乗車したまま40分で市内観光ができるので時間が気になる方にもおすすめです。

 

富岡製糸場に関する記事が一覧できるのはこちら。

⇒『富岡製糸場に関する記事のまとめ』