この記事は約 6 分で読めます

豊田おいでんまつりに車で行く!駐車場や渋滞回避ルートの選び方

豊田おいでん祭りを車で行く方への情報です。おいでんまつりは花火大会が目玉。例年30万人以上の人が集まります。

 

そのため、会場周辺の主要道路は渋滞は必須です。そこで今回は、少しでも混雑を回避する交通の情報を集めました。

 

駐車場の場所や、渋滞を回避するルートなども掲載していますので、車で行こうと考えている方は参考になさってくださいね。

 

スポンサーリンク

 

 

豊田おいでんまつりは車でいっても大丈夫?

豊田おいでん祭りは、30万人以上も集まる愛知県でも屈指の花火大会。そのため、車で会場に向かう以上は、「渋滞」や「混雑」は必須と考えて、ある程度は覚悟をしましょう。

 

毎年の傾向を調べてみましたが、妥協をすれば、ある程度の「混雑」や「渋滞」は回避できます。

 

具体的な妥協するポイントとしては

  • 時間を妥協する
  • 駐車場を妥協する
  • ルートを妥協する

花火大会は毎年「19:00~20:00」ですが、混雑をさけたい人は行きも帰りも時間をずらしています。

 

「行き」は花火大会の時間が近づくにつれ、周辺道路が渋滞するため、午前中には豊田市入りしている方が多いです。駐車場も確保したいですしね。

 

また帰宅は駐車場から出すのさえ一苦労する混雑ぶりです。そのため、花火大会の終了を待たずに帰宅をしている人も多いんですよ。花火大会のフィナーレを見ることがきないのは残念ですが、最後まで見ていると、家に到着するのは翌日になるのはザラという口コミ。翌日、仕事がある人は、割り切って早めに切り上げています。

 

また、逆に23時くらいまで、周辺で時間をつぶしてから帰るという方もいらっしゃいますよ。考えることは、みな同じなので、行き当たりばったりではなく、事前にどのお店に入るかなどのプランニングをしておくと当日まごつかずにすみますよ。

 

豊田おいでんまつりの駐車場情報

 

おいでん祭りの駐車場は

  • 有料駐車場
  • 無料駐車場

 

があります。無料駐車場は、会場周辺の地元中学校や小学校のグラウンドが解放されます。ただし、競争率が高いので、花火大会に近い小学校ほど、解放されるとすぐ満車になってしまいます。

 

まず、注意したいのが「交通規制」の時間です。豊田おいでん祭りの最寄り駅の「名鉄 豊田市駅」周辺の駐車場にとめてしまうと、通行止めの時間帯は車の出し入れができません。※例年花火の終了時間帯までは交通規制がかかります。

 

もし、交通規制がかかるエリアの駐車場にとめてしまったら、行きは便利ですが「渋滞を避けるために早めに帰宅する」ことができませんので、ご注意を。

 

 

帰宅する方向が「名古屋方面」なら、あえて、打ち上げ場所からみて、西側の少し離れた駐車場に止めるのがおすすめ。花火を早めに切り上げて、帰りの混雑を避けるスタートダッシュが切りやすいです。こちらのサイトで空き状況が一覧できます⇒「フリーパーキング」

 

収容できる車の数が多い場所は、その分だけ出庫も時間がかかります。例年、渋滞規制がかからず、比較的、駅に近い駐車場は以下の通りです。

 

 

名古屋方面(西側)に帰る人におすすめの有料駐車場です。花火終了の30分前には駐車場から車を出庫させようと皆さん早めに切り上げていますよ。

  • ・新豊田駅西
  • ・豊田駅西駐車場 小坂本町1
  • ・TEL:33-7227 52台 高2.3m 平面 24時間 30分150円
  • ・第2駐車場
  • ・小坂本町1-12-3
  • ・TEL:35-2181(TM若宮P) 109台 高2.0m 立体 7:00~23:00 30分150円
    (夜間泊400円)
  • ・豊田産業文化センター
  • ・駐車場 豊田市小坂本町1-25
  • ・TEL:33-1531 280台 高2.5m 平面 8:00~22:00 30分150円

 

帰宅する方向が「東方面」なら、「豊田スタジアム」がおすすめ。収容台数が多いので比較的安心です。例年開放される無料駐車場なら「高橋中学」「寺部小学校」です。その代わり花火の開催場所から遠くなります。

 

 

 

東側の駐車場から、徒歩での花火の打ち上げ場所「白浜公園」までの、所要時間は以下の通りです。参考になさってくださいね。

  • ・寺部小学校⇒白浜公園までは徒歩で約25分
  • ・高橋中学校⇒白浜公園までは徒歩で約30分
  • ・豊田スタジアム⇒白浜公園までは徒歩約11分

打ち上げ場所から遠くなれば、渋滞はさけられます。一方で、駐車場までの徒歩での移動時間がかかるので、悩みどころですね。

 

スポンサーリンク

 

豊田おいでんまつりの渋滞を避けるには?

帰宅ルートで混雑するのは「豊田市⇒名古屋方面」に向かう西側方向です。ものすごい渋滞するのは国道「153号線」です。土地勘があれば、この道をさけて名古屋方面に向かいましょう。

 

 

ですが、豊田市の土地勘といっても、地元でないと難しいので

  • 料金がかかっても、高速などをつかい混雑しない道を選ぶ
  • 打ち上げ場所から離れた駐車場を停める
  • 川よりも東側の駐車場に停める
  • 花火を見るスポットを一駅ずらす

などの工夫もありです。

 

 

高速道路は東名高速道路「豊田IC」が便利ですが、そもそも国道153号線を使わないとアクセスできませんので、反対方向の301号線 東海環状自動車道の「豊田松平IC」もしくは「豊田勘八IC」を目指すのもいいかもしれません。(※「豊田松平IC」の方がルートがわかりやすいですが、込み合う印象があります)

 

ちなみに、先ほど紹介した川の東の駐車場と「豊田勘八IC」までの渋滞なしでの所要時間は以下の通りです。

  • ・寺部小学校⇒豊田勘八ICまでは車で約15分
  • ・高橋中学校⇒豊田勘八ICまでは車で約15分
  • ・豊田スタジアム⇒豊田勘八ICまでは車約15分

 

 

 高速道路を使って帰るプラン1

東海環状自動車道を北上⇒猿投グリーンロードを使い、瀬戸や長久手方面を経由して、名古屋方面にでる。

猿投グリーンロードはスピードが出やすい道。夜だと照明が薄暗く、見通しがあまりよくなかった印象があります。猿投グリーンロードを走りなれている人なら大丈夫ですが、初めて走る方は夜は危ないです。

 

高速道路を使って帰るプラン2

東海環状自動車道を北上⇒岐阜県土岐市まで北上し、中央道経由で帰宅

県外にでるのでかなり大廻です。豊田松平IC⇒土岐ICはおおよそ渋滞なしで30分程度。距離は40キロ程度です。

 

高速道路を使って帰るプラン3

東海環状自動車道を南下⇒伊勢湾岸自動車道に乗り換えて、名古屋へ帰宅

東海環状自動車道は、トンネルも多く対面なので(一車線ずつしかない)、走るのが怖いという方も多いです。ですので、東海環状自動車道のICから高速にのって南下。伊勢湾岸自動車道に乗り換えるのもありだと思います。

 

伊勢湾岸自動車道の方が、車線数が多く名古屋へのアクセスもいいです。ただし、込み合うリスクもありますし、料金は若干高めですね。ジャンクションがわかりにくいのでご注意を。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。浴衣を着ていたり、小さい子供ずれだとどうしても車で移動したいですよね。

 

基本、車で移動する時には「渋滞」するものと考えて事前にルートをチェックしておきましょう。社内に少し食べるものを用意しておいたり、トイレを事前にすませておくなどしないと、厳しい帰宅の時間を過ごすことになりますよ。

 

 

おいでん花火の鑑賞スポットは決めましたか?

⇒『豊田おいでん祭りの花火スポット!穴場の場所や場所取りの時間について!