この記事は約 4 分で読めます

  • 投稿 2018/07/22
  • その他
フラッグガーランドを折り紙で簡単に作る!折り方や紐通しの方法

フラッグガーランドの折り紙の作り方を紹介しています。

 

はさみを使わず切らないので簡単です。折り方や紐の種類、紐通しまで写真付きで手順を公開していますので参考になさってくださいね。100均の折り紙で簡単に作れますよ。

スポンサーリンク

フラッグガーランドを折り紙で簡単に作るには?

重要なのは、折り紙の折り方と、紐通しだけ!あとは単純作業の繰り返しです。

 

ミシンをつかったり、切らないので簡単に子供でも作れます。誕生日会や結婚式など屋内のパーティーの飾りに最適ですよ~

 

見栄えよく作るには、以下の点に注意してください。

  • 折り紙の選び方
  • 留める紐の選び方

折り紙は100均で十分です。ただし、色や柄選びに注意してくださいね。色がチグハグだと、ちょーっとかっこ悪いです。

 

結婚式やホームパーティ、誕生日などは淡いパステル調の折り紙がおすすめ。無地の折り紙セット+柄(水玉やチェック柄)などを1セットずつあると、可愛い印象の折り紙フラッグガーランドに仕上がりますよ。

 

また、フラッグ(折った折り紙)を留める紐は

      • ・糸
      • ・タコ糸
      • ・テグス
      • ・麻ひも

など屋内ならなんでもOK!タコ糸や麻紐だとナチュラルな雰囲気になります。

 

もし、屋外で使うのなら丈夫なタコ糸のがいいですよ。個人的には、屋外なら耐久性のある布のフラッグガーランドを作るのをお勧めします。

 

フラッグガーランド 三角の折り方や紐通しの方法を紹介

今回は可愛い系のフラッグガーランドをサンプルにつくりました。折り方や紐通しまでの手順を公開します。

 

フラッグガーランドの作り方 用意するもの

 

 

100均の折り紙と、モビールで余ったテグスを使います。セロハンテープはカッター付きの方が便利ですよ。カッター付きでない方はハサミでテープを切ってくださいね。

 

 

フラッグガーランドの作り方 基本の手順

↓折り紙を2つにおります。

しっかり折らなくてもOK。上の写真を参考に「折り目」のあたりを、少し押さえてください。少し折り目をいれたら折り紙を開きます。

 

↓今度は、先ほど「折り目」をいれた部分を目安に、参考に下の状態に折ります。

 

 

↓上の部分を閉じます。これで1個完成です。

スポンサーリンク

 

フラッグガーランドの作り方 応用の手順

 

1つつフラッグをつくっていくと、ものすごい手間がかかります。重ねて一度に作ってしまいましょう!

 

↓今回は、3枚重ねております。ペンを1本用意してくださいね。

 

 

↓折り目を付けるときに、重ねているとビシっとおれません。

上の写真のように、蛍光ペンを滑らせて折り目を付けると綺麗な形になりますよ。

 

ペンを真ん中において、左右に滑らせるように折り目を付けます。端から端に一気に滑らせると、少しずつ「ズレ」がでてしまいます。

 

面倒なら手でもOK!折り目がズレなく、きっちりしていた方が綺麗なフラッグにしあがります。折り紙の枚数が多いほど、折り目が紙の厚みで綺麗に仕上がらないので、3枚~5枚づつで作っていくと早くきれいにフラッグがつくれます。

 

フラッグガーランドの作り方 紐通しの方法

紐通しの前に、フラッグの並べ順を考えておいてくださいね。私は、黄色⇒緑⇒茶色⇒ピンクの順番に決めました!

 

↓作ったフラッグの折り紙を、色別にまとめます。

 

黄色⇒緑⇒茶色⇒ピンクの塊の順番にします。

 

 

↓それを1枚ずつ下の状態にします。

 

①の山、②の山、③の山と順番に折り紙をおいていくと上の写真の状態になりますよ。あとは、①の山、②の山、③の山のフラッグの塊を重ねていけばOK!

 

「黄色⇒緑⇒茶色⇒ピンク」の繰り返しのフラッグが出来上がります。

 

↓紐通しです。今回はモビールのあまりのテグスを使ってます。フラッグを下の写真のように開けて、テグスを通し赤丸の部分にセロハンテープを貼ってください。

 

ここをセロハンテープでしっかり固定しておかないと、紐からフラッグが抜けてしまったり、ずれてしまったりして飾ったときにみっともないです。しっかり固定してくださいね。

 

 

↓フラッグの上の蓋の部分を閉じて、手紙の封をするようにセロハンテープで閉じます。

これで1個出来上がりです!

 

↓あとはコレの繰り返し!次のフラッグを紐に通します。

 

 

赤丸の部分をみてください。麻紐や、タコ糸だと、ここの感覚をわざと広くあけて紐を見せる作り方もありますよ。私は連続してフラッグの紐通しをしました。

 

↓出来上がりの画像です。

 

紐の両端は、私は15~20センチとりました。飾る場所を変えたかったからです。

両端の紐さえ長くしておけば多少融通が利きますよ。

 

フラッグガーランドは折り紙が簡単 まとめ

フラッグガーランドはアレンジが利くので、1度作り方を覚えてしまえば、折り紙の色をかえれば、

 

  • ・クリスマス
  • ・ハロウィン

 

↓例えば、色紙の色をかえて切り絵をはるとこんな感じに仕上がります。

 

⇒『ハロウィン切り絵の作り方!コウモリから魔女の簡単な切り方を公開』

 

 

すごく簡単なので、是非チャレンジしてみてくださいね。