この記事は約 6 分で読めます

部屋干しエアコン除湿と冷房どちらがベター?時間や電気代は?

部屋干しでエアコンを有効に使いたいと考えてる方への情報を集めました。

 

除湿と冷房の違いや、どちらが部屋干しには向いているかなど紹介しています。エアコンの利用時間や、電気代についても掲載していますので、部屋干しで気になるところがある方はチェックしてくださいね。

 

なかなか部屋干しが乾かないので試行錯誤した失敗談や成功事例も紹介しています。

スポンサーリンク

 

部屋干しエアコンは除湿か冷房どちら?

エアコンをつかって早く洗濯物を乾かしたいときに

  • 除湿
  • 冷房

かで迷いますよね。どちらも洗濯物は乾きますが、厳密には「機能」が違います。

 

各メーカーでいろいろな「除湿機能」がついたエアコンが発売されていますが、簡単にいうと違いはこんな感じです。

  • ・除湿の説明⇒湿度を下げることをメインにした機能
  • ・冷房の説明⇒温度を下げることをメインにした機能

二つの機能を、「部屋干し」という視点で比較するなら、除湿の方が向いています。空気中の湿度を集めて、部屋の外に排出する「除湿機能」の方が早く乾くからです。

 

冷房は、部屋の温度を下げた結果、ついでに(といったら言葉は悪いですが)湿度も取り除かれているだけですよ。

 

ただし、これは季節やお部屋の環境にもよりますね。夏の暑い季節に、リビングでエアコンをつけつつ涼みながら、同じ部屋で部屋干しをしたいのなら冷房です。

 

 

冷房 OR 除湿は、「エアコン」の利用をする環境によって使い分けしてくださいね。

 

エアコンの除湿機機能は、部屋の温度は上昇しないのもメリットです。除湿機単体で利用をすると部屋が暑くなることもあるんですよ!

 

除湿機で暑いって本当?デシカントやコンプレッサー式で違いは?対策は?

 

部屋干しのエアコンの除湿には種類がある?

エアコンの除湿には種類があります。

  • 再熱除湿・・・湿度を下げ空気を温める除湿
  • 弱冷房除湿・・・弱い冷房の機能をあわせ持つ除湿

エアコンが吸い込んだ「空気」の取り扱いに違いがあります。湿度をとった後の空気をどうするか、ですね。

 

自分の家のエアコンの除湿が、再熱除湿か、弱冷房除湿のどちらの種類かは一見するとわかりません。リモコン表示されていない機種がほとんどです。

 

我が家のエアコンの「除湿」が、どちらになるのか取扱説明書で確認しましたが、はっきりと明記されていませんでした。※我が家のエアコンは「シャープ(sharp)製 2011年製です」

 

リモコンを見る限り、除湿が関係する機能は「除湿」と「衣類乾燥」です。この項目を詳しくよむと説明書を読むと

  • ・「除湿」ボタンは弱冷房除湿
  • ・「衣類乾燥」は一定の時間再熱除湿をし、弱冷房除湿に切り替わる

のではないかと推測します。

 

部屋干しには、「再熱除湿」が効率がよいため一定時間は運転させて、その後あたたかくなった空気を冷やすために「弱冷房除湿」に自動で切り替えるという機能と予想されます。

 

ネットの情報では、「再熱除湿」が部屋干しには効率がよいとありますが、私は実際に「衣類乾燥」を使ってみましたが、使いにくかったです。

 

利用した時期が

  • ・梅雨で気温が上昇する季節に使う
  • ・夏場の雨続きに使う

だったので、部屋中が息苦しいほどの蒸し暑さになりました。

 

  • リビングではなく別の部屋で使う
  • ちょっと肌寒いくらいの気温

なら、再熱除湿の機能のベストパフォーマンスが引き出せると思います。除湿の使い分けの参考になさってください。

 

スポンサーリンク

 

部屋干しのエアコンの除湿の時間

エアコンの除湿機能をつかいつつ部屋干しをしてもなかなか乾かないケースがあります。

 

洗濯物が乾かない原因は、「エアコンの運転する除湿の時間」ではなくて

  • エアコンの性能
  • 部屋の環境
  • 洗濯物の量

が大きく影響しています。適切な環境では、エアコンの除湿機能を使えば数時間で洗濯物は乾きます。

 

一方で、エアコンの除湿機能をつかっても、こんな環境だと洗濯物は乾きにくいです。

  • ・部屋が広い
  • ・部屋干しの洗濯物が大量
  • ・エアコンのパワーが小さい
  • ・大きな水槽などがある部屋
  • ・人の出入りが頻繁

小さい部屋で除湿をした方が乾きやすいですよ。

 

 

我が家のエアコンの部屋干しの失敗談

我が家のエアコンのパワーだと4時間程度で理論上は乾くはずなのですが、

  • ・リビングで使用⇒料理をするので水をつかう
  • ・換気扇を回しっぱなし⇒外から水を含んだ空気がはいってくる
  • ・リビングなので人の出入りが激しい
  • ・10畳以上の部屋

という条件でつかっているので、実際4時間で乾いた試しがありません。

 

条件を変えて別の部屋でエアコンの除湿を試してみたところ

  • ・6畳の部屋で除湿を利用する
  • ・人の出入りを少なくし、締め切る

リビングで除湿機能をつかったときよりも乾きました。でも、カラっとは乾きませんでした。寝室を利用したのですが、ベッドや布団、押入れに含まれている水分が影響したようで、こちらも思ったように除湿の機能が発揮されなかったようです。しかも北側の部屋でしたしね。

 

 

以上の失敗の経験から、エアコンの除湿の機能をフルに活用させ数時間で洗濯物を乾かすのなら

  • 部屋自体、湿気のこもらない部屋で使う
  • 部屋干しする洗濯物の量をほどほどにする。
  • 洗濯物の間に隙間をあけ、風の通り道をつくる
  • 部屋を締め切る

だと、より乾きが早くなりました。思ったよりも時間がかかるな、と感じるときには参考になさってくださいね。

 

ちなみに我が家のエアコンは「外気気温 16度以上 室温約 18度以上 だと保護装置が働き運転できないケースがある」と取り扱い説明書に記載されています。つまり、気温が18度以上だと「冷房」「衣類乾燥」の選択肢しかないのです
取扱説明書に記載されている小さな注意書きもチェックしておくことも大切ですね。

 

扇風機を併用すると部屋の風とおしがグンとよくなりますよ!

 

⇒部屋干しは扇風機で臭いがなくなる?置く位置や換気扇の注意点

部屋干しでエアコンの除湿機能をつかったときの電気代

部屋干しのエアコンの除湿機能をつかったときの電気代は、

  • エアコンのパワー
  • エアコンの機能(除湿 OR 冷房)

にもよるので、一概には「いくら」とは言い切れません。

 

 

同一機種のエアコンの機能を電気代比較すると以下の順番が、電気代がかからない順です。

  1. 弱冷房除湿
  2. 冷房
  3. 再熱除湿

参考:エネチェンジより:エアコンは冷房よりも除湿のほうが電気代が高くなるって本当!?

 

先ほどもお伝えしましたが、エアコンの除湿は、条件によって機能がつかえたり、使いにくかったりしますよね。一概に電気代ばかり考えると「衣類が乾かない」という状況になってしまうので、電気代は目安として考えて、効率よくエアコンを活用しましょう!

 

コインランドリーに持ち込むよりは安いからといって、また、なかなか乾きにくい利用環境にもかかわらずずっと除湿だけのためにエアコンをかけ続けるのは電気代が無駄です。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

エアコンの除湿を使うと、早く洗濯物が乾くとネットの情報にはあるのに、どうして乾かないのかな~といろいろと試行錯誤しました。ちゃんと取り扱い説明書を読むとエアコンの機能の利用条件や、限界が記載されていました(笑)

 

もしお手元に取り扱い説明書があるのなら、一度目を通すことをお勧めします。

 

室内の利用環境や、気温に応じて上手に機能を使い分けていくことが、部屋干しを上手こなし、電気代を安く押さえるコツですよ!

 

部屋干し・除湿器に関する記事はこちらにもありますので、是非どうぞ!