この記事は約 4 分で読めます

エアコンの除湿 洗濯物を干すなら温度は何度?早く乾かすには?

エアコンをうまく使うと室内干しの洗濯物が早く乾くと聞きますよね。特に除湿やドライがついているならなおさら活用したいところ。

 

でも、実際につかってみて「エアコンの除湿ってなかなか洗濯物乾かない」という不満もちらほら聞きます。

 

実は、エアコンの除湿をうまく使いこなすには「温度」が重要なんですよー。

 

そこで今回は、エアコンの除湿の機能や最適な温度について解説したいと思います。

 

除湿が機能しないなーと感じている方は是非チェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

エアコンの除湿 洗濯物を乾かす時の温度は何度?

機種やグレード、メーカーによって違いがありますが、今のエアコンの標準的な機能で主な物はこちら。

  • ・冷房
  • ・暖房
  • ・除湿(ドライ)
  • ・衣類乾燥

で、このうち「除湿(ドライ)」は、設定温度が調節できるものと、できない物がありますよ。

 

設定温度がない場合は、たんに部屋の湿度をとるだけ。設定温度がある場合は、室内温度を保ちつつ除湿をします。このあたりはメーカーやグレードによって違いますので、どちらなのかを、リモコンなどでチェックしてみてくださいね。

 

エアコン除湿で温度設定がない場合

我が家のエアコンは「温度設定」がないので、部屋の湿度を「除湿する」だけのシンプルなタイプです。

 

このタイプは、家の外の温度によって使い分けないと「効き目」がでないんですよ(´;ω;`)

 

我が家のエアコンの「除湿」は、「外気温度が16以上 室内が18度以上」だと、機能が発揮できると取り扱い説明書に明記されていました。

 

上の条件以外だと、リモコンをおしても保護機能が働いてしまい、うまく働かないそうです。知りませんでした(^_^;

 

我が家は真冬は除湿は使えない(機能しない)エアコンということになりますね。冬場は、暖房をつかった方が早く乾くエアコンです。※我が家のエアコンは「シャープ(sharp)製 2011年製」です

 

各社メーカーやグレードによって、設定の温度が違いますので、詳しくは取り扱い説明書をチェックしてみてくださいね。

 

もしない場合は、上の条件を目安になさってください(^^)/

 

 

 
スポンサーリンク
 

エアコンの除湿 洗濯物を早く乾く機能は?

もしエアコンの「衣類乾燥」がついているなら、活用すれば除湿機能よりも早く乾くかもです。衣類乾燥は「除湿(ドライ)」の進化形だと考えてください。

 

もちろん、「衣類乾燥」機能も「除湿」と同じように「温度」に注意がいりますよー。

 

ちなみに、我が家のエアコンの衣類乾燥は

  • ・「室内温度27度まで AND 室外温度24度まで」だと暖房が働く
  • ・「室内温度27度以上 AND 室外温度27以上」だと除湿が働く

です。暖房の場合は4時間後に送風運転に切り替わる機能がついていました。

 

暖房の方が早く乾くか、除湿の方が早く乾くか、という判断を「衣類乾燥機能」が自動でしてくれるみたいですよ(^_^;

 

衣類乾燥の温度も各社メーカーやグレードによって、設定の温度が違います。詳しくは取り扱い説明書をチェックしてみてくださいね!

 

 

実際に衣類乾燥機能をつかってみた感想

実際に「衣類乾燥」を使ってみましたが、使いにくかったです。

 

利用した時期が

  • ・梅雨で気温が上昇する季節に使う
  • ・夏場の雨続きに使う

だったので、部屋中が息苦しいほどの蒸し暑さになりました。

 

  • リビングではなく別の部屋で使う
  • ちょっと肌寒いくらいの気温

 

なら、ベストパフォーマンスが引き出せると思います。冬なら暖房を付けてしまえばいいので、秋や春なら活用できるかと。

 

梅雨のような微妙な時期は、衣類乾燥よりも、最初から「除湿」の方が気持ちよく使えると思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

実は「除湿」や「衣類乾燥」はあまり使いませんでした。効果を実感しなかったからです。

 

もったいないなーと思って、よーく取り扱い説明書をみたら、「運転条件」という項目があって!条件を満たしていないと、機能がうまく働かないと初めてしりました(^_^;

 

もし、「エアコンの除湿機能がうまく使えない」「なかなか乾かない」など不満があるなら、条件を満たしてないかもです。

 

せっかくある機能なので、条件に気温の季節は是非活用してみてくださいね!

 

こちらのの記事ではエアコンの除湿以外に早く乾かす工夫を紹介しています。干し方や扇風機の活用など。興味のある方はこちらからどうぞ(^^♪

 

⇒『洗濯物を部屋干しで早く乾かす方法 干し方のコツや工夫など』