この記事は約 5 分で読めます

会社の懇親会がホテルの場合 服装はどうする?マナー的にどこまでOK?

今の時期から年末へ向かう頃に増える、会社でのお付き合い。いつもの部署・いつものメンバーのカジュアルな集まりなら良いけれど、会場がホテルだとちょっと服装に気をつかっちゃいますよね。

 

ましてや、なじみのない格式あるホテルを指定されたらなおさらです。

 

そこで今回は、会社の懇親会の服装について、どんな装いで参加すればいいのか、目安になるラインを紹介します。マナー的に不安のある方は是非チェックしてみて下さいね。

 

スポンサーリンク

会社の懇親会がホテルの場合 服装

会社の懇親会の服装についてまず、目的や集まるメンバーなど、どういった集まりであるか確認してください。

 

目上の人や取引先の人が参加される場合は、懇親会という名の「接待」であることが多いですよ。また昼よりも夜の方がより、ドレッシーで格の高い装いが一般的です。セレブのパーティもそうですよ(笑)

 

今回は一般的な懇親会では

・ワンピース
・ブラウス+スカート
・カットソー+パンツ

であればOKです。これらにジャケットを着用を合わせると、かなりフォーマル度がアップします。

 

自分での仕事での位置づけ、ポジションや、また会場の格によってはジャケットは着用するかどうか判断ください。逆にいえば、ジャケットを着ればワンラックアップ?を狙えますよ。

 

「ジャケット着用なら、スーツでもいいのでは?」と思いますよね。

 

確かに、スーツでもいいかもしれません。ただリクルートスーツのような、いかにもビジネススーツをきていくと、ホテルで接客してくださる方が同じような服を着用しているはずです。

ゲストであることが分かる服装の方が望ましいので、色や形などで工夫されると、「ん?従業員?」と行ったこともないかと思います。

 

靴・バッグ・アクセサリーはどうしたらいい?

服装以外の小物ですが、

・パンプス
・クラッチバッグ/ハンドバッグ
・主張しすぎないネックレスやイヤリング(ピアス)

がおすすめです。

 

靴については、色が黒であれば光沢があるものだとかなり華やかになります。マットなものだと、お祝いの席や華やかな場というよりも、ちょっと固い印象になります。

 

色は服に合わせて品の良いものすると全体が上品にみえますよ。

 

またヒールは、5センチ前後がおすすめです。高すぎるのも立食関係であれば大変ですので、ファッション性重視で靴選びをして後悔をしないようにご注意下さいね。

 

バッグは小ぶりなものがおすすめ。

 

結婚式の招待されたときに使っているバッグがあまり派手でなければそれでも良いかと思います。派手派手しい物しかなかったり、いかにもパーティー然としていて恥ずかしいなら、ブランドの小ぶりなバックがあればそちらでも見劣りしません。

 

おおきさ的に、荷物がはいるかどうか不安なら、もう一つサブバックがあると便利です。ホテルであればクロークに預けられますよ。

 

ただし、大きなバッグをクロークに預ける場合にも、カジュアルなバッグは避けること。ブランドといえど、紙袋だと場違いだったりすることもありますので、ご注意を!

 

あとは、アクセサリー。ちょっと服装的に「地味かなー」と心配な時には、アクセサリーは一つでも身に着けると華やぎますよ。

 

ただ大きすぎるものはNG。ワンポイントであなたを引き立たせるアクセサリーを選んでくださいね^^

 

会社の懇親会のマナーについて 服装の場合

マナー的に服装で注意したいのは

・スカート丈

・素材

 

ですね。

 

ワンピースやスカートの丈なら、膝丈から膝小僧が隠れるくらいの膝下が良いでしょう。
マキシ丈のワンピースはカジュアル過ぎますし、ミニ丈は動きにくくパーティには不向きです。

 

ブラウスやカットソーも、透け感には注意!いやらしい印象にならないように。

 

パンツに関しては、アンクル丈やスタンダード丈をお勧めします。股上も普通から深く、ストレートか細目のパンツだと、カジュアル路線の商品でも、よりフォーマルに近い装いに見えますよ。

 

ワイドパンツはオフィスでは良いと思いますが、懇親会では少しカジュアルにみえることを覚えておいてください。

 

色のおすすめは
・ベージュ
・ネイビー
・ブラック

 

オフィスでよく見られるカラーですね。品よく見えますし、不快感を与えません。華やかな席では、ブラックは好ましくないという意見がありますが、お葬式にみえないよう明るめのジャケット、もしくは素材を選を選ぶのがコツです。

 

あとは、素材的に

・デニム

・木綿(コットン)

は、シワになりやすく労働・普段着という印象が強いです。できれば避けた方が無難です。ブラウス・シャツであれば、しっかりアイロンをかけてシワをのばしてくださいね。

 

靴は、

・オープントゥ
・ミュールやサンダル
・クロックスやスニーカー

 

オープントゥはヒールもあるし、綺麗では?と思われる方も多いと思います。こちらは素足で履くことが前提の靴ですので、フォーマルな場には合わないと感じます。個人的には、好きなんですけどねー(笑)

 

あと忘れてはいけないのがストッキング!

 

公式な場にはストッキングを着用してください。冬場は寒くてタイツを履きたいところですけれど、もしオフィシャルや格が強く前面にでてる場合はストッキングがいいですよ。勿論素足はNG!

 

バッグについては必要最低限も物が入るものを用意しましょう。

 

 

★どうしても手持ちに服がない!という時はこちらをどうぞ。乗り切り方や、無難な着回しなど紹介しています。

⇒『会社の飲み会の服装で女性が注意すべき点 私服でもマナーは大切!』

 

まとめ

いかがでしたか?

会社の懇親会であれば、先輩が出席したことがあるかもしれません。その先輩方からの情報も仕入れつつ、マナーを守って楽しい懇親会にしましょう。

 

もしどうしても手持ちの服でふさわしい装いがない場合は、先ほど紹介した、色や形・素材がごくごく無難な、ツインニットやカジュアル過ぎないセットアップでも代用できますよ。

 

プラス、靴・鞄・アクセサリーなどを合わせれば、かなり無難なラインの装いになりますので。参考になれば幸いです。

 

居酒屋の場合はまた別のポイントがありますので。念のためにこちらもチェック!

会社の懇親会の服装 居酒屋の場合は?私服なら何を着る?