この記事は約 4 分で読めます

厄払いの年齢は?男と女だと厄年に違いがあるの?

厄年は男性と女性では年齢が違います。さらに、厄年って「数え」で年齢を考えるので、ちょっとわかりにくい。※数え=正月に皆一斉に年を取るという年齢の数え方

 

 

今回は、「自分が厄年かどうか、わからないよ~」という方のために、厄年を迎える方の生まれ年・年齢などをまとめてみました。お守りをかったり、お祓いをしたりする時の参考になさってくださいね。

スポンサーリンク

 

厄払いの年齢(男性の場合)2018年

 

厄年は本厄を中心に前後の1年を含めた3年間と言われてます。

 

男性は特に42歳が要注意大厄と呼ばれている一番注意しないといけない年です。2018年だと、1977年生まれの男性は摂生してくださいね!

 

前厄 本厄 後厄
  • 24歳
  • 1995年
  • 平成6年
  • 25歳
  • 1994年
  • 平成5年
  • 26歳
  • 1993年
  • 平成4年
  • 41歳
  • 1978年
  • 昭和53年
  • 42歳
  • 1977年
  • 昭和52年
  • 43歳
  • 1976年
  • 昭和51年
  • 60歳
  • 1959年
  • 昭和34年
61歳

  • 1958年
  • 昭和33年
  • 62歳
  • 1957年
  • 昭和32年

 

学校の「学年」で考えたり、誕生日を迎えて1歳年を取る「満年齢」ではないですよ。

 

厄払いの年齢(女性の場合)2018年

 

女性も同じく、本厄を中心に前後の1年を含めた3年間。男性と比較すると年齢は早いですね。しかも4回もきます。

 

女性は特に33歳が要注意大厄と呼ばれている一番注意しないといけない年です。2018年だと、1986年生まれの女性は無理をしないでくださいね。

 

 

前厄 本厄 後厄
  • 18歳
  • 2001年
  • 平成13年
  • 19歳
  • 2000年
  • 平成12年
  • 20歳
  • 1999年
  • 平成11年
  • 32歳
  • 1987年
  • 昭和62年
33歳

  • 1986年
  • 昭和61年
  • 34歳
  • 1985年
  • 昭和60年
  • 36歳
  • 1983年
  • 昭和58年
  • 37歳
  • 1982年
  • 昭和57年
  • 38歳
  • 1981年
  • 昭和56年
  • 60歳
  • 1959年
  • 昭和34年
  • 61歳
  • 1958年
  • 昭和33年
  • 62歳
  • 1957年
  • 昭和32年

 

 

スポンサーリンク

 

厄年だと良くないことが起きる?どうやって過ごしたらいい?

 

厄年の近辺の年齢には「良くないことが起きる」と言われてます。正直スピチュアル?的な面は私はよくわかりません。

 

が、私は昔から伝わる「縁起」的なものは信じる方です。「私が理解できないから」、「現代で科学的に明らかになっていないから」といって根拠がないとは決めつけられないと考えるからです。

 

 

男性も女性も、厄年周辺の年齢で、体力の低下やホルモンの分泌量が減少するなど、身体に変化がおきます。そのため、厄年近辺では病気になりやすいといわれています。

 

また女性の厄年は、今回紹介した厄年以外にも色々な諸説があり、詳細は別記事にまとめてました。⇒女性の厄年は49歳も?40代でも厄払いは必要なの?

 

 

私の場合は30代にはいってから、夫の場合は40代にはいってから、急激に体力が落ちました。多少無理してても「若さ」ではねのけていたことが、全部ふりかかってくるはめに・・・。夜更かしなんてした日には、翌日がつらくてたまらないです。オールなんてとんでもない!

 

 

人は時間が流れ、身体は老いていきます。私は若い時、自分が少しずつ、年をとっていくと思っていました。でも、実際、自分が年をとってみると自分が急激に年をとったことを感じる瞬間があります。

 

「ああ、もう若くないんだな~(しみじみ)」それが厄年近辺でした。

 

 

身体の変化だけではありません。人は、身体変化によって物事の感じ方も変わります。思春期がよい例です。身体の変化にともない感じ方が多感になり、大人への第一歩を踏み出します。思春期を「大人への階段」と表現するのは、実に的をえていますね(笑)

 

 

「老い」も思春期と同様です。身体の変化に伴い、考え方や感じ方が変化します。思春期を多感という言葉で表すのなら、「老い」は「深み」が増す感じです。

 

 

女性だと大厄の年齢あたりに、昔は出産を終える方が多かったです。子どもの立場から、今度は親の立場になります。

 

男性だと、大厄の年齢ぐらいから、会社で出世して責任ある地位についたり、リーダーや役職についたり、社会から要求されるレベルがぐんとあがります。

 

 

今までと違う感じ方になるのと、つきあい・社会的な立場が変化していくので、人間関係のトラブル・鬱などおこっても不思議はありません。ごく自然な変化に伴う「ひずみ」みたいなものです。

 

 

ですので、私のごくごく個人的なアドバイスとして厄年の時の過ごし方

 

  • 無理をせず(体力的には限界があると心得る)
  • 酒、たばこをひかえる(ものごとを摂生する)
  • ストレスを抱えない(自分の力の及ばないことがあると謙虚になる)

 

 

 

身心ともに「疲れ」を感じるの当たり前。優しく自分を受け止める感覚で過ごしてください

 

最近では、厄除けアイテムも市販されてます。厄年過ごし方は人それぞれ、気持ちの持ちようです。気にしない人はなにもしませんし、神社に「厄払い」をお願いにいっている方は大勢いますよ。

 

 

厄払いにについては別記事で詳しく書いてありますので、よろしければ、こちらをどうそ。⇒「厄払いはいつ行くの?大安や仏滅は気にした方がいい?」