この記事は約 4 分で読めます

日傘のUVカットには寿命がある!買い替えどきの見極めポイント3つ。

日差しが厳しくなると外出には日傘がかかせません。傘に寿命があるように、日傘にも寿命があるんですよ。UVカット機能や、遮光の機能があってこそ、役立つ日傘です。

 

でも、毎日使っていると劣化の兆候を見逃しがちです。

 

そこで今回は、UVカット加工の寿命などを含め、日傘買い替えどきを見極めるポイントをお伝えします。日傘の寿命を延ばす方法や、長持ちさせる対策も合わせて紹介しますので、参考になさってください。

 

スポンサーリンク

 

日傘のUVカット加工の寿命は?

一般的な日傘の場合、

  • UVカット加工の寿命は2年~3年。

本体や生地よりもUVカット機能の方が先にダメになってしまうことが多です。そのため、UVカット加工の寿命が、「日傘の寿命」と受け止められています。

 

 

ですが、日傘のUVカット加工は、使用方法によっても寿命が違うんですよ。

 

 

UVカット加工が落ちてしまう原因は

  • 経年劣化(時間がたつと自然に落ちてしまう)
  • 生地のスレ

などがあげられます。

 

 

折りたたみの傘だと、開けたりしめたりするときに擦れます。長い傘も、傘を閉じるの巻き上げにギュッと強く締め上げると、スレが生じますからね。

 

 

また晴雨兼用の日傘だと、雨にあたった後のお手入れも重要ですね。水滴がついたまま、巻き上げると生地が痛みますし、UVカット加工も落ちやすいです。

 

 

一般的にUVカット加工の寿命が、2年~3年と幅があるのは使い方にも影響されるからです。

 

日傘の買い替えどきを見極めるポイント

 

UVカット加工以外で、日傘の買い替えどきを見極めるポイントは下記の通り。

  • 本体(骨組み)部分が壊れていないか?
  • 日傘の生地が傷んでいないか?

 

 

日傘は、紫外線が気になるシーズンは、ほぼ毎日といっていいくらい活躍します。ヘビーユーズだからこそ、劣化しやすいのは仕方ないですね。

 

特に、折りたたみの日傘は、閉じたり開いたりする回数が多いため、金具の部分が痛みやすいです。日傘は消耗品とわりきって劣化の兆候があったら買い替えましょう。

 

日傘の色あせは日傘の寿命?

日傘は、紫外線をカット効果が高い濃い色の傘を選ぶ方が多いですね。

 

 

でも、紺色や黒の日傘は色あせいしやすいので要注意です。特に日傘の記事が「綿・麻」の場合は、日傘の生地に紫外線のダメージがダイレクトに伝わり劣化していることも。

 

 

日傘の色褪せを感じたら、生地をチェックしてみましょう。

 

 

生地が劣化すると、「生地が薄くなり」「生地が破れやすく」なります。生地が薄くなると、日傘をさしていても、カットしている紫外線・日差しの量がへります

 

 

日傘の生地が変化しているのは、1つの買い替えの目安です。

 

 

日傘を大切に使ってる方は、染め直しをされます。見た目は新品同様ですが、機能的には落ちているといわざるをえません。

 

 

日傘の手入れで寿命は延ばせる?

 

先ほど説明した劣化の兆候

  • ・生地が薄くなる
  • ・親骨の破損

の場合は、さすがに買い替えを要検討ですが、本体がしっかりしていてUVカット加工だけが問題なら、「お手入れ」で日傘を延命できます。

 

 

日傘にUVカットスプレーをしましょう。

 

UVカットスプレーの手順

  • ・日傘の汚れをおとす
  • ・中性洗剤をとかした洗剤をつけたスポンジでそっと日傘の生地をなでる
  • ・シャワーでざっと洗い流す
  • ・陰干しする
  • ・乾いたらUVスプレーをする

 

 

  • 綿や麻の素材なら、洗っても大丈夫ですが、絹や防水加工がされている傘はNG

そっと汚れをはたき落とす程度にとどめてください。

 

UVカットスプレーをつかって日傘の寿命を延ばす(管理人の場合)

毎年、5月に入ると雨傘は防水スプレー、日傘はUVカットスプレーをします。お風呂場で、一気に洗います。

 

 

最初は、段取りが悪いのでマゴマゴしてしまいますが、慣れると数本を数十分で終えられます。傘のお手入れをすることで、延命になるので、欠かさず行っていますよ。

 

 

また同時に、防止・手袋などの日焼け対策のグッズにもUVカットスプレーを吹き付けてしまいます。6月の梅雨・夏の紫外線の対策として毎年欠かさず行っている家事の年中行事の一つです。

スポンサーリンク

 

まとめ

 

日傘の寿命は2年~3年。UVカット加工が落ち、生地の劣化が始まるからです。

  • ・黒や紺の日傘は色あせ
  • ・生地が薄くなる

など始まったら、日傘は買い替えどきと考えてください。

 

 

色褪せ、UVカット機能については

  • ・染め直し
  • ・UVカットスプレー

を日傘に施すことで、延命はできますが、新品同様とはいきません。

 

 

日頃の使い方としては

  • ・巻き上げをきつくしない
  • ・生地をスレから守る(カバーをつける)
  • ・屋外に置きっぱなしにしない
  • ・定期的に汚れ落としUVスプレーでメンテナンスする

などを行えば、標準よりも長く日傘を使うことができますよ。

 

 

こういったお手入れが面倒な場合は素材がUVカットのものを選ぶのも一つの手です。生地や本体の劣化がなければ、何年も使い続けることができますよ。

 

 

買い替えるときに、雨傘と兼用にならないかな、と考える方が多いようです。でも雨傘と日傘は似て非なるもの!違いのポイントをまとめた記事があります。興味のある方はこちらからどうぞ!

 

⇒日傘と雨傘の見分け方!生地や効果の違いはこの部分!