この記事は約 3 分で読めます

日傘はいつから?いつまでさす?時期は?何月なら変じゃない?

日差しを感じると紫外線が気になります。日傘をさしたいと思っても、誰も使っていないとためらいますよね。

 

誰も日傘をさしていない時に、自分だけさすのは勇気がいります。

 

 

そこで、日傘はいつからいつまでさすものなのかの情報を集めました。時期外れだけど、日傘をさしても大丈夫かな?と心配な方は参考になさってくださいね。

スポンサーリンク

日傘をいつからさしている?

皆さんが日傘をさしはじめる時期は大きくわけて3パターンありました。調べた結果は以下の通り。

  • 3月から日傘をさす
  • 4月後半から日傘をさす
  • 夏のみ日傘をさす

 

3月から日傘を差す人

お住まいの地域や、外出する時間帯によって紫外線量は違いますが、美白意識高めの方は紫外線対策として「3月から日傘をさす」人が多かったです。

 

4月後半から日傘を差す人

4月後半~5月の晴れた日に日傘をさしはじめる人も多いです。

 

運動会シーズンやお出かけシーズンは屋外で過ごす時間も長くなります。長袖でも薄手になりますし、気温が高い日もちらほらでてきます。本格的に紫外線対策をする時期なので、日傘を使い始める人が多い時期ですよ。

 

また、服装的に日傘をさしてもおかしくない時期は、4月から5月にかけて。ファッションの一部としてトータルで日傘を考えた時、どこかチグハグな感じになるのが嫌という意見がありました。半袖に衣替えするシーズンや、暑い日があって半袖をきるくらいのシーズンに使い始めるという意見も。

 

夏にだけ日傘を差す

真夏にだけ日傘をさす人ひともいます。紫外線対策というよりも、日傘を、暑さ対策、日よけとして考えている人も大勢いらっしゃいました。

 

 

日傘をいつからさすか迷ったら?

もし、日傘をいつから差したらいいか迷ったら、「日傘を差す目的」を考えてみるといいですよ。

 

先ほども説明しましたが、人によってさす時期にバラツキがありますよね。求めているものが、はっきりしている人達同志なら「なぜ日傘をさしているか」がわかりますので、変とは感じません^^

 

 

紫外線をキッチリ対策したい人は3月から日傘をさしましょう。

 

ファッションとの兼ね合い・周囲の目が気になるのなら、4月5月から日傘を指し始めてもいいかもしれません。その時期なら「ああ、日傘をさす時期になったのね」と周囲は思うくらいですよ。

 

 

また、外出する時間によっても紫外線に違いがあります。詳しくは別記事に書きました。夏場は何時くらいから、何時くらいまでさしたほうがいいかなど紹介しています^^

 

⇒「紫外線のピークの時間帯は何時ごろ?夕方何時まで注意する?

 
スポンサーリンク
 

日傘をいつまでさしている?

今度は、いつまで日傘をさすか、調べた結果は以下の通りでした。

  • 日傘は9月までさす
  • 日傘は10月までさす

大多数が、9月10月まで日傘をさしています。ここ数年、残暑が厳しかったこともあって、暦の上では秋でも日傘をさし続ける人が多いです。

 

 

暑さ対策で日傘を指してる人は、以外にも秋でも指していますよ。暑かったらさす、暑くなかったらささない、という日傘をさす基準が明確でした。

 

ファッション的な意味で日傘をさしてる人はサクッとさすのをやめています。秋は、ブーツやファーの時期に差し掛かるので、アンマッチだからです。

 

 

さすがに11月まで日傘をさすひとは少数派でした。でも少数派でも、日傘をさすには理由があります。

  • 正午前後の紫外線ピーク時間帯の外出
  • 外歩きなど、紫外線をあびる時間が長い

というライフスタイルの人です。

 

まとめ

周囲が誰も日傘をさしていないと、日傘をさしはじめは勇気がいりますよね。

 

でも、ひょっとしたら、同じ気持ちで「さしたいけど日傘がさせない」人がいるかもしれませんよ。同じ悩みを抱えてる人なら、日傘をさす意味を理解しています。悩みが解決するのなら、シーズン問わず「日傘をさしてもいいのでは?」と思います。

 

調べてみてわかりましたが、少数派ですが、外回りの営業さんで美白対策で一年中さしている人もいましたよ^^

 

参考になれば幸いです。

 

★こちらも合わせて読まれています★

⇒『日傘のUVカットには寿命がある!買い換え時の見極めポイント3つ!