この記事は約 4 分で読めます

日傘の紫外線カット機能で、シルバーコーティングが注目されています。内側にシルバーコーティングされている商品も多いですよね。

 

本来、日傘の外側につけるべきシルバーコーティング。日傘の内側で、紫外線カットは本当にされているのでしょうか。

 

 

今回は、日傘のシルバーコーティングについての情報を集めました。日傘の買い替え等の検討している方は参考になさってくださいね。

 

スポンサーリンク

 

日傘のシルバーコーティングの狙っている効果は?

シルバーコーティングの機能は

  • 紫外線を反射し、日傘を涼しく保つこと。

を狙った商品です。

 

色によって紫外線の吸収率が違うのは、一般的に知られていますよね。そのため、紫外線を吸収しにくい色「黒」や「紺」を日傘の色を選ぶ方が多いです。

 

 

ですが、「黒」や「紺」は紫外線は吸収しにくいですが、「熱」を持ちます。
熱を持つと、日傘自体が暑くなります。日傘をさしているのに熱い!

 

 

そこで、黒とは逆に熱を反射し、熱を持ちにくい色は

  • シルバー

このうち、「シルバー」を日傘に追加したのが、シルバーコーティング機能です。

 

シルバーコーティングそのものは、日傘に熱をもたないよう工夫された機能ということを覚えておいてください。

 

 

日傘のシルバーコーティングが内側にされている理由

シルバーコーティングが内側にされているのは、外側にシルバーコーティングされた日傘のデメリットを補うためです。

 

 

シルバーコーティングされている商品は大きくわけて2種類です。

  • 日傘の内側
  • 日傘の外側

シルバーコーティングの本来の目的「熱を吸収しない」機能を追求するなら断然日傘の外側の商品を選ぶべき!熱そのものを日傘の外側パンと反射するので、熱を持にくいです。紫外線も跳ね返します。

 

 

すごく便利そうなのですが、シルバーコーティングが外側にされている日傘には問題があります

 

 

 

シルバーコーティングされた日傘で楽天で探すと、こういったイメージです。

 

▼▼

⇒シルバーコーティング大判日傘 / 日傘

 

機能的にも、口コミでも文句なしの商品なんですが、

「日傘をつかっている本人は快適だけど、周囲がまぶしいと迷惑をしている」

「おしゃれ感が少ない」

 

 

外側がシルバーコーティングされている傘を使っている人に対して「迷惑」だという意見は多いんですよ。特に「スポーツ観戦」「人込み」だと、キラキラひかってまぶしいといわれてます。

 

また外側のシルバーコーティングされている日傘は「おしゃれ感」が少ないです。機能を優先してるので、仕方ないですね。先ほど紹介した商品も、機能的ですがメンズライクな雰囲気です。

 

 

日傘に求めるモノは人それぞれですが、

  • 日よけ(涼しさ)
  • UVカット(紫外線カット)

とあともう一つ、「おしゃれ」を求める人も多いです。

 

 

 

ですので、内側にシルバーコーティングされている日傘は、外側にシルバーコーティングされている日傘の弱点を補うため、

  • おしゃれ感を優先
  • 周囲の人に迷惑をかけないように

といった配慮がされた商品です。外側は、可愛い色・柄ですし、内側にコーティングされた布をはったり、コーティングすることで外からの「紫外線を入れ込まない」工夫がされています

 

 

楽天で内側にシルバーコーティングされている商品を探すとこういうイメージです。

 

▼▼

 

 


⇒日傘 uvカット 99%以上 シルバーコーティング

 

 

シルバーコーティングが内側にされている日傘の弱点

シルバーコーティングが内側にされている日傘にも問題があります。

 

 

外側にシルバーコーティングされた日傘と比べると「紫外線の反射」に弱いという弱点があります。上からの紫外線は防げていますが、地面からの「照り返し」は防げません。アスファルトからの紫外線を、内側のコーティングが集めてしまうのですよ。

 

 

日傘に「UVカット」を求める方の意見としては、「地面から紫外線をあつめてしまうのは日傘として本末転倒だ」という意見もあります。

 

 

日傘のシルバーコーティングが内側だと紫外線は完全に防げない

では、どの程度、内側のコーティングで紫外線をあつめているのか調べました。気象庁で発表された「地表面の反射と紫外線」に関するデータです。

 

場所 反射率
雪浜 80%
砂浜 10~25%
アスファルト 10%
水面 10~20%
草地・土 10%以下

 

画像とデータの引用:⇒気象庁:地表面の反射と紫外線

 

 

アスファルトは紫外線を10%反射していますね。この10%の反射された紫外線を「シルバーコーティングが内側」の傘だと集めやすいのですね。

 

 

10%の紫外線の量が「多い」と感じるのなら、シルバーコーティングが内側にされている商品はNGです。

 

 

ですが、メリットも多いのも事実。

  • 人の多い場所で使いたいので迷惑をかけたくない
  • おしゃれな日傘をもちたい
  • 日焼け止めを塗って別の対策をしてるので多少なら大丈夫

という方は、日傘のシルバーコーティングが内側にされている商品でもOKだと思いますよ。実際に、内側にシルバーコーテイングされた日傘をつかって「涼しい!」という方もいらっしゃいます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

日傘のシルバーコーティングは内側の効果は

  • ・熱を吸収しないという機能はあり
  • ・紫外線の照り返しは防げない(逆に集めてしまう)

という商品。

 

 

特徴としては、

  • ・周囲の人に迷惑をかけにくく
  • ・多少のおしゃれ感を出せる

 

他の日焼け対策や、利用環境を合わせて、購入を検討ください!