この記事は約 4 分で読めます

小正月の飾りといえば餅花が有名ですね。正月飾りのアレンジについていたりする、赤と白の木にくっついているお餅です。

 

餅花っていつからいつまで飾るものなのか迷いませんか?と、いうよりも小正月っていつからいつまでなの?

 

 

そんな疑問を解決するため、小正月の期間や餅花などの小正月のお飾りについて調べましたので、情報をシェアしますね。

 

スポンサーリンク

 

小正月の期間はいつ?

 

小正月の期間は地域によって違いがあります。

一般的には1月15日。もしくは1月14日から16日までの3日間。さらに厳密に考えでは14日の日没から15日の日没だそうです。

 

 

もともと1年で初めての満月の日をお正月としてたのが小正月の起源だそうです。ですが、満月の日の云々というのは、あくまで起源なだけで、毎年きまった日(決まった期間)が小正月になります。

 

小正月の飾りは餅花?

 

小正月は別名 女正月とも呼ばれてます。元旦に門松を飾るのと同様に、小正月にも飾りがあります。それが餅花(もちばな)。

 

柳の木や、ミズキの木に紅白のお餅を均等にくっつけていきます。紅白でとっても可愛いですよ。

 

地域によっては餅花ではなく

  • ・だんご木
  • ・団子さし
  • ・団子さげ

といった呼び名だったり、飾る木に地域差がありますが、ほぼ同じものです。

 

 

  • ・繭玉

と呼ばれるのは、繭をイメージしてる俵型のバージョンですね。

 

素材は「餅」だったり市販されている「もち米素材」が多いです。それぞれの地域によって、餅花にもアレンジが施されていますよ。

 

共通してるのは

  • ・豊作の安全
  • ・豊穣を祈る

 

という点です。

 

餅花は、可愛い飾りですが、きちんとした意味合いがあります。処分や捨て方にも十分に注意してくださいね。

 

餅花を捨てるのはいつ?

 

小正月の期間が地域によって違うように、餅花を片づける時期も地域によって違いがありました。

 

 

例としては

  • 1月15日・・・小正月が終わったらかたずける
  • 1月20日・・・だんご下げの日に片づける

この2パターンが多かったです。

 

 

1月15日に片づける理由としては「正月の区切り」だからです。

 

もともと1月15日の小正月には「どんと焼き」(左義長)があり正月飾りなどを1月15日を節目に片づける習慣があります。それにならって、正月は一旦ここで区切りという意味をこめて、小正月の飾りも1月15日に片づけるのだそうです。

 

すごく短い期間ですよね(笑)

 

 

あともう一つとしては、1月20日に片づけるパターンです。1月20日は「だんご下げの日」「だんごおろしの日」だそうで、この日に片づけるという方も多かったです。※奥村幸雄著 「こども歳時記」より

 

私はしらべていて、初めてだんご下げの日を知りました。

 

 

餅花はどうやって捨てるの?

 

お祈りの意味もある飾りなので、ゴミ袋にポイと捨てるわけにはいかないですよね。そんな時には、お飾りに塩をまいて処分しましょう。

 

 

 

  • ・新聞紙のような大きな紙を用意する
  • ・捨てる飾りを上に置く
  • ・塩でお清めする(飾りの上にまく)
  • ・新聞紙で丁寧につつむ
  • ・処分する袋にいれる(※地域のルールにのっとって分別をしてください)

これでOKです。処分する袋は、通常のゴミ袋とは別にしてくださいね。(気持ちの問題です)※正月飾りこの処分の方法でOKです。

 

 

地域でお飾りを焼いてもらえるのなら、そこで処分してもらうに越したことはありません。ですが、お飾りなどを火で燃やすこと事態に、昔と比べて敏感になっています。お飾り自体が、昔と違って飾りにプラスチックが混じっていたり、火で燃えない素材が使われてたりしますものね。

 

時代の背景から考えると、火で燃やす・処分してもらう神社を探すのは、ちょっと難しいのかな、と感じました。お飾りを粗末に扱わず、できる範囲で丁寧に処分をすればバチはあたらないと思いますよ。(笑)

 

スポンサーリンク

 

まとめ

今回は、小正月の期間や餅花を飾る期間・処分方法についてお伝えしました。

 

大々的に、地域をあげて小正月のイベントに取り組むのでなければ、個人的にはあまり気にしなくてもいいのかな、と思います。個人で楽しむ分であれば、迷惑をかけるわけではありませんからね。

 

もし生活に彩りを加えるために、小正月に餅花を飾ってみようかな、と思った方の参考になれば幸いです。