この記事は約 5 分で読めます

雛人形に防虫剤は必要?入れないとダメ?乾燥剤は?入れ方や使い方を紹介

3月の季節の行事といえばひな祭り。桃の節句は女の子のいるお宅では、雛人形を飾り付けされますね。

 

 

ただ、雛人形は取り扱いが難しく、しまい方や保管の方法が良くないと、お雛様が劣化してしまうことも。ですが、ネットの情報をチェックしてみても、「雛人形をしまうときに防虫剤をいれる派」と「防虫剤をいれない派」がわかれていて、どちらを信じていいか迷ってしまいます。

 

 

そこで今回は、雛人形をしまうときに防虫剤は本当に必要か、入れないとどうなるか、防虫剤の入れ方や使い方などを詳しく紹介したいと思います。

 

 

子供の幸せを願って購入した雛人形ですから、できるだけ綺麗な状態で長持ちするよう、大切に保管してあげてくださいね(^^)/

 

スポンサーリンク

雛人形に防虫剤は必要?入れないとダメ?

雛人形をしまうときに大切なのは、しまう前の手入れとしまい方です。その後の雛人形の劣化に大きく影響してきますよ。

 

雛人形を劣化させるのは、

  • 汚れ(ホコリ)
  • 虫食い

などです。これはある程度しまう時に注意できることですよ。特に、雛人形の虫食いは防虫剤で防ぐことができます。入れないと虫に食われてしまうことも (´ε`;)

 

 

ただし、雛人形を購入したお店で「防虫剤を入れない方がいいと言われた」という方は、購入の時に教えてもらった取り扱い通りにしてくださいね。

 

 

防虫剤は、虫食いを防ぐ効果もありますが、お雛様の素材によっては諸刃の刃。逆に、お雛様と防虫剤の相性によっては、お顔にシミがでてきたり、衣装の金糸・銀糸が痛んでしまう可能性もあるんですよ。

 

できるなら、購入したお店屋さんが人行専門店なら、問い合わせてみるのものいいですね。どんな雛人形かを把握してるので、おすすめの保管方法を教えてくれますよ

 

 

雛人形に使える防虫剤の種類は?

「ショッピングセンターなどで購入したので、ちょっと問い合わせることもできないな」という場合には、防虫剤の種類やしまい方を慎重に行いましょう。

 

まず、雛人形の防虫剤の鉄則ですが「別の防虫剤の種類を混ぜてはいけない」です。

 

 

一般的に出回っている防虫剤の種類は

・樟脳(しょうのう)

・パラジクロロベンゼン

  • ・ナフタレン(ナフタリン)
  • ・ピレストロイド系(エムペントリン)

です。それぞれ、長所・短所があるんですが、基本は一緒にしてはNG!防虫剤の「成分表」をしっかりチェックしてくださいね。

 

 

また「昨年は樟脳で、今年はピレストロイド」といったのもNGです。雛人形の本体や、ケース箱に微量にのこってる防虫剤と新しい防虫剤が反応しあって、雛人形の痛みの原因になります。

 

 

細かくみていくとキリがないのですが、雛人形×防虫剤の相性がよくないと

  • ・合成樹脂やプラスチックが溶ける・変形してしまう
  • ・緊迫や金糸、銀糸が変色してしまう
  • ・匂いがきつくてとれない
  • ・銅や真鍮などが劣化する

といったことが起きます。

 

 

「わらべ」・「ムシューダ」はピレストロイド系

 

実際に、自分が雛人形をしまうとなると、「○○系」なんて覚えてられないですよね。そこでおすすめなのが、「雛人形用」の防虫剤のシリーズを使い続けるという手。

 

「わらべ」「ムシューダ」のラインナップは、雛人形専用の防虫剤を販売していますよ。親王飾りなどは、不織布カバーなど上からすっぽり覆うタイプのものがあり、適度に防虫剤がきいた状況を保ってくれます。

 

 

ピレストロイド系は、匂いが少ないです。デメリットとしては、銅や真鍮を変色、金糸・銀糸や金箔を変色がありますが、但し書きに「金糸・銀糸にも使えます」とありました。この中では、比較的、安心かと思われます。専用ですしね(^^)/

 
スポンサーリンク
 

雛人形 防虫剤は衣類用で代用しちゃダメ?

「雛人形用の防虫剤をわざわざ買いたくない」という人もいると思います。調べたのですが、ダメとは言い切れませんが、リスクはあると考えた方がいいですよ。

 

まず、衣類用と人形用では「使用期間」が違います。また「臭い」も違いますしね。人形用は、雛人形の出し入れを考えて「1年かけてゆるりと防虫剤の効果を一定に保ちつづける」ことが前提で作られています。

 

あと、おそらく衣類用と比較すると「金糸・銀糸」などに影響する部分も配慮されているかと。

 

そこは、雛人形の衣装や道具(冠や小道具の留め具とかですよね)との兼ね合いになりますので、成分表とリスクをチェックしながら、最終的には自己責任で・・・となりますね。

 

雛人形の防虫剤の入れ方

シートタイプではなく、四角タイプの防虫剤はダイレクトにいれるのではなく、必ず防虫剤を「和紙」や「不織布」などに包んで入れてください。

 

お道具や人形に触れない位置に入れてくださいね。

親王飾りの場合は、人形自体を布や紙などで、包み込んでおくとさらに安心です。

 

いれる量は、防虫剤の説明書に従っていれましょう。余ったからといって、余分にいれると防虫剤の成分が過剰に働き劣化の原因になります。基本は1箱につき1つを目安にしてくださいね。

 

雛人形に乾燥剤はいれて保管した方がよい?

汚れ・虫食い以外で、雛人形の劣化で心配なのが「カビ」です。これは湿気をコントロールすることで防ぐことができますよ。

 

そこで登場するのが「乾燥剤」なんですが、防虫剤×乾燥剤の相性が悪いと、人形に影響を及ぼすので、こちらも注意してください。

 

 

何をつかった乾燥剤か、が重要です。シリカゲルならおおよそ影響が少ないです。シリカゲルは、私たちがよく目にする、ごくごく普通の乾燥剤ですよー。ただ、使い回しだと、手元にある乾燥剤が「シリカゲル」かどうかまではわからないですよね。

 

そうなると、ちょっと手元にある乾燥剤を入れるのは危険かもしれません。

 

 

ちなみにこちらは「わらべ」の人形用の「乾燥剤」です。成分は「パーライト・ケイ酸ソーダ」でした。こういう商品を使うのなら、同一のラインナップでそろえておくと安心だと思います。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

白元アース 人形用調湿剤わらべ カビと乾燥対策 5包入
価格:590円(税込、送料別) (2019/1/23時点)

ただ、これらの乾燥剤×雛人形×防虫剤の組み合わせは、「絶対に変色しない」「劣化しない」とも言い切れません。雛人形の素材にもよりますからね。

 

ある程度は薬に頼らず

  • ・よく晴れた日に虫干しをかねて手入れをしてからしまう
  • ・雛人形をしまう押し入れなどの湿気対策にも気を配る

 

など、手間は必要になりますよ。

 

こちらは、押し入れの湿気対策の記事になります。簡単なので、是非どうぞ(^^)/

『押し入れ湿気やカビの対策 新聞やすのこの効果的な使い方』

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

雛人形は決してお安くない品物ですし、大切な子供の記念の品物です。ある程度は手間をかけて、手入れをし、保管に気をくばりましょう。

 

お嫁にいってからも、毎年飾ることができるくらいの雛人形だと、とっても素敵だと思います。

 

★関連記事⇒『雛人形の片付け ケース飾りの収納やしまい方  保管方法の注意点など』