この記事は約 4 分で読めます

布団とベットどっちが良い?一人暮らしや子供と一緒の場合は?

布団とベッドはどちらがいいかは、永遠のテーマですね。それぞれメリット・デメリットがありますが、結局は「年齢・部屋の大きさ・健康状態」などによって受けるメリットが違います。

 

 

では、自分の場合は、どちらの方がメリットが多いか気になりますよね?

 

 

そこで、今回は一人暮らしを始める予定の方やお子さんが生まれる予定の方などにむけて、布団とベッドそれぞれのメリット・デメリットをお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

 

布団とベットのそれぞれのメリット

まず、基本的なそれぞれのメリットから

  • 布団のメリット

・寝具としてのトータル値段が安い

  • ・畳めば部屋を広く使える
  • ・ベッドのように落っこちる心配ない
  • ・持ち運びが楽

 

 

  • ベッドのメリット
  • ・眠くなったらすぐ眠れる
  • ・たたまなくてもいいので手間がない
  • 起き上がりが楽
  • ・床から距離があるので、布団と比べ埃を吸いにくい
  • ・床からの冷気が伝わりにくい

 

 

など、があります。一見すると、ベッドの方がよさそうに見えます。でも、ひとそれぞれ状況が違うので、まよったら自分がどちらのメリットを沢山うけられるかを見極めてくださいね。

 

以下、シチュエーション別に主なメリットを挙げましたので説明します。

 

一人暮らしの場合は布団とベッドとどっちが良いか?

一人暮らしを始める方が、布団とベッドのどっちがいいか迷ったら

  • 部屋を広く使いたいかどうか
  • 寝具につかえる値段はいくらか
  • 布団の上げ下げなどが苦じゃないか

などがポイントになります。

 

 

一人暮らしの場合は、ワンルーム/1Kのことが多いですよね。そうなると、ベッドはお部屋の大部分を占める家具になります。

 

 

ですので、6畳未満ならベッドをあきらめた方が無難です。ギリギリ6畳なら、その他の家具もおけますし、生活スペースが確保できますからね。

 

 

また、初めての一人暮らしの場合は、寝具以外にも一式買いそろえないといけません。その中で、ベッド代金はお財布に響きます。少しでも、お安く寝具をそろえたいのなら、お布団。

 

もし、ベッドにするのなら、布団で一式そろえた時よりも、少なく見積もっても3万円(管理人セレクト商品の比較)は多く費用がかかります。

 

 

あと、布団の場合は、毎日の手間がかかりますね。ベッドだと、寝たいときパッと眠れるので、手間がありません。

 

 

布団は、毎日たたんだり・干したりとある程度のメンテナンスが必要です。ひきっぱなしの万年床だとカビが発生して大惨事に。結局は、買い替える羽目になってしまうので、面倒くさがりの方はベッドの方にしておいたほうがいいですよ。

 

 

 

結論として「布団かベッドのどっちがいいか?」の質問は

  • 部屋を広くつかいたい・寝具を安く手に入れたい、なら「布団」
  • 毎日の上げ下げが嫌、部屋の広さに余裕があるなら「ベッド」

 

をおすすめします。

 

お子さんと一緒に眠る場合は布団とベットとどっち?

夫婦二人でねていたけれど家族が増えた場合も悩みどころですね。ベッド派のご夫婦が「布団の方がいいんじゃないか?」と悩んでらっしゃるケースが多いです。

 

 

布団のメリットとしては何より「お部屋が広くつかえる」点。そのため、年齢の近いお子さんが2人以上いらっしゃるケースは「布団派」の方が多いかったです。一方で、お子さんの年齢が離れている場合は、一人をベッドでご夫婦で一緒にねて、一人を別部屋で寝かせるとケースもありました。

 

 

結論として「布団かベッドのどっちがいいか?」の質問は

  • ・旦那様の寝相で、お子さんがつぶれないか心配
    ・二人目のお子さんが生まれるのが近い
  • ・夜泣きをした時に、ぱっとお世話をしてあげたい

などの場合は、布団。

 

 

  • ・今所有してるベッドが大きめ OR シングル二つを並べて使える
    ・ベッドやマットレスを処分するのが手間
    ・新しく布団(寝具)を購入したくない

という場合はベッドですね。

 

 

実家の姉は、結婚した時にダブルのベッドを買いました。子どもがうまれた時に、自分と子供は床に布団をしき二人でねて、旦那様だけセミダブルのベットつかっていました。でも、これは寝室が広いからできることですよね。できなければ、無理してもベッドを処分しなければ寝る場所がないですものね。

 

やっぱり最終的には「寝室の広さ」がポイントだと思いますよ!

 

健康の面では布団とベットではどっちがいいか?

もし、あなたが

  • アレルギー体質
  • 腰痛
  • 膝痛

なので、あればベッドがオススメ。床に近いため埃を吸いやすいのは布団です。埃はアレルギーを誘発しますからね。

 

 

腰痛や膝痛がある場合もそうですが、

  • ・寝っ転がる
  • ・起き上がる

という行動が、年齢が高くなると負担になります。こういった方も、ベッドがオススメですね。

 

反対に

  • 寝相がわるい

方は布団を押します。大柄な男性だと、ベッドが小さくて無意識に寝相が悪くなっている可能性がありますよ。
【過去記事】⇒寝相が悪い!大人になっても治らない人の対処法

 

 

手足を伸ばして可動域が広くとれますので、寝相が悪い方は布団の方がむいています。

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

個人的には、

  • ・健康面からの選び方が重要度が高く
  • ・お部屋の広さ

を優先して選ぶのがおすすめです。

 

 

もし、布団をかって寝具代金を安くすませたとしても、ベッドで手間なしにしようとしても、

  • ・アレルギーになったり
  • ・腰痛になったり
  • ・ベッドから落っこちたり
  • ・一緒に寝てる人にぶつかったり

したら、デメリットの方が多いからです。

 

ご自分の状況にあった選択をしてくださいね!