この記事は約 6 分で読めます

一人暮らしカーテンは何色にする?おしゃれと防犯を両立させる選び方

一人暮らしでお部屋をきめたら、真っ先に取り付けたいのがカーテンです。最近は「カーテンなんて必要ない」と考える人もいますが、防犯の面から絶対にカーテンはつけた方がいいです。

 

 

勿論、おしゃれなカーテンは数多く販売されてますが、インテリア的な選び方だけだと危険!ほんのちょっと選び方を工夫をすれば、「おしゃれ」と「防犯」は両立します。

 

今回は、一人暮らしのカーテンの色の選び方をおしゃれと防犯の両方からアプローチして説明します。

 

スポンサーリンク

 

一人暮らしのカーテン選びの基本

一人暮らしのお部屋だと、ワンルーム/1Kが多いですよね。そうなると、お部屋の広い面積をしめるカーテンは部屋全体の印象を左右します。

 

 

ちょっとでもおしゃれな部屋を目指すなら

  • カーテンと他のファブリック(布)の色をそろえるのがコツ。

 

 

他のファブリックとは、クッション、寝具カバーなどを指します。また、面積が大きいラグとカーテンの色を揃えるのも、おすすめです。

 

 

もし、あなたが「柄」のカーテンを選びたいなら、柄に使われている色を1色ピックアップして、他のファブリック(布)と色をそろえるのもGOOD!

 

柄は、色・大きさ・モチーフの印象で雰囲気が大きく違います。「インテリアを考えるのが苦手な方」にとって、柄は難易度高め。気に入った柄があるのなら別ですが、迷ってしまったら、難しく考えず、

  • カーテン/ラグ
  • カーテン/寝具のカバー

と色をそろえると「オシャレ」くらいに考えて下さい。面積の広いファブリックの色がそろっているだけで「ちぐはぐ」な印象は避けられます。

 

 

白い壁に合うカーテンの色は?

また、お部屋を広く見せたいのなら「カーテンの色と壁は同色がよい」と聞きますが、かといって、白い壁に白いカーテンだと汚れが目立ちます。

 

 

その場合は、アイボリーなどの優しい色がメインのカーテンがおすすめ。もし柄を考えているのなら、カーテンの一番広い面積が「優しい色(アイボリー・ベージュ)」の柄を選びましょう。部屋も広く見え、ちょっとした汚れも目立ちにくいですよ。

 

男性の一人暮らしでカーテンを選ぶときの注意点

男性の場合、

  • シックに
  • 男らしい
 というお部屋のイメージがあって、

 

 

  • ・黒
  • ・茶色
  • ・グレー(濃い)

といったダークカラーをメインにすえたカーテンの色をセレクト方がいます。

 

 

 

インテリア的には決まってるとは思いますが、ワンルームだと部屋全体が狭く感じるデメリットも。ダークな配色だと、無意識に圧迫感を感じるからです。ビシィーっと決めたい一方で、居心地が悪いとなっては、ちょっと本末転倒ですね。

 

 

どうしても、インテリア的にシャープに決めたい方は、

  • 柄のパターン(密 OR 大き目)
  • 色の配分

など柄選びで工夫をしてみてください。柄が小さ目の方が圧迫感が少ないです。また柄の場合は、色の配分で調整してもいいかもしれませんね。

 

一人暮らしのカーテンの色(防犯編)

「一人暮らしの防犯?僕は、男だから関係ないね!」なんて、思ってる人は、ちょっと待った!

 

 

確かに、女性の方が防犯を気にしますが、男性も防犯を気にしてほしいです。一人暮らしの女性は、性犯罪の防止を意識してますよね。でも危ないのは、そっち系ばかりじゃないです。

 

 

「空き巣」は男性の部屋も狙ってます!まずは、カーテン選びから防犯に取り組みましょう。

 

 

空き巣は、泥棒に入れそうな部屋を、何度か見回にきています。下見して狙いをつけています。室内が丸見えだと「今部屋に人がいるよ~」ってわかります。裏をかえせば、そのお部屋は「人がいないのもわかる」ってこと。そのため、できるだけお部屋に人が「ずっといるように思わせるか」「いるのか、いないのかわからない」状態が望ましいと考えます。

 

女性向けに書いた防犯の記事ですが、男性にも防犯対策として有効です。よろしければこちらからどうぞ(^^♪

 

一人暮らしの防犯対策。女性が身を守るためにすべきことは?

 

 

あまりにペライカーテンだけだと、夜、明かりをつけた時に、部屋の中が丸見えになっちゃうので、

 

  • ある程度の厚みがあるドレープカーテン(お値段ケチるとペラです)
  • レースカーテンで二重にする

 

をつけて、部屋の中の様子がわからないようにします。

 

一人暮らしのレースカーテンでのおすすめは?

レースカーテンにも種類があります。

  • ・ミラーカーテン
  • ・遮像カーテン

こういった機能がついたレースカーテンがあります。

 

 

「ミラーカーテン」とは光沢のある糸でつくられたレースカーテン。パっとみて、てかってる感じです。光がカーテンにあたると反射して、外から部屋の中をみえにくくします。でも、夜に室内の明かりをつけた時には、部屋の中がすけてしまうことも

 

 

 

「遮像カーテン」は、夜「外が暗くて部屋が明るい」場合でも、外から見えにくいです。ミラーカーテンの「外からの見えにくさ」をグレードアップした感じですね。ただし、ミラーカーテンよりも、部屋の中から外が見えにくいというデメリットがありますね!

 

 

もし、あなたが借りたお部屋が1Fなら、防犯上・プライバシー上的にも遮像カーテンがおすすめです。

 

 

厚めのカーテン+レースカーテンで防犯を意識しましょう!

 

一人暮らしのカーテンの色(女性の場合)

また、普通のカーテン(ドレープカーテン)・レースカーテンの柄や色の選び方ですが、女性「女の人が住んでるよ!」と、一見わかりにくい方が好ましいです。

 

パッとみて女性らしい柄や色とは

  • 可愛い花柄
  • ロマンチックな色づかい
  • レースの柄が薔薇
  • 刺しゅう入りのレースカーテン

 

 

 

防犯面を重視して選ぶなら

  • ・色は無地(可愛い系の色はNG)
  • ・柄はロマンチック系は避ける

といったところですね。

 

 

どうしても「ドレープカーテンはおしゃれな柄にしたい!」方は「北欧系」の柄をチェックしてみてください。男性とも女性ともイメージがつかない、素敵な柄のカーテンが沢山販売されていますよ!

 

 

一人暮らしのカーテンの色(風水編)

 

あと、もう一つオマケなんですが、風水を意識したカーテンの色選びがあります。

 

 

ワンルーム/1Kのお部屋なら南向きが人気。南の窓から日差しがたっぷりはいるので、過ごしやすいからです。

 

なので、あなたが、もし人気の南向きのお部屋をゲットできたなら、

  • 南側の窓は、「人気・美容・知性・直感力」などに関係する方位

なので、相性が良い色をカーテンに選べばさらに強化できます。

 

 

南側の窓と相性が良い色は

  • 緑色
  • ベージュ

 

 

私も、今、南向きに窓がついてる部屋で住んでますが、風水を意識して緑色のカーテンをつけてます(^^♪

 

※風水は、窓の方向によってオススメの色が違うので、ご注意くださいませ。

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

一人暮らしのカーテンの色選びで、防犯とおしゃれを両立させるポイントは

 

  • ・部屋のファブリックの小物とカーテンの色をそろえる
  • ・激安のペラくて、透けるようなカーテンは避けるべし
  • ・色は(できれば)無地
  • ・レースカーテンは必須(甘めの柄はNG)
  • ・南側の部屋なら色は緑

もし、あなたが「もっとおしゃれ~」にしたいと感じるなら、柄選びで、オシャレなエッセンスを加えてあげてください。

 

 

部屋の雰囲気を左右するカーテン。気にいったものを選ぶのも良いですが、防犯上、安心できるカーテンを選んでくださいね。

 

一人暮らしに必要な家具の情報をあつめました。カーテンのお値段の相場も載っていますので、よろしければこちらからどうぞ(^^♪

 

⇒一人暮らしに必要な家具は何?全部で幾らくらいになるのか調べてみた