この記事は約 3 分で読めます

出窓の日除けを内側に設置する方法 屋内にシェードを簡単に取り付け!

出窓の日除けについての情報です。100円均一のシェードを設置した方法を紹介しています。写真付きで材料と手順を解説しています。

 

窓の内側なので2階の窓でも応用して設置できますよ!暑さ対策に悩んでいる方は是非参考になさってくださいね。

スポンサーリンク

出窓の日除けについて

おしゃれに見える出窓は、日除けの設置の点ではちょっと面倒です。

  • 外側によしずやシェードなどをつけにくい
  • 出窓は窓の寸法が図りにくい

普通の小窓と比較しても、ガラスの面積が大きいですし、形も複雑なので日除けもつけにくいですね。

 

窓の向きが「南」「西」だと、夏場は得に日差しが強くなるので是非、日よけをつけたいところ。夏の日差しによって室内の温度は大分違いがありますし、クーラーの効き目も違っていますよ。

 

専用のロールカーテンをオーダーメードするのは高額ですが、ちょっと工夫すればDIYで出窓の日よけをつけることができるので、ぜひチャレンジしてくださいね。

スポンサーリンク

出窓の日除けを内側に設置する方法 屋内にシェードを簡単に取り付け!

今回は、我が家の西向きの出窓にサンシェードをつけた手順を公開します。メイン材料はすべて100均のセリアで揃えました。誰でも簡単に取り付けられますよ。出窓だけでなく、外側に日除けを設置できない2階の小窓にも応用できるので参考になさってくださいね。

 

出窓の日除けを内側に設置する方法 準備するもの

 

 

 

  • ・出窓に取り付けるシェード
  • ・紐(手芸用)
  • ・カーテン用リングクリップ
  • ・フック

 

フック以外はセリア100均で購入しました。フックも100均で充分です。我が家は賃貸なので、シール後を残したくなかったので「はがれるタイプのフック」を別で購入しました。

 

>>住友スリーエム コマンドフック (カレンダー用) (4個入) CMR10 【3個セット】

 

シェードの大きさは、出窓が覆える大きさにしてください。我が家の出窓は、以下の寸法です。横の小窓も、正面の窓も全部覆うようにしたいので、

 

(横)16㎝+70㎝+70㎝+16㎝=172(縦)115㎝の大きさの窓が全面にカバーできる、

2枚のシェードを用意しました。

 

出窓の日除けを内側に設置する方法

 

↓サッシにフックを取り付けます。

フックを張る部分は、ウェットティッシュなどで拭いておくとしっかりつきます。乾かしてからフックをはってくださいね。

 

 

↓フックを設置は以下の6か所。

 

多少少なくても大丈夫ですが、ピーンとシェードを張った状態にしたいなら、ある程度はフックの数があったほうがいいです。

 

↓紐とカーテン用クリップの準備をします。

紐の端を、「かたむすび」にしてください。アルミサッシのフックに結び結びつけるので、ちょっと緩めで大丈夫ですよ。ひとまずシェードをクリップに挟みます。できるだけ等間隔でシェードをクリップ止めしてくださいね。

 

フックに紐をひっかけるときに、ある程度重さがあったほうが、引っ掛けやすいのでシェードをクリップします。後で調整するので、あまり厳密じゃなくていいですよ。

 

↓出窓の左端と、右端のフックに紐を結びつけます。

 

ここで、クリップの位置を調整します。フックに近いカーテン用のクリップは、左側の赤い〇の部分のように、フックにひっかけると安定しますよ。

 

出窓の途中にあるフックは、紐がたるまないようにひっかけるだけでOK!とくに結び付けなくてもずり落ちてきません。

 

これで出窓全面がシェードでカバーできました。シェードを窓前面にはりつけたことで、出窓の付近の温度の上昇が少なくなりました。

 

我が家は、さらに「遮熱のレースカーテン+カーテン」で出窓からの熱が部屋にできるだけ入り込まないようにしています。それでも窓付近は暑くなるので、暑い時期は窓の付近には近寄らないようにしていますよ(笑)

 

出窓の日除けを内側に設置する方法 まとめ

屋外から出窓を見たときには、シェードの色「茶色」でおおわれており、部屋の中はほとんど見えません。夜、明かりをつけると、見えてしまうかもしれませんが(;^_^A

 

このフックと紐のアイディアは便利でシェード以外でも

  • ・遮熱/遮光の布のカーテン
  • ・よしず

 

などをつるしても、日よけになります。ただし、冬場は窓とシェードとの間に結露が生じやすいので取り外しておいたほうがいいですよ~。

 

とっても簡単なので、ぜひお試しくださいませ。