この記事は約 4 分で読めます

除湿機で暑いのは本当?デシカントやコンプレッサー式で違いは?対策は?

除湿機を使うと部屋が暑くなるかもと心配している方へ情報を集めました。除湿機のタイプ別に熱の出方や、温度の上昇について説明しています。

 

デシカント式とコンプレッサー式か。夏や梅雨に向け除湿機選びに迷っている方はチェックしてくださいね。終わりの方には対策案も掲載しましたので参考になさってください。

 

スポンサーリンク

 

除湿機を使うと部屋が暑くなるのは本当?

除湿機を使うと温度が上がるため部屋が暑くなります。機械本体から「排気熱」がでるからです。どの程度、暑いと感じるかは、除湿機のタイプや利用環境で違いがありますよ。

 

いずれにせよ、除湿機を使うと部屋が暑くなるというのは覚えておきましょう!

 

利用環境としては、

  • 除湿機を使う部屋が狭い
  • すぐそばに除湿機が置いてある

だと、厳しいですね。梅雨時や夏の暑い日だと熱をダイレクトに感じます。温風を感じなくても、そばに除湿機があるだけで暑いと感じます。

 

 

一方で、リビングのような広い空間で利用するなら、気にならない方が多いようです。天井の低いお部屋よりも、高いお部屋の方が空間が広いので、天井の高さも関係してきますね。

 

こういった欠点を解消するために、除湿機からでる熱を屋外に逃がす「排熱ダクト」付きの商品も販売されています。商品の後ろから、蛇腹のホース(?)を接続して屋外に熱を逃がすダクトがついています。

 

 

ちょっとデザイン的にスマートさにかけますが、「除湿器つかうと部屋が暑くなるのが心配」なら、こういった除湿機をチェックしてください。紹介している除湿機はコロナ製です。

 

▼▼

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

冷風・衣類乾燥除湿機 CDM-1417(W) CORONA(コロナ) クールホワイト
価格:36800円(税込、送料無料) (2018/6/5時点)

 

 

我が家は、南西の賃貸の部屋を借りています。しかも最上階なので、夏の暑さは半端ありません。リビングが一番暑いので、絶対にリビングでは除湿機は使わないと決めています。利用する部屋を、 限定するのも一つの手だと思いますよ。

 

除湿機でデシカント式は暑い?

除湿機のタイプで「デシカント式(ゼオライト)」だと、かなり部屋の温度が上がります。「デシカント式」は、中のヒーターや温風をつかって除湿する仕組みですからね。

 

デシカント式除湿乾燥機は、デシカント素子に水分を吸着させて除湿する方式で、ゼオライト(水を吸脱する乾燥剤)と、熱交換器、吸着した水分を放出させるためのヒーターで構成されています。引用:Panasonic デシカント式

ネットで調べましたが、夏にデシカント式を使うと、狭い部屋なら気温が体感で5度くらいは上がる感じがするそうです。

 

デシカント式は主に冬に活躍する除湿機なので、

  • ・冬場の衣類乾燥
  • ・冬場の結露対策

に威力を発揮するタイプなんですよ。冬場なら温風がでて部屋も暖かくなりますからね。

 

もし、夏場で利用するのなら、自分のいる部屋自体の除湿は大きく期待せず、機能は部屋干しの衣類乾燥に限り、かつ別部屋での利用をおすすめします。

 

電気代もデシカントの方が若干高めです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

コンプレッサー式の除湿機は暑い?

除湿機のタイプで「コンプレッサー式」は、デシカント式と比べるとヒーターをつかっていないので、熱の量は少ないです。除湿の方法としてはエアコンのクーラー機能と同じと考えてください。

 

主に除湿機が発する熱は、機械が稼働する熱ですね。それでも、狭い部屋でコンプレッサー式の除湿機を使うと、少し温度が上がるかな?という感覚になりますよ。

 

 

こういった特徴から、コンプレッサー式の除湿機は

  • ・夏場の衣類乾燥
  • ・梅雨・夏の部屋の湿気対策

に向いてる除湿機です(^^♪

 

 

除湿機で部屋が暑くなるのが嫌!なら、デシカント式を避けてコンプレッサー式を。

 

ただし、コンプレッサー式も万能ではありません。冬場の衣類乾燥が下手なんです。これは、除湿するために搭載されている仕組みが違うので、仕方ないです。

 除湿機でハイブリット式は暑い?

デシカント式とコンプレッサー式のいいところ取りをしたハイブリット式というモデルが販売されています(パナソニック製)。

 

通年をとおして利用ができる除湿機ですが、ヒーターを内臓していることにはかわりありません。決して熱がでない、暑くないというわけではありませんのでご注意くださいませ。

 

まとめ

結論としては、「除湿器で部屋が暑くなるのは仕方ない」のですが、利用環境である程度はカバーできます。

 

除湿機の暑さ対策案として

  • ・梅雨と夏の部屋干しの衣類乾燥に比重をおくなら、冬場はエアコンの暖房で部屋干しを乗り切り+夏はコンプレッサー式の除湿機

 

  • ・部屋干し専用の部屋が確保できるならハイブリット式の除湿機

・排熱ダクト付きの除湿機を購入する

が、手堅いかなーと考えます。除湿機の購入を考えてる方は参考になさってくださいね。

 

  • 冬場の部屋の結露に悩みに比重をおくなら、夏場の衣類乾燥はエアコンの除湿とクーラーで乗り切り+冬はデシカント式の除湿機という除湿機の選び方もアリですよ。

 

部屋干し・除湿器に関する記事はこちらにもありますので、是非どうぞ!