この記事は約 5 分で読めます

除湿機は洗濯物に効果はあるの?電気代や乾燥にかかる時間は?

部屋干しでカラっと洗濯ものを乾燥させたい方へ、除湿機の効果について説明をしています。

 

電気代や、乾燥までの時間の情報をまとめました。また、効果的な使い方や種類などの情報もあわせて紹介しています。

 

除湿機の効果が気になる方はチェックしてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

 

除湿機で洗濯物に効果はあるの?

除湿機は、洗濯物への効はあります!ただし除湿機の種類や使い方によって「効果」の大小はありますのでご注意くださいね。

 

除湿機のメイン機能は「部屋の湿気」の調節だったのですが、近年、機能自体が変化してきています。花粉やPM2.5などの影響で、部屋干しのニーズが高くなり、

  • 部屋の湿気をとる
  • 衣類乾燥をする

と、本来の機能に加え「衣類乾燥」に重点をおく商品が多く販売されるようになりました。除湿器に「衣類乾燥」という名前がついているものは特化タイプの除湿機だと考えてくださいね。

 

衣類乾燥除湿機の性能は、各メーカーによって細かい違いはありますが主に以下の通り

  • ・梅雨や冬の乾きにくさを解決する
  • ・できるだけ早く乾かす
  • ・室内干しの乾かしムラをなくす
  • ・タンクの水捨ての手間を少なくする
  • ・デザイン性を重視

などですね。

 

多様なニーズが盛り込りこんであるので、自分が「どんなシチュエーションで除湿機を使うか」をはっきり決めて商品を選んでください。一口に部屋干しといっても、いろいろなニーズあり、さすがに1台ですべてをカバーするのは難しいです。

 

例えば部屋干しのシチュエーションとしては

  • ・花粉が気になるので天気の良い日にも室内干ししたい
  • ・梅雨の雨続きの日だけ部屋干ししたい
  • ・気温の低い冬の日に活用したい
  • ・一人暮らし、共働きで帰宅が遅いので外干しできない(干しっぱなしにしたくない)
  • ・夜のうちに洗濯物を乾かしたい

といろいろ考えられますよね。一番の大きな特徴としては利用するときの「気温」ですね。エアコンの除湿機能もそうなんですが、室内外の気温によって働きが左右されます。

 

 

詳しくはこちら⇒部屋干しエアコン除湿の冷房どちらがベター?時間や電気代は?

 

 

夏場に威力が発揮されるものもあれば、冬場に強い商品もあるわけで、自分の希望とマッチしてるものを選ばないと「除湿器買ったけど効果はイマイチ??」となるかもしれません。自分が、どのシチュエーションで使うのかをしっかりと見極めて商品を選んでくださいね。

 

夏はコンプレッサー方式が強く、冬はデシカント式が強いといわれています。

 

部屋の湿度コントロールの機能だけの除湿機は、洗濯物への効果がないとは言い切れませんが、特化している除湿機と比較すると効果は劣ると思います。

「衣類乾燥」機能を重視するかどうかは、除湿機の性能を選ぶときの目安にしてくださいね。

スポンサーリンク

 

除湿機の洗濯物への電気代

除湿機の電気代の目安です。

 

電気代を抑えたい時に便利おまかせモード

1回あたりの電気代7.6円

 

F-YHRX200において。衣類乾燥・おまかせモード時。2㎏相当・日本電機工業会自主基準において。新電力料金目安単価1 kWh=27円(税込)で計算。

 

参考Panasonic:衣類乾燥除湿機

【動画時間:3分30秒】

 

デカント式とコンプレッサー式のいいところ取りをした「ハイブリット式」という名前で、一年中つかえるタイプ。衣類の量をみわけ、乾いたときに運転をストップする自動調整がついています。ここまでの機能がついて、2kgの洗濯物を乾かすのに、1回あたり7.6円だと考えてください。

 

洗濯物の干す量が多かったり、利用をする部屋が広くなれば、当然乾く時間は遅くなりますから電気代はかかります。その場合は、よりパワーのある衣類乾燥除湿機を利用をしないと、電気代ばっかりがかかってしまうことになりますよ。

 

除湿機の洗濯物の乾燥の時間

除湿機の洗濯物の乾燥時間の目安です。

約60~100分(洗濯物2㎏相当)

 

違いがあるのは、機種による違いです。基本、パワーがある除湿機は早く乾き、パワーが小さい除湿機は時間がかかると考えてください。そして、パワーを使うということは「電気代」もかかる点もきちんとチェックしてくださいね。

 

上位機種になるほど

  • 自動運転切り替え
  • ルーバーの送風

など、付加機能をつけているのは、少しでも省電力化するためだと推測します。実際、電気を使わず、サッと乾かすというのは今現在の技術として両立しないので苦肉の策です。

 

やっぱり、「いざというとき電気代がかかってもいいので、乾いてくれないとこまる!」

というのなら上位機種の方がいいと思いますし、「いやいや、もうイザとなったらコインランドリー持ち込むから、ゆるっと乾いてくれればいいわ~」というのなら、簡易機種でもいいと思います。

 

簡易機種の方が、大きさ・重さも少ないので持ち運びもしやすいので、

  • ・ウォークインクローゼット
  • ・脱衣所
  • ・押入れ
  • ・寝室

など狭いところの湿気を取るのに併用もできます。

 

どうしても、部屋の位置(北側・一階など)によっては、押入れの湿気対策が間に合わないこともありますので、本来の除湿機機能として活躍させるのもアリですよ。

 

押入れの湿気やカビの対策!新聞紙やすのこの効果的な使い方を紹介!

 

 

まとめ

ライフスタイルが変化して、部屋干し率が高くなってきました。除湿機を検討している方は、種類がたくさんあるのでニーズにあったものを選んでくださいね。

 

 

部屋干し・除湿器に関する記事はこちらにもありますので、是非どうぞ!