この記事は約 5 分で読めます

数年前から気になっていたオイルヒーター。エアコンの乾燥が嫌い、という方に、とっても人気の暖房器具です。

 

 

とかく「電気代がすごくかかる」というオイルヒーターのイメージですが、一方で、その快適さから「オイルヒーターをつけっぱなし」にされている方もいます。

 

 

今回は、オイルヒーターをつけっぱなし(長時間連続で利用した時)の火事の危険性と電気代について調べてみましたので、情報をシェアしますね。

スポンサーリンク

 

オイルヒーターは、ずっとつけてて火事にならないの?

 

使用上の注意をまもった使い方をしていれば火事になる可能性はとても低い暖房器具です。

 

 

オイルヒーターの火事が起きにくいのは

 

  • 火を使わない
  • 安全装置が充実してる

 

この2点が他の暖房器具と違うからです。

 

 

 

石油ストーブやガスストーブは、火をつかう暖房器具なので、うっかり消し忘れがあると火事が心配です。

  • ・うっかり室内干しをしていたタオルがかかる。
  • ・カーテンが覆いかぶさる

など、火をつかう暖房器具はアクシデントがおきますから。

 

 

 

 

余談ですが、以前、きいたニュースを少し。と、あるお宅で、夜ストーブを消し忘れてしまったそうです。ペットのワンちゃんが、何かストーブにいたずらしてしまったのか、火事がおき、自宅が全焼になってしまったそうです。ちなみにワンちゃん飼い始めて一日目だったそうです。なんだか悲しい話ですね…

 

 

 

オイルヒーターは、こういったトラブルも起きにくいですし、数時間の消し忘れによる火事は起きにくいのでは?と思います。

 

 

オイルヒーターで火事をおこさないため注意する点

 

 

オイルヒーターのパイオニア的な存在のデロンギの公式サイトでは、「つけっぱなし」で問題ないとありました。デロンギの公式サイト⇒一日中、何日でもつけっぱなしでも大丈夫ですか?※デロンギは、自社の製品にたいして安全性を公言しています。

 

 

 

かといって全く火事が起きないかというとそうでもありません。オイルヒーターならではの特徴から、火事が起きやすい部分があります。それはコンセントです。オイルヒーターは、電源ケーブルやコンセントに対しての取り扱い注意が多い。それだけ、熱を持ちやすい部分がコンセントです。

 

 

 

ちなみに、オイルヒーターの使用上の注意としては

  • ・たこ足配線をしない
  • ・延長コードを利用しない
  • ・二口(フタクチ)コンセントの場合は、片方は利用しない(オイルヒーターの電源供給だけにする)
  • ・コンセントを束ねない(断線防止)
  • ・コンセントを抜くときには根元から抜く
  • ・電源プラグをきっちり差し込み、ホコリがたまらないようにする

 

などなど。電源コードに対して注意する点が沢山あります。連続使用・大量の電気の消費をするオイルヒーターの特徴から考えて、一番危ないのはコンセント。

 

 

 

「オイルヒーターは安全性が高いから大丈夫!」と過信せずに、注意事項をまもって大切に扱ってください。コンセントの取り扱いにも注意してくださいね。

 

【過去記事】⇒コンセントの埃の取り方は?火災を防止するには掃除が必要です。

 

スポンサーリンク


 

連続使用した時のオイルヒーターの電気代は?

 

当たり前ですが、使った分だけ電気代はかかります。

 

 

「部屋にいない時は、こまめに電源を切った方が電気代はかからないんじゃない?」

と考えがちですが、それでは温度は上がりません。

 

 

そもそもオイルヒーターは、連続運転が基本の暖房器具です。そして室内を温めたい温度までもっていくのに、とても時間がかかります。エアコンのように、速攻で温かい風がでてくる仕組みではありません。

 

 

 

部屋の大きさにもよりますが、部屋が温まるのには、おおよそ2時間程度。まだ室内の温度が上がり切らないうちに、「電気代がもったいないから」といって、電源をオフにしてしまうと、折角あたたまりつつあった、お部屋の温度が逆戻りに。

 

 

オイルヒーターの使い方によっては、電気代を抑えることもできます。使い方のコツは別の記事になります。こちらをどうそ。

 

【過去記事】⇒オイルヒーターの使い方のコツ?効果的に節電できる方法を教えます。

 

あまりマメにオンオフをすると電気代ばかりがかかってしまうことだけ覚えておいてくださいね。

 

具体的な電気代はいくらいくらい?

 

メーカーや商品ランクで若干差がありました。比較的お値段が手ごろな機種で二製品を比べました。

 

  • 商品A…1200KW 32円/1時間  室内の温度が安定すると20円/1時間
  • 商品B…1200KW 26円/1時間
  • ※27円/1KWの計算(2017年9月現在)

 

寒い地方では、温度が上がるまでに時間がかかりますし、木造建築ではなかなか温度が上がりにくいです。オイルヒーターも頑張って、設定温度まで温度を上げようとするので、その分電気代がかかります

 

 

上位機種だと、最初の商品のお値段は高いですが、パワーがあるので、電気代は下位機種と比較してお安くすむのではないかと推測できます。

 

 

連続装用が基本の暖房器具なので、商品選びの段階で自分が購入をしようとしてる商品の電気代の目安をチェックしてくださいね。大型家電量販店では、消費電力の目安としてお値段の近くに、比較情報として書いてあることが多いですよ。

 

 

いずれにせよ、

  • ・木造建築で利用する
  • ・長時間利用しない

という使い方だと、電力目安よりも電気代がかかるかもしれない事だけご承知おきを。

 

 

スポンサーリンク


 

まとめ

 

オイルヒーターは、優しい温かさが魅力的ですが

  • コンセント火災
  • 電気代

がネックになる暖房器具です。

 

 

それを差し引きしても、

  • ・つけっぱなしでも安心
  • ・空気が乾燥しない
  • ・穏やかな温かさ

が魅力的。高齢者や小さなお子さんなど、長く部屋ですごす方にはぴったりの暖房器具です。賢くつかって、厳しい冬の寒さを乗り切ってくださいね。

 

 

 

サーモスタッド以外で、効率よくオイルヒーターでお部屋をあたためる方法は。こちらの記事で紹介しています。

 

【過去記事】⇒オイルヒーターの置き場所は?サーキュレータで効率よく暖めます。

 

 

 

  • 冬に活躍する暖房器具に関する記事はこちらです(^^