この記事は約 3 分で読めます

チェッコリ玉入れとは?ルールや歌詞 振り付けなど調べてみた

チェッコリ玉入れについての情報です。玉入れが進化し、玉入れに踊りや歌を加えた競技に発展しました。そのうちの1つ「チェッコリ玉入れ」について、ルールや歌詞について紹介しています。CD音源の情報も掲載してますので、興味がある方は是非どうぞ!

スポンサーリンク

 

 チェッコリ玉入れとは?ルールについて

通常の玉入れと、チェッコリダンスを組み合わせた競技です。

 

チェッコリ玉入れのルールや流れは以下の通りです。

  1. 真ん中に玉入れの籠を中心にして子供たちが円になります。
  2. 「チェッ チェッ コリ」の曲が流れると同時に、子供たちが曲に合わせて踊ります。
  3. 踊りが一通り終わると、子供たちは玉入れを再度競技を始めます。(その間、「チェッ チェッ コリ」の曲は流れ続けます)
  4. 再び歌詞の部分に差し掛かると、子供たちは籠を中心に円になり、チェッコリダンスを始めます。

 

チェッコリ玉入れとは?振り付けについて

 

【動画再生時間 2:30】振付は以下の動画を参照ください。どこかでみたことあるなつかしいダンスですね!

 

これの繰り返し。チェッコリダンスを踊る子供たちが、すごく可愛い。玉入れを見ている観客も楽しめます。

 

チェッコリダンスをするため、すばやく白い円に戻る子と、最後まで玉入れに粘る子と性格の違いも出てますね。子どもたちを観ていると面白いです。

 

 
スポンサーリンク
 

 

チェッコリ玉入れとは?歌詞について

チェッコリ玉入れに使われている曲は、もともとはアフリカのガーナの曲です。チョコレートのカカオで有名な国ですね。ガーナで子どもたちの間で、親しまれている曲ですが、歌詞には意味がないようです。

 

意味はなくても、あのフレーズは耳にのこり、どこか自分も口ずさみなりますよね。私は小さいころ、適当に口真似してうたっていました。

 

こちらが日本語訳の歌詞です。

  • チェッチェッコリ チェッコリサ
  • リサンサマンガン
  • サンサマンガン
  • ホンマンチェッチェッ

私は、リサンサマンガンをニ酸化マンガンだと思ってましたが(笑)それは替え歌のようですよ。

 

 

チェッコリ玉れとは?音源について

パパもママも、おじいさんもおばあさんも耳にしたことがある曲なので、観客も楽しめますねー。音源はこちら。

 

▼▼


音源CDです。こちらに収録されてます⇒ヒットヒットマーチ2014

 

 

ダンスが簡単で、保育園児や低学年でも覚えられるので、チェッコリ玉入れは、今後も競技と定着するかもしれませんね!

 

ダンシング玉入れって?

「チェッコリ玉入れ」が進化した「ダンシング玉入れ」があります。

 

 

こちらは感じですね。踊りが複雑になってくるので、小学校高学年以上か大人の競技で使われることが多いです。どちらかというと踊りがメイン?な雰囲気です。

 

ダンシング玉入れの曲としてセレクトされていたのは

  • ・マル・マル・モリ・モリ!(まるもりダンス)
  • ・つけまつける(きゃりーぱみゅぱみゅ)
  • ・恋するフォーチュンクッキー(AKB48)

が多いです。「チェッコリ玉入れと」比べると、踊りが難しそうです(;^_^A

 

父兄の出し物としては盛り上がりますよ1運動会の競技の一つとして、今後もチェッコリ玉入れやダンシング玉入れが、どのように進化してくかも楽しみですね。

  • こちらの記事も読まれています

⇒『玉入れのコツ!大人は基本を押さえて戦略的に戦う!