この記事は約 3 分で読めます

  • 投稿 2017/10/08
  • その他
玉入れのコツ!大人は基本を押さえて戦略的に戦う!

誰もが、運動会の競技で一度は経験してる玉入れ。

 

でも、ねらって籠に玉をいれた記憶ってありますか?残念ながら、私はありません。

 

手あたり次第、笛がなるまで、やみくもに投げて続けて終了を迎えてました。私が投げた玉は、入るよりも、籠を飛び越していった数の方が多いはずです。

 

 

でも玉入れって、やり方さえ押さえれば、玉が籠にはいる確率ってグッと上がるんですよ。

 

 

今回は、玉入れのコツについてまとめました。大人が玉入れをする時は、基本を抑えて戦略的に戦いましょう。きっと運動会が盛り上がりますよ。

 

玉入れのコツってなに?

玉入れは、決められた時間に、どちらが多く籠の中に玉をいれたかを競うゲームです。

 

 

玉入れの玉がなかなか入らない原因・負けてしまう敗因としては

  • ・玉を拾うのに時間がかかる
  • ・投げた玉が籠を超えてしまう

の2点があげられます。

 

この2点を克服すれば相手チームに断然差がつきます。対策をとって、子ども頃には気がつかなかった玉入れのネックをつぶしていきましょう!

 

敗因①の対策(玉を拾うのに時間がかかる)

 

連携プレーで玉拾いの時間を短縮します。

 

参加者が3人一組になって、それぞれの役割を決めます。

  • 1.玉を籠に投げる人
  • 2.投げる人の足元に玉を用意する人
  • 3.遠くから玉を寄せる人

3の人が寄せた玉を、2の人が投げやすいように準備して、1の人が籠に投げる。

 

1の玉を投げる人は、背の高い人ジャンプに自信がある人が向いてますね。バスケット経験者の方ならコツがつかみやすのかな、とおもいますよ。

 

 

敗因②の対策(投げた玉が籠を超えてしまう)

 

次は玉を入れる確率をあげる作戦です。

 

1.玉が入りやすいポジションをキープする

玉入れの籠の図です。籠を中心に赤い円がありますよね。籠から約1メートル位です。この円付近が玉を投げる人のポジションです。ここを基準に考えてください。

 

 

 

この1メートル付近に足元に玉を用意する人が陣取ります。こぼれ球を円にむかって寄せる人は、この円より外に陣取ります。

 

籠から近すぎても遠すぎても、玉が入れにくいので1メートルを目安に三人のポジションを考えてください。

 

 

2.投げる時の玉の持ち方を工夫する

玉を投げる人は、両手で玉を投げましょう。ちょうど「いただきます」をするときの両手を合わせた形の間に玉を二ついれてください。

ちょうど、チューリップの花のふくらみのような形になるはずです。

 

 

 

 

腕の力があり、手が大きい人は玉が4つでもOKです。俵積みしてくださいね。

 

ただし、欲張って沢山も持とうとすると、玉の大きさに腕が耐えられなくなってしまいます。それなら2個づつ投げていれた方が確実です。

 

3.玉の投げ方を工夫する

 

玉を投げる人は、籠から1メートル辺りにポジションをキープしたら、肩幅に足を開きましょう。ジャンプしやすく、着地がしやすいからです。

 

ジャンプの到達点になったら、腕の力で玉を押し上げ籠の中に「おいてくる」という感覚で玉をいれてください。ジャンプと同時に玉を放り投げると、玉が噴水の水のように、アチコチに飛んでいってしまいます。確率を高めるには、籠に投げ入れるというよりも「おいてくる」感覚です。

 

 

スポンサーリンク




まとめ

役割は何回で交代してもいいですし、掛け声をかけながらだとタイミングもあってきます。

 

 

大人は運動会の練習をする機会も少ないと思いますので、事前に参加者同志で打ち合わせをして戦略的に玉入れに取り組んでみてくださいね。

 

 

 

  • こちらの記事も読まれています