この記事は約 4 分で読めます

厄払いは大安や仏滅を気にした方がいい?お祓いにいい時間があるの?

厄払いを個人でもう申し込む場合、「いつ厄払い(ご祈祷)をしていただくか」を迷いますよね。

 

 

  • 避けた方がいい日や時間があるか、大安や仏滅など、気になる事が多いです。できれば縁起よくお祓いしたいですものね。仏滅に厄払いしてもよいか戸惑いもあります。

 

 

そこで今回は、厄払いについて「大安や仏滅など六曜を気にした方がいいか」「避けた方が良い時間があるか」調べましたので、情報をシェアしますね。

 

 

スポンサーリンク

 

厄払いは大安にした方がいい?

大安・仏滅などを「六曜」といいます。何かにつけ、六曜を気にする風習が日本にはあります。お祓いも「できれば大安が望ましい」とされてます。

 

 

特に、縁起を担ぎ「大安」に出向く方が多いのは

  • ・安産祈願
  • ・合格祈願
  • ・初宮参り

 

 

厄年の厄払いは?というと「そこまで気にしなくてもいいのでは?」というのは個人的な意見。

 

 

その理由としては

  • あくまで「大安が望ましい」というレベル
  • 正月から節分までで、かつ大安の日となるとスケジュールが合わない
  • 皆が大安に神社にくるから込む

という3点です。

 

 

実際、我が家が厄払いにいったのが「大安」でして、厄払いで集団祈祷を申し込んだときに、すごく込んでいました。地元では有名な神社で何しろ人数が多い。ご祈祷受付所も、すごい人数ならんでますし、待っている間も待合室にはいれない。寒いし、正直「しまったな~」と思いました。

 

 

 

特に、大安の日は、安産祈願・初宮参りの方が多かったです。まぁ、そりゃそうですよね。私でもそうしますもん。厄払いは何度もいってますが、大安以外の日だと「サクッ」と終わりました。

 

 

でも、やっぱり大安に厄払いがしたいという方は

  • 「でも、やっぱり折角厄払いをするのなら大安にしたい!」
  • 「できるだけ、縁起のいい日・時間ににお祓いしたい!」

 

 

という方にオススメ厄払い日(土日)をまとめました。タイミングとしては「年始から節分までの間に厄払いを行う」のがベスト。スケージュールも事前に合わせやすいかと思います。

 

「全然きにしない」「めんどうだからいかない」という人もいますが、自分が後々、トラブルに見舞われたときに「あ~厄払いのご祈祷うけとけばよかった・・・」と後悔するのなら、受けてうけておいた方がいいですよ。

 

 

  • 1番おすすめなのが大安。
  • 逆に、アウトなのが仏滅・友引、赤口。
  • 時間帯によってはOKなのが先勝・先負。

※赤口は「正午付近」という時間がピンポイントなのでアウトにしました。

 

正月から節分までの2018年の六曜は以下の通りです。厄払のオススメ度合いは〇×で示してます。

 

2018年 正月 三が日の六曜

 

正月三が日
  • 1/1
  • AM〇
  • 先勝
  • 1/2
  • ×
  • 友引
  • 1/3
  • PM〇
  • 先負

 

2018年 1月の六曜

 

 

月・週
1月

1週目

  • 1/6
  • ×

赤口

  • 1/7
  • AM〇
  • 先勝
  • 1月
  • 2週目
  • 1/13
  • AM〇
  • 先勝
  • 1/14
  • ×
  • 友引
  • 1月
  • 3週目
  • 1/20
  • PM〇
  • 先負
1/21

  • ×
  • 仏滅
  • 1月
  • 4週目
  • 1/27
  • ×
  • 仏滅
1/28

  • 大安

 

 

2018年 節分の六曜

 

節分
  • 2/3
  • 大安

 

 

こうやってみてみると、大安にこだわるのなら1/28 OR 2/3しかないということになります。込み合うのも納得ですね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

厄払いのご祈祷は「大安に受けるのが望ましい」です。

 

おすすめは

2018年は1/28(日)大安 もしくは 2/3(土)大安です。

 

六曜や縁起が気になる方は、激コミを承知でお祓いがんばってきてください!

 

もし節分すぎてタイミングを逃してしまったら?

 

 

タイミングを逃してしまっても大丈夫!いつでも「厄払はOK」です。

 

 

個人で厄払いを申し込む場合は、神社も臨機応変に受け付けてくれますよ!事前に、厄払いをうけたい神社に電話で確認してくださいね。

 

私は、駆け込みお祓いしてもらった経験がありますよ。

 

 

誰に聞いたらいいかわからないような、昔からの風習について調べた記事はこちらにあります。よろしければこちらからどうぞ(^^♪