この記事は約 4 分で読めます

脇汗で悩む女性の対策。汗染みが目立たない服やインナーおすすめ紹介

脇汗は女性にとって天敵!夏になると服が薄手になるので、汗じみが見えてしまって恥ずかしいですよね。

 

脇汗対策をしても、いまいち効き目がなくて、汗じみを隠すように脇があげられない人も多くいます。つり革を握るのにも一苦労、なんて切実な悩みも。

 

 

そこで今回は、女性の脇汗対策について情報をあつめました。夏のお洋服の着こなしや選び方から、インナーのおすすめ情報まで紹介しています。

 

汗になやんでいる方はチェックしてくださいね!

スポンサーリンク

 

脇汗で悩む女性ができる対策は?

女性向けの脇汗対策でメジャーなものはいくつかあります。

  • 制汗スプレーをつける
  • 制汗効果のあるクリームをつける
  • 手術(多汗症)をする
  • 服装に工夫

どれも、メリット・デメリットがありますね。

 

制汗スプレーは、ドラッグストアなどで手軽に買えるのがメリット。でも、「消臭」メインの製品が多いため、汗じみ自体はなくせません。

 

制汗効果のあるクリームは、スプレータイプよりも汗が抑えられると評判です。一方で、効果がある商品ほど、「肌荒れ」の口コミも。「皮膚がヒリヒリする」「痛くなる」といった声もみかけるので、商品選びが難しい対策です。

 

また、こういった市販の制汗グッズは、お洋服の汚れになるのもデメリット。特に黒い服をきたときいは、制汗剤がついてしまって痛みの原因になります。

 

一番、汗を抑える効果が高いのが手術(多汗症)です。

 

多汗症手術ですが、正直なところ、

  • 金額が高額
  • 手術が怖い

と抵抗がある人もいますよね。脇を切開するわけですから、怖くないといったらウソになります。私も実際そうです。

 

市販のアイテムがばっちり体質に合えば、ピンポイントで悩みも解決しますが、商品選びが難しいのが難点。

 

そして、手術は効果が高いけれども、金額と身体にメスをいれるのに抵抗があるのが難点ですね。

 

 

だれでも、手軽で、すぐできる対策は「服選び」です。「汗をなくす体質にする」「汗をかかないようにする」のではなく、汗をかきにくくしたり、乾きやすくしたりして、脇汗を目立たなくしましょう。

 

市販のグッズでの脇汗対策と併用できますよ!

 

脇汗の対策での服選びのポイントは?

 

 

脇汗対策の服選びの重要なポイントはこの3つ。

  • 脇汗が目立つ色をさける
  • 脇汗が目立ちにくい柄を選ぶ
  • 汗をかきにくい形を選ぶ

 

 

汗をかいたときに目立つ色と、目立ちにくい色があります。

  • ・ベージュ・ライトグレーなどの明るい色は目立つ
    • ・黒・紺などのダーク系の色は目立たない

暑苦しくても、ダーク系の色のほうが目立ちません。白は微妙なラインです。というのは、汗自体は目立たないのですが、汚れが目立つ色なので黄ばみや、中のインナーがすけてしまうのが、ちょっとネック。インナーで脇汗対策とあわせたい方は、薄手の「白」は向きません。

 

 

また、柄としては、「小さい柄・細かい柄」のほうが脇汗は目立ちにくいです。例えば「黒白のギンガムチェック」「ペイズリー」「細かいドット」などですね!

 

  • 汗をかきにくい服の形は、
  • ・袖口にゆとりがある
    • ・身体にフィットしすぎない

服と身体の間に空間をつくり、汗をかいてもすぐ乾くようにします。また、ほかの脇汗対策との両立もしやすいですね。また素材ですが「アウトドア用」「用品」などにも出回っている、すぐ乾く素材も脇汗対策に有効です!

 

汗自体を、かきにくくするお洋服選びを工夫してみてくださいね。

 

 

 

スポンサーリンク

脇汗の対策でのインナーのおすすめ

女性の汗脇の対策で即効性があるのが「インナー」です。パットつきのインナーに汗を吸わせて、匂いや染みをつくらないようにします。

 

汗脇対策でのインナー選びのポイントは

  • ・脇汗専用のインナーを選ぶこと
  • ・肌に密着するもを選ぶこと
  • ・インナーの色に注意すること

 

タンクトップにパットがついているものもありますが、お洋服によっては透けてしまうこともあります。専用インナーなら、すけても自然な形なので、さほど不自然ではありません。

 

このあたりは、先ほどの洋服選びとの兼ね合いになりますね!どうしても「ダブダブファッションが嫌!」「夏だから明るい色がきたい」という方はインナーで調整するのもありだと思います。

 

具体的に「汗脇の専用インナー」というのはこういう商品です。

 

▼▼

 

 

下着とパットのつなぎが自然になっています。個人的には、すけにくいベージュが使いまわせると思います。密着させるので、肌に触れる部分が優しい素材でつくってあります。

 

 

黒もありますよ!その場合は、上にきる服は透けにくい色にしてくださいね!

まとめ

 

女性の脇汗の対策はメリットデメリットがあります。

 

市販の制汗グッズ

  • ・制汗スプレー
  • ・制汗クリーム

は、手軽な反面、自分にあった商品を見つけるのが、ちょっと大変。

 

誰でも効果があり、手軽にできるのが「洋服・インナー」選びです。即効性があり、脇汗の対策とも両立もできる対策ですよ!

 

 

夏の悩みの関連記事です。