この記事は約 4 分で読めます

カーテンの色は男性ならどれがいい?ワンルーム家具や床との合わせ方

ワンルームのお部屋だとカーテン選びに迷いますよね。カーテンが部屋の大部分をしめるので、イメージが大きく左右されます。

 

床や家具とのバランスも考えたいところです。でも、かっこいい部屋にしたいけど、インテリアに自信がないな、という男性も多いはず。

 

そこで、今回は、男性向けにカーテンの色の選び方をまとめました。家具や床との色の合わせ方も併せて紹介していますので、インテリアに自信がないな、という方はチェックしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

カーテンの色を男性が選ぶときの注意点

 

男性がカーテンの色を選ぶとき、ダークカラーにこだわりすぎないのがポイント!

 

男性の場合、

  • シックに
  • 男らしい
というお部屋のイメージがあって、

 

 

  • ・黒
  • ・茶色
  • ・グレー(濃い)

といったダークカラーをメインにすえたカーテンの色をセレクト方がいます。

 

 

 

インテリア的には決まってるとは思いますが、ワンルームだと部屋全体が狭く感じるデメリットも。ダークな配色だと、無意識に圧迫感を感じるからです。ビシィーっと決めたい一方で、居心地が悪いとなっては、ちょっと本末転倒ですね。

 

 

どうしても、インテリア的にシャープに決めたい方は、

  • 柄のパターン(密 OR 大き目)
  • 色の配分

など柄選びで工夫をしてみてください。柄が小さ目の方が圧迫感が少ないです。また柄の場合は、色の配分で調整してもいいかもしれませんね。

 

 

カーテンの色は?ワンルームの場合

 

一人暮らしのお部屋だと、ワンルーム/1Kが多いですよね。そうなると、お部屋の広い面積をしめるカーテンは部屋全体の印象を左右します。

 

家具や床の色とそろえるとお部屋を広く感じますよ。

 

 

 

ですが、ここで問題点がでてきます。

  • 床や壁が白の場合、カーテンも白がいいの?
  • 床が茶色だった場合、カーテンは茶色にするの?

 

確かに、「カーテンの色と壁は同色がよい」と聞きますが、かといって、白い壁に白いカーテンだと汚れが目立ちます。ですので、少しでもワンルームの部屋を広く感じさせたいインテリアにしたいのなら、「白」と似た色にしましょう。

 

例えば

  • ・アイボリー
    • ・ライトグレー

といった、淡い色のカーテンです。

 

また淡い色のカーテンだと汚れが気になる場合は柄でもOK!いちばんたくさん使われている柄の面積が壁の色と近いカーテンをえらんでくださいね。

 

床が「茶色」の場合は、茶色だと圧迫感があるためワンルームのカーテンには向きません。2LDKなどの間取りで、寝室とリビングが別になっているお部屋を借りた場合は、寝室向きの色ですね。茶色は「落着き」を与えるため、心理的に安定します。

 

でも、ワンルームだと話は別です。活動する場でもあるので、床が茶色であっても、全面茶色のカーテンは避けたほうがいいですよ。

スポンサーリンク

 

カーテンの色の合わせ方の基本

 

ワンルームカーテンでのカーテン選びで重要なのは「広く感じる」色を選ぶこと!でも、

 

もうちょっとおしゃれな部屋を目指すなら

  • カーテンと、シーツやラグ(絨毯・カーペット)などの色をそろえる

とぐっと、統一感がでますよ。

 

お部屋においてあるモノの中で、面積が大きい「布製」のものとカーテンの色を共通にするのです。

 

一番、わかりやすいのが掛け布団のシーツですが、座布団カバーとかでもいいですね。もし色合わせが苦手なら、ある程度「似た色」でも大丈夫ですよ。

 

カーテンの色を、柄を選ぶのなら、柄に使われている1色を選んで、

  • ・座布団カバー
    • ・クッションカバー

を選んでいくという方法もありです。

 

布製の小物と統一する理由としては

  • ・面積が広い
  • ・後で部屋の模様替えをしようとしたときに交換が簡単

 

だからです。ですので、ちょっとインテリアに自信がないな、と思っても大丈夫!折角の一人暮らしなのですから、自由に自分の居心地がよいと感じるインテリアを選んでいきましょう!

 

 

まとめ

 

男性のワンルームの部屋のカーテン選びのポイントは「シック」を目指して、暗すぎる色を選ばないこと。

 

ワンルームなので、部屋が狭く圧迫感を感じます。心理的に居心地の悪い部屋になってしまいます。

 

床や壁と色をそろえるとお部屋を広く感じます。そして、布製のシーツなど色と色調や色を合わせれば統一感のあるお部屋になりますよ。

 

ワンルームは、すべてを一つに部屋で過ごします。少しでも自分の居心地のよい空間にするために、カーテンの色は慎重に選んでくださいね!