この記事は約 4 分で読めます

1人暮らしベッド布団どっちが良い?メリットデメリット比較はコチラ

一人暮らしだとどうしても部屋のスペースに限界がありますよね。一番大きな面積を占めるのが寝る場所です。

 

そうなると「布団の方がひょっとしてメリットが大きいのかな?」と思ったりします。

 

 

ただ、実際は布団のがスペースを上手に使えるとはいってもベッド派の人も大勢います。皆、決め手はなんだったのか。

 

 

そこで今回は、一人暮らしなら布団とベッドどっちが便利か、メリットデメリットをまとめました。

 

一人暮らしで布団にするか、ベッドにするか悩んでいる人は是非参考になさってくださいね。

スポンサーリンク

布団とベッド それぞれのメリット

布団とベッドそれぞれメリットがあります。まずは、メリットを押さえておきましょう!

 

布団のメリットはこちら!

  • 寝具としてのトータル値段が安い
  • 畳めば部屋を広く使える
  • ベッドのように落ちる心配ない
  • 持ち運びが楽

メリットの大きな点は「値段」と「スペース」ですね!部屋を広く使いたいなら、断然布団です。

 

一方、ベッドのメリットはこちら。

      • 眠くなったらすぐ眠れる
      • たたまなくてもいいので手間がない
      • 起き上がりが楽
      • 床から距離があるので、布団と比べ埃を吸いにくい
      • 床からの冷気が伝わりにくい

手間を省きたいのなら断然ベッド。布団の上げ下ろしは地味に面倒です。まめにできないのなら、最初から「ベッド」にしておく方が無難ですよ。

 

 

1人暮らしベッド布団どっちがおすすめ?

気になるのは、一人暮らしなら布団かベット「どっちが便利」かですよね。結局、便利かどうかは、「住まい」や「体質」「生活習慣」によって違ってきますよ。

 

 

ワンルームで6畳以下なら布団がおすすめ

まず、一人暮らしならほとんどの人は「ワンルーム」だと思います。ワンルームだとスペースに限界があるので、スペース重視なら断然 布団が便利!もしワンルームで6畳未満ならベッドをあきらめ、是非布団を。無理にベットを入れると生活のスペースがとれません。

 

逆に、6畳より広ければベッドでも大丈夫。ワンルームの窓をベッドで塞いでしまって、ベランダに出入りできないなんてこともありますが、結構皆さん一生懸命レイアウトを工夫しています。

 

参考までに!

⇒『ベッドでベランダを塞ぐのは?ワンルームの配置で迷った時の解決策』

 

 

ワンルームが1階・北の部屋ならベッドがおすすめ

部屋は間取りや階などによって「湿気」や「日当たり」に差があります。「1階」「北向き」「あまり部屋におらず換気ができない」のなら、部屋に湿気がこもりやすいですよ。

 

 

借りる予定の賃貸は、湿気がこもりやすい部屋ですか?湿気がこもりやすい間取りや階なら、断然ベットがおすすめです。布団だとトラブルになりやすいですよ。

 

 

一人暮らしの布団トラブルでありがちなのは、

 

  • ・「上げ下ろしが面倒でしきっぱなし」
  • ・「フローリングにそのまま布団を敷くつもり」

 

で結露しちゃってカビが生えちゃうパターン。

 

 

布団は、毎日たたんだり・干したりとある程度のメンテナンスが必要。メンテナンスに手を抜くと、トラブルが起きやすいです。布団が、湿気をすっちゃうからです (´ε`;)ウーン…

 

布団を買い替えることになったり、床などカビが生えてしまうと退去の時に修復の費用がかかってしまうので、面倒くさがりの方はベッドの方がおすすめです。

 

 

ベッドでも置く場所によってマットレスにカビが生えるので要注意!ある程度は注意しておいてくださいね。日常の生活習慣をちょっと気をつければ湿気対策にもなります。

 

 

具体的な対策に興味のある方はこちらをどうぞ。

 

⇒『ベッドが窓際だと結露する?湿気やカビの対策は?

 

 
スポンサーリンク
 

腰痛やアレルギーなどの体質ならベッドがおすすめ

スポーツをやっていたり、あとは座敷のバイトをしていたりすると若くても腰痛持ちの人って多いです。布団だと地味に腰が痛みますよ。特に、起き上がったりするときに腰に負担がかかるのでベッドがおすすめ。

 

また、アレルギーなどの体質の方もベッドがおすすめです。どうしても床に近いほどホコリがたまりますからね。今、実家でベットで過ごしているのなら無理に布団にしてしまうと悪化してしまうかも。

 

もし布団にするなら、まめに掃除をしたり、ホコリをとるなど取り扱いを注意してくださいね。

 

ベッドから落ちるなど寝相が悪い人は布団の方がおすすめ

寝相が悪い人は逆に布団がおすすめ。寝相が悪くなくても、体が大きい男の人も布団の方がいいかもです。

 

 

身体が大きい人がシングルベッドを使うと、

  • ・無意識にベッドから落ちないように気を遣っていてリラックスできない
  • ・寝ているうちに落ちてしまう

 

などあります。身体のサイズとベッドがアンマッチなんですよね。それなら、いっそのこと布団の方がのびのび寝られます。

 

我が家の夫は、175㎝ですが、やっぱりシングルベッドだと苦しそうです。無理に狭いところなら、布団の方が大の字で眠れると言っていました(^^)/

 

★関連記事⇒『一人暮らしの飲み物の節約 コスパが良いおすすめは?』

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

個人的には、アレルギーなど健康に問題がある人はベッド、あとはお部屋の広さを考えて選ぶといいかなーと思います。

 

ベットと布団を比較すると、確かに布団の方がコストは安いですが、

  • ・アレルギーになったり
  • ・腰痛になったり
  • ・ベッドから落っこちたり

したら、デメリットの方が多いと思います。

 

どちらもメリットデメリットありますので、ご自分の状況にあった選択をしてくださいね!