この記事は約 5 分で読めます

一人暮らしの飲み物の節約 コスパがよいおすすめは?

一人暮らしで飲み物を節約したいと考えいる方への情報です。コスパがよいおすすめを紹介しています。

 

一人暮らしだからこそ、少しの手間をかければ、グッと飲み物代を減らせます。節約を考えている方は是非チェックしてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

一人暮らしの飲み物の節約

 

一人暮らしの方が、一番簡単にできる飲み物の節約方法はこちらでした。

  • 水道水を沸騰させて飲む

 

そのまま自然に冷めるのをまって、容器にいれて冷蔵庫にいれるか、夏場だったら「流水で冷やして」冷蔵庫にいれればOK。これなら男の一人暮らしでもできそうですね!

 

 

ただし、ミネラルウォーターのように何日も日持ちしませんので、せいぜい2~3日で飲み切ってください。

 

水道水は加熱させると危険?

水道水を沸騰させると危険という情報がネットで出回っています。水道水を短時間だけ沸騰させると「トリハロメタン」という物質ができ、癌になる可能性がある、という情報です。

 

三重県のホームページの記載を一部抜粋します。

トリハロメタンは、 水道水中に存在する有機物と塩素剤が反応してできる物質で、 発がん性が疑われるもので、水質基準に定められている物質です。水質基準は、 生涯にわたって連続的に摂取しても人の健康に影響が生じないレベル を基に安全性を考慮して決められています。浄水場では、水質基準を超えないように対策がとられているため、 水道水中に含まれるトリハロメタンを摂取したとしても健康上問題はありません。

引用 三重県HP:5.知っておくと便利な水道まめ知識(解説編)

お住まいの地域の浄水場によって対策自体は異なるとは思いますが、一応安全対策はされているのでは?と推測します

 

 

ちなみに、トリハロメタンは5分程度沸騰させると値が上昇するようです。気にしていると、鍋にいれて作るインスタントラーメンでさえ、水道水が使えません。

 

 

トリハロメタンを除去する方法

それでも「水道水って身体に悪いのではないの?」という方はこちらの方法をどうぞ。

沸とうさせると、 トリハロメタンは気化して水中から除去することができます。
このときに10分以上沸とうを続けてください。トリハロメタンは、沸とうして5分程すると一時的に水中濃度上昇しますが、さらに沸とうを続けると蒸発するため、除去することが可能です。5分程度で沸とうを止めてしまうと、逆にトリハロメタンが増加してしまうので注意が必要です。電気ポットでは、沸とう操作を数回繰り返すことで除去することができます。

引用 三重県HP:5.知っておくと便利な水道まめ知識(解説編)

 

ネットを調べてみると、沸騰するときに蓋をしない方がより「トリハロメタン」を除去できるという情報もありました。気になる方は試してみてください。

 

 

 
スポンサーリンク
 

一人暮らしの飲み物 コスパがよいおすすめは?

水道水はちょっとなーという方は

  • お茶を煮出す
  • ミネラルウォーターをもらってくる

という節約方法がありますよ。

 

一人暮らし お茶の作り方

沸騰させたヤカンの中に「お茶のパック」をポトリと落とすだけ。

 

 

お茶は

  • ・茶葉で買ってくる
  • ・パックを買ってくる

のどちらでもOK。色々な種類がスーパーに売っていますよ。

 

茶葉なら、100円均一などでお茶パックを買ってきて。茶葉をパックに移します。ちょっと面倒ですが、おいしいお茶を飲みたいなら一手間を。

 

いずれにせよ、買ってきたお茶の「おいしい飲み方」「入れ方」の取り扱い説明書通りにしてください。薄すぎてもまずいし、濃すぎても飲みにくいです。

 

私はあまり気にしないので、あまり煮出さず(沸騰したお湯でぐつぐつお茶パックを煮ること)、熱湯の中にいれて終わりにします。別に薄くても気になりません。手間を省くのが優先なんで(^_^;

 

お茶をいれる入れ物でも大分手間がちがいますよー。毎日のことなので。

 

手間をコスパを極力省いた、お茶の節約の方法が知りたい方はこちらをどうぞ。

 

一人暮らしでお茶を節約する方法 簡単でコスパ抜群なのはコレ

 

一人暮らしの飲み物 ミネラルウォーターをもらってくる

ショッピングセンターの無料サービスとしてミネラルウォーターを配っているところがあります。チェックしてみてください。

 

サービスを活用して、週末まとめて取りに行くのもアリですね。

 

欲張って沢山もらってくると飲み切れなくなります。冷蔵庫にいれておくといっても限度があります。もらってくるお水の量は適量にしておきましょう。

 

一人暮らしの飲み物の節約 おすすめは?

やっぱり飲み物の節約として大幅にカットできるのは、出先での飲み物代の節約です。

  • 水筒にいれて持ち歩く

と、缶コーヒーやペットボトルを買う回数が減りますよー。

 

ちょっと喉が渇いた時に手元に水筒があるだけで違います。私も水筒を持ち歩くようになり、大分ジュース代が節約できました。

 

 

水筒のサイズは

  • ・500ml
  • ・350ml

がおすすめです。大きいと、持ち歩くのに重くなってしまい、結局は使わなくなってしまいます。水筒の口が広く、掃除がしやすいそうなものを選んでくださいね。

 

中に入れる飲み物は、先ほど紹介した、お茶でもよし。ミネラルウォーターでもよし。ただし、コーヒーやお茶などは水筒に臭いうつりをするので、専用の水筒を用意するといいですよ。

 

水筒は、プライベートブランドのなら数百円から千円程度で買えます。複数、水筒をかってもトータルで考えると、すぐに元がとれますね(^^)/

 

まとめ

一人暮らしの飲み物の節約方法は「極力自宅で作る」です。一見面倒ですが、ペットボトルの方が私からすると面倒です。潰してゴミに出さないといけないですからね。

 

 

我が家は最初、ペットボトルのお茶を買っていましたが

  • ・買ってくるときにペットボトルのお茶が重い
  • ・つぶして捨てるのが手間

 

という理由で「お茶を自宅で作る」方法に変えました。出先でペットボトルを買うのも同様です。持ち帰ってゴミになるのが嫌なので、極力買いません。

 

 

「お茶を作るのが面倒だな」「沸騰させるのが面倒」と感じる方は、一度、ゴミ出しの手間を考えてみてくださいね。お茶やコーヒーなど、の飲み物を自宅で作れば節約もかねていますし、手間も省けますよ。

 

 

★関連記事★