この記事は約 8 分で読めます

一人暮らしで冷蔵庫サイズや機能はどう選ぶ?失敗しない選び方はコレ!

一人暮らしに備えて準備する白物家電で絶対に外せないのが「冷蔵庫」ですね。

 

 

「冷蔵庫って冷やすだけだから」「めんどくさいから自炊しないし」という理由で、適当に選ぶと痛い目にあう家電が冷蔵庫なんですよ。当然、ファミリー用の充実した機能は不要ですが、押さえておくべきポイントがあります。

 

 

今回は、一人暮らしで使う冷蔵庫のサイズや機能などの情報を、一人暮らしならではの目線で紹介します。冷蔵庫はに活用すれば節約につながる家電なので、上手に選びましょう!

 

 

スポンサーリンク

 

一人暮らしの冷蔵庫に必要なサイズは?

冷蔵庫のサイズには、2つの意味があって、

  • 冷蔵庫にどれくらいはいるかを示す容量
  • 冷蔵庫本体の大きさ(幅x高さx奥行き)

 

のどちらも指します。容量・大きさとも冷蔵庫選びでは重要な項目です。購入する場合はきっちりわけて考えていきましょう。

 

一人暮らしの冷蔵庫に必要な容量は?

一人暮らしの冷蔵庫の容量は

  • 自炊をするかしないかで大きくかわります。

 

もし自炊をするのであれば、120L~168L程度を選んでおくと手堅いです。

 

 

自炊をする場合、冷蔵庫にはある程度の容量が必要です。

  • 食材をかっておいて冷蔵庫にいれておく
  • 常備菜をいれておく
  • 作り置きをして保存

といったことをするからです。買ってきたものを作って、その都度、食べきるわけではないですからね。

 

ここで、問題なのは「自炊するつもりはなかったけど、節約したいからやっぱり自炊したい!」時、「やっぱ容量小さい冷蔵庫だと物足りないな~」と感じることです。

 

 

どうしても容量が小さいと、中に保存できるものに限界がありますからね。ですので、もし少しでも「節約するために自炊するかも?」という考えが頭をよぎったら、自分のイメージより少し大きめ容量を選んでください。

 

スポンサーリンク

 

一人暮らしの自炊って?面倒なの?

 

ちなみに「自炊する」といっても料理を毎回つくらなくても大丈夫なんですよ。イメージ湧かない方に簡単な自炊を紹介すると

 

ごはんをまとめて炊いて冷凍 ⇒ 食べる時にレンジでチン

これでも十分に自炊です。

 

 

ご飯さえあればメインは

  • コンビニで唐揚げ/コロッケ
  • レトルトカレー/レトルトハンバーグ

でもOKですしね。即席みそ汁や、コーンポタージュなど、お湯で溶かしてつくるスープを合わせて食べれば立派な一食になりますよ。

 

 

また、常備菜としては

  • 漬物(キムチ)
  • ナメタケ
  • シャケフレーク

といった、数日は冷蔵庫にいれておいて賞味期限がきれないような、「ごはんが進む系」常備菜があると心強いですね。

 

 

もう少し自炊をするのであれば、カレーやシチュー、おでんなどの日持ちするメニューもオススメ。一週間に一回にがっつり作って、一回分づつ取り崩していく食べ方です。

 

 

今紹介した例は、ほんの一例です。もし自炊をするのであれば、これだけの品物を冷蔵庫に収納しなければいけません。ご自分の自炊のレベルに合わせて冷蔵庫の容量を選んでください。

 

一方で、

  • 残業で毎日遅くなるので、そんなことやってられない
  • 晩御飯はバイトのまかない

といった生活パターンの方は120L以下の容量少な目で十分です。

 

 

自炊をしないのであれば冷蔵庫の中身は

  • ドリンク系がメイン
  • アイスや氷を冷やす

といった使い方になります。シンプルな機能の冷蔵庫だと冷蔵庫の価格も抑えられますよ。

 

冷蔵庫の大きさは、どこをチェックする?

冷蔵庫の容量をきめたら大きさをチェックします。

 

  • 幅x高さx奥行き

で、大きさは表現されています。

 

 

  • 幅や奥行きは、
  • ・部屋に搬入できるかどうか
  • ・設置した時に、不自然な置き方にならないか

などを、合わせて考えましょう!

 

 

ここで、一番チェックしてほしいのは「高さ」です

 

 

もしあなたが、冷蔵庫の上に「電子レンジ」「オーブントースター」を置く予定なら120センチ~130センチ位の高さがベター。一人暮らしのお部屋で、少しでもスペースを活用したいのなら冷蔵庫の上を活用しない手はありません。

 

 

使い勝手的に、高すぎず低すぎずといったところの高さの冷蔵庫を選んでくださいね。

 

 

一人暮らしの冷蔵庫に必要な機能や性能は?

大体の容量と大きさをイメージしたら、機能や性能をみていきましょう。

 

ファミリー用の冷蔵庫は、すごく機能が充実していますが、一人暮らし用の冷蔵庫は比較的シンプルな商品が多いです。その中でも、性能・機能としては絶対にチェックしてほしいのが

  • モーターの音
  • 霜取り機能

です。

 

冷蔵庫は一人暮らしだからこそ静かな製品を!

「モーターの音」は、一人暮らしならで絶対チェックしてほしい項目。

 

一人暮らしだとワンルーム/1Kの間取りの方がほとんどですよね?そうなると、洗濯機以上にモーターの音が気になるんですよ。一部屋ですべてすませるお部屋だと、常に鳴り響くモーターうなるような低音は感に触ります。

 

 

スペックとしては「冷蔵庫の運転音はdb(デシベル」で表示されています。家電量販店では、性能表示として「音」を比較対象にしていて、価格表に書いてあることが多いです。価格ドットコムでは、音に関しては表示がありませんでした。が、音が大きめの機種については、相当レビューでマイナスの口コミがはいってますので、どの消費が音が大きめかわかりますよ。

 

 

「自動製氷機の音」も気になる部分。自動製氷機は、便利ですが、突然、氷が作られる時に「ガラガラガラ」って音がなります。私の知人は、あの音が腹立つから自動製氷機がついていない商品にする!と豪語していました。ちなみに、私は「モーター音」は感じますが、自動製氷機に対してはなんにも感じません。それくらい音は人によって不快に感じる感覚に差があるもの。

 

 

もし、あなたが、ちょっと人より敏感なタイプなら静音タイプの冷蔵庫がオススメ。自動製氷機は、水をぬいてしまえば氷は作られないので音はしません。使うときだけ水をいれるという使い方もアリです。

 

 

 

手間をかけたくないのなら「霜取り機能」は必須

 

あと外せないのが、「霜取り機能」です。冷凍室に霜がたまってしまうと、入れるスペース自体狭くなります。かといって、自分で霜取りをするのも手間ですし、ビシャビシャに濡れて結構面倒です。霜取り機能は、おおよその商品には標準でついていますが、廉価の商品を選んだ場合には要注意。

 

シンプル イズ ベストとはいえ、これは絶対についていてほしい機能です。

 

スポンサーリンク

 

プラスアルファ冷蔵庫の選び方のポイント

性能をチェックしたら次は使い勝手をみていきましょう。頻繁に「開け閉め」「出し入れ」していると、ちょっとした動作が面倒に感じたり、負担になったりします。

 

まずは、

  • 扉の位置(右開き or 左開き)
  • 冷蔵室 (上 or 下)
  • 冷凍室 (扉 or 引き出し)

 

「扉の位置」は重要です。壁際や食器棚の隣に置くのであれば、どちらが開けやすいか事前にチェックしてください。今は、部品をはめかえれば右でも左でも開け方を変えられる商品も多いですよ。両方あけられる商品を選んでおけば、引越しした時でも安心ですね。

 

 

また、「冷蔵室が上か下か」も重要です。容量が大きくなってくると、冷蔵室が上、冷凍室が下になってきますが、容量が小さいと、冷凍室が上になっている商品も多いです。よく使うスペースが上にきている方が使いやすいので、もし商品選びでまよったら、冷蔵室が上のものを選びましょう。

 

 

また、「冷凍室のタイプ」も扉タイプか、引き出しタイプかも使い勝手が大分違います。扉タイプだと、大きくあけないと物が取り出せません。冷気が逃げてしまうので、節電という意味では、冷気がもったいないかも。引き出しタイプだと、本体の下の方についていて、見下ろす感じでものを取り出します。よく使うものを手前においておけば、ぱっと取り出せますし、見渡す時にもみやすいですね。こちらは、引き出しタイプの方がオススメです。

 

 

一人暮らしの冷蔵庫のお値段の相場や口コミは?

冷蔵庫の相場を容量別にみてみると

 

・120~130リットル・・・・2万円台~3万円台

で販売されています。相場ですね。(2017年1月現在)

 

 

 

この商品に限らず、いろいろな冷蔵庫が一人暮らし向けとして販売されてます。価格.comや各ショップのレビューをみてわかったのは、「値段を出したのに、これかよ!」という気持ちが不満につながってます。ちなみに口コミに寄せられた不満としては、

 

  • ・モーター音がうるさい
  • ・冷蔵庫内の照明が暗い

 

 

といった内容です。モーター音に関しては、皆さん結構辛口です。一方で、照明の色、内側のポケットなどの使い勝手のマイナス口コミは、3万円以上のお値段だったり、上位機種だったりするものです。

 

 

結局、安いものでも評判が良いのは「この値段だったら、これくらいの機能で十分」という点。「お安く買えて満足です」という口コミも多い商品多数ありました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

一人暮らし の冷蔵庫の選び方のポイントのまとめ

 

一人暮らしの冷蔵庫の選び方のポイントは

  • ・冷蔵庫のサイズ(容量)
  • ・冷蔵庫の大きさ(幅x高さx奥行き)

の順番でチェックしてください。

 

 

チェックしたい性能は

  • ・冷蔵庫(音)

 

機能としては

  • ・霜取り機能です。

 

あとは、価格と相談ですね。お値段だせば、それなりに良いものは手に入ります。でも、不要な機能に高いお金を払う必要ありません。

 

 

廉価の商品で、満足度が高いのは「冷蔵庫に沢山の機能を求めていないから」。一人暮らしで、揃えないといけない家電は冷蔵庫だけではありません。家電は上をみたらきりがないです。必要最低限の希望をしぼりこんだら、使い勝手は二の次にして、ざっくり価格重視で選択していくのも1つの考え方だと思いますよ。

 

 

冷蔵庫以外にも、一人暮らしで揃えたい白物家電などの情報をまとめた記事があります。よろしければどうぞ(^^♪

 

一人暮らしに必要な家電は何?全で幾らくらいになるのか調べてみた。