この記事は約 3 分で読めます

一人暮らしのテーブルの大きさは?折りたたみ式が便利なの?

一人暮らしでテーブルを買うときに種類があって迷いますよね。大きすぎると部屋を圧迫しますし、小さすぎても使いにくい。

 

オシャレなローテーブルが沢山販売されてますが、実はローテーブルで食事をすると使いにくんですよ。勿論、勉強をするのにも使いにくい。

 

 

そこで、今回は一人暮らしで家具をそろえる時に、テーブルの大きさや高さなどについて、選び方のポイントをまとめました。一人暮らしのテーブルは何役もこなすので、慎重にチェックして選びましょう。

スポンサーリンク

 

一人暮らしのテーブルの大きさは?小さい程よいわけではない

 

一人暮らしなので、お部屋の広さを少しでも活用しようと「小さ目」サイズを選ぶ方がいらっしゃいますが、小さいほどよいわけではありません。

 

 

その机で何をしたいのか?によって使い勝手が違うからです。使う用途として

  • 食事
  • Pc
  • 勉強

などに使うつもりなら、ある程度、テーブルの大きさ(広さ)が必要です。

 

ワンルーム6畳~8畳を想定して、

 

  • 一人で食事をするだけなら、
  • 巾65×奥行45
  • 巾60×奥行45

程度の大きさ(広さ)でも大丈夫!むしろ大きいテーブルは邪魔。

 

 

 

食事だけではなくて、勉強やパソコンもしたいなら、

  • 巾90×奥行60

程度は、ほしいかもしれません。お友達や彼氏・彼女をよんで、2人でちょっとした食事もできる広さです。

 

 
スポンサーリンク
 

一人暮らしのテーブルは大きいと困らない?

また、あなたがスペースを少しでも有効活用したいなら「折りたたみ」式がオススメです。ただし、折りたたみ式を選ぶなら「重さ」もチェックしてください。

 

折りたたむ回数が、多い程、

  • 重さ(重いと億劫になる)
  • 折りたたむときに脚のスムースさ

が気になります。重いもののほうが、しっかり・どっしりとつかえますが、軽いものだと重量に制限があります。その分、持ち運び・移動がしにくくなるのは仕方ないですね。

 

 

我が家では、夫が一人暮らしをしてい時につかっていた折り畳み式のテーブルが約8.7kgでした。一人暮らし用のテーブルにしてはしっかりした作りでしたが、私が、一人で脚を開いたり閉じたりするのは、重かったです。

 

一人暮らしのテーブルの高さは「座卓」が基準

一人暮らしのテーブルの候補としてあがるのが「ローテーブル」と「座卓」です。ローテーブルの方が、おしゃれで小ぶり。座卓というと、一昔前のちゃぶ台をイメージしますが、大きな違いとしては「高さ」です。

 

座卓の高さの方が使い勝手がいいですよ。ローテーブルだと、高いの食事などは使いにくいという口コミもあります。

 

これは標準的な基準です。

  • ローテーブル(~40cm)
  • 座卓(30~35cm)

 

 

 

ニトリの商品をチェックしてみると商品名に「ローテーブル」とあっても、高さが32cmの商品がありました。一概には、ローテーブルNGとはいいきれませんので、必ず「高さ」をチェックしてください。

 

 

もしあなたが、

  • ・すごく大柄な男性
  • ・座椅子をつかって食事や勉強がしたい

のであれば、少々テーブルの高さがあった方が使いやすいです。正座した時に、太ももがあたってしまいますからね。

 

 

ご自分の利用環境や、目的に合わせて高さを選んでください。

 

 

まとめ

 

一人暮らしのテーブルは、

  • ・食事だけ
  • ・勉強やPCなど作業をする

など、使用目的によって使いやすい大きさが違います。

 

 

ある程度、大き目のテーブルをかっても、いざとなったら、「省スペース」にできる「折りたたみ」がオススメ。ただし、毎日折りたたむのなら「重さ」をチェックしましょう。

 

 

テーブルの高さは「座卓」の標準の高さを基準にして選んでください。ただし、ご自分の使用環境によっては、標準の「ローテーブル」の高さでも不便なく利用できます。毎日使うものですから、使い勝手のよいテーブルを選びたいですね。

 

一人暮らしの生活に関する記事が一覧できるのはこちら。

⇒『一人暮らしに関する記事のまとめ』