この記事は約 5 分で読めます

日焼けのケア 男性でも簡単にできる顔がヒリヒリした時の対処法

ここ数年、日差しが厳しい日が多くなり、日焼けに悩む方が多くなりましたね。女性だけでなく男性も日焼けに悩むのは同じ。

 

ただ、男性だと日焼けでヒリヒリしたり赤くなったりした時に、「どうやって対処していいかわからない。どうすると治るのかわからない。」という声がちらほら。

 

普段スキンケアに興味がなければ、肌トラブルの対処に戸惑うのも当然です。

 

そこで今回は、普段スキンケアをしていない男性でも、簡単にできる日焼けのアフターケアの方法をお伝えしたいと思います。

 

簡単にできることばかりなので、興味のある方は是非チェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

日焼けのケア 男でも簡単にできること

日焼けは、軽度なら時間がたてば治りますが、何もしないでいると痛みは不快感が長引きますよ。

 

まずは日焼けの症状をチェックしてください。皮がむけてしまった・水ぶくれなど、明らかに「火傷」の症状がでてるのなら皮膚科のクリニック・病院で専門家にみてもらってくださいね。専門は皮膚科です。その方が、断然に治りが早いですよ。

 

そこまで重度でないなら、日焼けの症状はどんな感じですか?

  • ・ヒリヒリする
  • ・赤みがある(熱い)

のなら、まずは「肌の腫れ」をなくすのが先決です。

 

基本の日焼けのケアは「女性と同じ方法」でOK!

 

ただ、女性用の化粧品のラインナップは、日焼けの対策の延長線上に「美容」があります。

 

普段、スキンケアをしていない男性には、「女性と同じグッズを使う」のは、ちょっとハードルが高いので、できるだけシンプルなアフターケアの方をおすすめします。

 

今すぐ簡単にできるアフターケアは

  • ・顔を冷やす
  • ・化粧水で保湿する

この2点ですよ。

 

また、次に「日焼け」を繰り返さないように、できる「対策」を考えましょう。紫外線をダイレクトに浴びないだけでも大分違います。

 

具体的な対策は

  • ・日傘
  • ・日焼け止め
  • ・上着を羽織る

など

 

日傘はちょっとハードルが高いですが、日焼け止めや上着を羽織るくらいなら、日常的に取り入れやすいですよね?

 

ここ数年で、メンズの日焼け対策の商品も充実してきているので、是非検討してみてください。

 

市販の冷却用(冷えピタ)など湿布やスプレーなどは、効能によって、かえって肌には良くないかもです。身体と比較して、顔って皮膚が薄いので、ちょっと心配ですよ。使う時には、かならず商品の仕様書や取扱説明書をチェックしてからにしてくださいね。

 

日焼けでヒリヒリした時の対処

日焼けした顔が赤くなったり、ヒリヒリした時には顔を冷すと不快な感じが和らぎますよ。

 

保冷剤をハンカチでくるんで、顔に当てるだけでOK!冷やし方は、片手でもち、少しずつずらす感じです。少しずつ顔全体を冷やしてくださいね。保冷剤も特別なものでなくても十分です。ケーキやアイスクリームなどを買ったときに、つけてくれる保冷剤は冷蔵庫にありませんか?

 

↓我が家ある保冷剤です。片手でつかめる程度です。

 

 

手元にない場合は、100円ショップでも保冷剤は売ってます。手のひらサイズに収まるものを選ぶと取り扱いがしやすいですよ。お弁当の保冷剤のコーナーのものが使いやすいです。※ただ冷やさないといけないので、すぐ使えません。

 

アイスやケーキを購入するとついてくるので、火傷や日焼けの応急処置として、捨てずにいくつかとって置くといいですね^^

 
スポンサーリンク
 

日焼けした顔への対処法

しばらくしてヒリヒリや赤みが収まったら「保湿」をすると落ち着きます。しなくても、元には戻るとは思いますが・・・日焼けで肌の水分が抜けてしまっているので、化粧水で水分を補っておくとベター。

 

この場合、選ぶ化粧水は「できるだけシンプル」なものをえらんでくださいね。

 

女性向けの化粧水の場合は、「美白」「シワ」などを同時に改善させるため、化粧水にプラスアルファの効能がはいってる商品が多数です。男性向けの商品と使用感が違うので、慣れないうちは商品の見極めがしにくいです。しかも1本数千円と高額なので、失敗するとお財布が厳しいですよ。自分に合わない化粧水だと、日焼けの症状が悪化しかねないですしね。

 

 

私が個人的にシンプルでコスパがよく、さらに男性でもお店で購入しやすいと感じるのが

  • ・無印商品の化粧水
  • ・ドラックコスメ

ですね。

 

1000円前後で購入できますし、いかにも女性向けという感じがしないので、さらっとレジで買えます。

 

必要最低限の保湿ができる商品をつけてみて、ちょっと興味がでてきたら、日々のスキンケアに、もうちょっと効能があるものを取り入れてもいいかもです。

 

ただし化粧水は、健康な肌でも合う合わないがあります。つけてみて、「痛い!」「ピリッとする」という感覚は、日焼けしている肌なので当然出ちゃうのですが、それだけだと「肌に合わないかどうか」の判断がつきません。

 

 

顔に付けるのが心配な場合は、一度、二の腕に内側など「身体の中で比較的皮膚が薄い部分」に付けてみて、問題なさそうかチェック(パッチテスト)してみてから、つけてみると安心ですよ。

 

簡単な化粧品のパッチテストの方法

夜、お風呂からでたあと、二の腕に化粧水をぬります。

 

次の日、同じ時間帯に、化粧水をぬった場所をみてみて、「赤み」「腫れ」「かゆみ」があれば、肌質に合わないからNG。症状がなければひとまずOKと考えます。

 

 

★少し肌が落ち着いたら★

⇒『日焼けのケアは顔が重要 男性におすすめな対策やグッズはコレ』

まとめ

いかがでしたでしょうか?男性でも簡単にできる日焼けの応急処置的なアフターケアをお伝えしました。

 

日にち薬で治る症状もありますが、相応に対処すればそれなりに治りも早くなりますよ。

ただ、日焼けは繰り返すほど、肌にダメージがかかります。

次のことを考えて、同じ症状にならないように、工夫しておくことも大切ですね。

 

男性だと40代くらいから見た目的に「老い・老化」を感じるようになるとか。その1つとして、肌質が関係してるのでは?とスキンケアに注目されてきていますよ。

 

日常生活や予防のグッズなどを活用して日焼け対策をしてみてください^^