この記事は約 3 分で読めます

ヴァセリンとワセリンどっちがいい?種類の違いはどこにある?

スキンケアやら髪のお手入れなど幅広くつかわれているワセリン。ドラッグストアでも手軽にかえますよね。

 

実は、ワセリンにも種類があって、値段はもちろんのこと「使用感」が違うんですよ。

 

そこで、今回は、ワセリンを愛用中の我が家が、実際につかってみた感想をふまえて、種類や成分の違いなどを紹介しますね。

 

ワセリンをつかってみようかな、と考えてる方は是非チェックしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

ヴァセリン種類の違いはどこにある?

自分が使うとなると、ワセリン(ヴァセリン)に、どんな製品があって、どれが自分に合うかが気になりますよね。

 

市販されている商品には大きくわけると2種類あって、

  • ・ヴァセリン
  • ・ワセリン

 

さらに「ワセリン」と呼ばれる品物は

  • ・白色ワセリン
  • ・プロペト
  • ・サンホワイト

があります。

 

これらの違いは「純度」です。ワセリン(ヴァセリン)の原料・成分はもともとは石油です。石油を精製して商品にしているんですよ。ただ、精製が違うんですよ。

 

下に行くほど、純度が高く、お値段も高め。純度が低い「ヴァセリン」と呼ばれるこの商品が一番お値打ちに買えます。「ヴァセリン」は、どちらというとコスメ系の商品という印象ですね。

 

白色ワセリンは商品名(商標)ではなく、ワセリンの総称です。ドラックストアでよくみかける商品名としては「【第3類医薬品】日本薬局方 白色ワセリン 」があります。

 

 

ドラックストアのプライベートブランドなども販売されています。医薬品と表記がされており、「白色ワセリン」と表記されているものは、「白色ワセリン」という種類になりますよ。

 

 

ヴァセリンとワセリンどっちがいい?使ってみた感想

我が家は、サンホワイト以外は全部つかいました。

 

使用感としては、「ヴァセリン」は、他の製品と比較し「ノビがわるく」「鉱油の臭い」が気になりました。コスパは優秀でも、ノビの悪さがデメリット。

 

ヴァセリンは唇などにリップ代わりにつかったり、髪のセットに部分的に使うのなら問題ないレベルだと思います。

 

顔や身体などに、「薄く広く伸ばして使う」のは、ちょっと使いにくいと感じました。ヴァセリンは手荒れのハンドクリーム代わりも向かないかもです。伸びないですし、ヴァセリンつけた手で、色々な物がさわれないです(^_^;

 

ノビが悪い?からか、消費量も少なく、何故かヘリも少なかったです。

 

白色ワセリンは、コスパともに優秀で、身体に大量に使うならおすすめです。実際、大量の大入りのサイズが販売されているので、使いやすさと価格のバランスが一番とれているのではないか?と感じました。ヴァセリンと違って、医療品のジャンルですからね。

 

だた、白色ワセリンのネックは、時間がたつと「臭い」んですよね。顔に使うと「酸化」するからか、嫌なにおいがします。脂との影響?とも思いましたが・・・・そっとティッシュオフしたり、塗り直ししたり手間を欠けられるなら、白色ワセリン推しです。

 

さらに純度が高いプロペトは、かなり使いやすいです。白色ワセリンと比較すると、コストはあがりますが、「ノビがよく」「薄くつけることができ」「臭わない」のがGOOD。我が家は顔に付けるので、プロペトを使っていますよ。

 

サンホワイトは、敏感体質の方や「石油やけ」を気にする方が利用していることが多いですね。どうしても原料が石油だと、日光にあたると日焼けするケースがありますからね。値段が高いといっても、化粧品のクリームと比べると安いので、敏感肌でなくても、化粧品感覚で利用するのもありだともいます。

 

まとめ

アレルギー体質でなく、美容コスメや鼻ブロックとして花粉対策に使うなら、「白色ワセリン」もしくは「ヴァセリン」がコスパとしていいのかなーというのが感想です。

 

効能を求めるなら「プロペト」「サンホワイト」がおすすめです。

 

迷っている方は、参考になさってくださいね。

 

★鼻の中にワセリンを塗るならこちらをどうぞ。塗り方を紹介しています★

⇒『鼻の中が切れるのはなぜ?ぱっくり裂けて治らない原因は?』