この記事は約 4 分で読めます

部屋干しで早く乾かす方法 エアコンや扇風機の上手な活用を教えます

部屋干しで洗濯物を早く乾かすための情報を集めました。洗濯物の干し方の工夫や注意点を紹介しています。

 

またエアコンや扇風機を活用するときのポイントも載せています。我が家で実践した成功事例等も紹介していますので、部屋干しに困っている方は参考になさってくださいね。

 

スポンサーリンク

 

部屋干しで早く乾かすためのポイント

部屋干しで、早く乾かすためのポイントは以下の2点です。

  • 洗濯物の干し方
  • 部屋干しをする部屋の環境

風の通り道を確保しましょう。通り道をしっかり確保すると乾く時間が違いますよ。

 

部屋干しで早く乾かすための洗濯物の干し方

洗濯物と洗濯物の間をげんこつ1つ分感覚をあけてハンガーにつるすと、風の通り道を確保できます。また、同じサイズの洗濯物を連続で干さないようするのもポイントです。

 

 

例えば、洗濯物を干すときには、どうしても「同じものをそろえて」「連続して」ほしたくなりますが、大きさがチグハグのものを並べたほうが風の通りがいいです。

 

 

例)タオル⇒靴下⇒パンツ⇒タオル

 

 

また表面積が広くなるように干すのもグッド!写真のように、ハンガーでタオルを干すときには、できるだけ多くの「面」が空気に触れるようにしてくださいね。

 

 

下の写真だと、AとBだと一見 Aの写真のタオルの方が縁がそろっていて「キチン」と干している印象です。でも、表面積が広い干し方はBの方です。早く干したいのなら、Bの干し方をおすすめします。

洗濯物を早く乾かす干し方

洗濯物を早く乾かすための干し方の参考の写真です。

 

部屋干しで早く乾かすため部屋の環境

黄砂や花粉が気になので部屋干しをしている方。晴れの日ならできるだけ窓際に干すと早く乾きますよ!室内といえども、日光の日差しが当たるほうが断然乾きが違います。

 

 

扇風機や、エアコンや除湿器を併用しない場合は、部屋を広く開け放ち、できるだけ空気が滞留しないようにしましょう!こもった空気は臭いの原因になります。

部屋干しで早く乾かす方法 エアコンの設定

梅雨の時期や、雨続きの日、カラッとした晴天がない季節は、エアコンの設定を上手に活用しましょう。

 

 

エアコンの機能で「部屋干し」に使える基本的な機能は以下の3つ。

  • 冷房
  • 暖房
  • 除湿

この機能の中で、一番洗濯物が乾くのが早いのが「暖房」です。その次は「除湿」次いで「冷房」ですね。

 

 

「暖房」「冷房」は、使える季節が限定されます。春から夏の時期で、まだ肌寒いかもという梅雨くらいの時期は、除湿機能」をつかってくださいね。

 

冷房と除湿の機能の違いについてはこちらをどうぞ!

部屋干しエアコン除湿と冷房どちらがベター?時間や電気代は?

除湿機能を使った後は、送風など風がでるモードにしいて、内部を乾かさないと結露でカビがはえる可能性がありますので注意ください。

 

 

冷房や暖房をつかって部屋干しをするのは、「冷房/暖房をつかいながら、部屋干しをしたい」時におすすめです。同じ部屋で過ごしつつ、かつ早く乾かせるのなら、それに越したことがありません。

 

 

だたし冷房の場合は、暖房機能をくらべて乾きが遅いので、

  • ・洗濯物に風があたるような配置にする。
  • ・部屋を締め切る(湿気が入らないように)

など、合わせて工夫をしてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

部屋干しで早く乾かす方法 扇風機の活用

扇風機があるのなら、ぜひとも部屋干しに活用してください。

 

 

扇風機をつかうメリットは、

  • コスパがよい(本体・電気代ともに)
  • ほかの方法と併用できる
  • 持ち運びができる

なんといっても、除湿器やエアコンと比較するとコスパが良いのが魅力です。我が家は、冬でも扇風機をしまわず、部屋干しをするときに活用していますよ。

 

 

ほかの方法と併用できるのも手軽でいいですね。風の通り道を確保した洗濯物の干し方をしいても、「風」自体がなければ、効果は半減です。在宅であれば、窓をあけることもできますが、外出するとなると窓をしめますので空気が滞留します。強制的に扇風機で風を起こしてやりましょう!

 

 

エアコンの機能の「風」を直接洗濯物にあてるのが難しいときには、代わりに洗濯機の風をあてましょう。

 

 

扇風機の設定としては

  • ・扇風機の首振り機能につかう
  • ・まんべんなく洗濯物に風があたるように扇風機の高さを調整する

最近の扇風機の機能は、首振りの角度も広くなり、上下左右斜めといろいろな角度に首がふれるようになりました。全体に風がいきわたるように、首振り機能を活用してくださいね。

 

まとめ

洗濯物を早く乾かすためのエアコン・扇風機の活用方法を紹介しました。

 

乾くまでに時間がかかると、生乾きの状態が続き臭いの原因になります。部屋の場所もとりますし、すっきり片付きません。

 

扇風機やエアコンの機能を上手に活用をして、サッと洗濯物を乾かしてしましましょう!

 

部屋干し・除湿器に関する記事はこちらにもありますので、是非どうぞ!