この記事は約 4 分で読めます

靴の臭いはファブリーズやリセッシュで消せる?効果はどれくらい?

毎日長時間はいている靴は臭いがきになりますよね。手軽に臭いを消したいとなると、ぱっと思いつくのがファブリーズやリセッシュなどのにおい消しです。

 

手軽で便利な商品ですが、靴の臭いも消せるのでしょうか。消せるなら、効果がどれくらいか、も気になりますよね。

 

そこで今回は、ファブリーズやリセッシュなどの商品で、におい消しが消せるかを紹介します。トラブルが起きないための注意点などもまとめましたので、興味のある方は是非チェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

靴の臭いはファブリーズやリセッシュで消せる?効果は?

靴の臭いはファブリーズやリセッシュのようなスプレーをかけると消えることがありますよ。

 

ただし、完全に臭いを消せません。効果は一時的です。スプレーで臭いの原因をとりのぞけるわけではないので、応急処置的だと思ってくださいね^^

 

靴にファブリーズを使ったときの効果は?

製品によっても臭い取りの効果は大分違いがありますよ。ファブリーズとリセッシュでも違いがありますし、製品によって得意な臭い消しのジャンル?があります。

 

↓例えばこちらの商品。スポーツ用なので汗の臭い消しに強く、シューズにもOKなファブリーズです。

こういったシューズOkと製品にかいてあるファブリーズ・リセッシュなら、におい消しにかなり期待ができます。

 

一方「お部屋空間」の製品だと、ちょっと微妙かも。ファブリーズは便利ですが、残念ながら万能ではないです。

 

手元にあるファブリーズやリセッシュを使い回して、果たして効果があるかどうかは、使う前によーく考えてみてください。

 

靴にファブリーズはやめとけと言われる理由

ファブリーズやリセッシュを使うことで、「靴そのものが傷んでしまった」「臭いがきつくなった」といったという声もちらほら聞きます。

 

個人的な予想ですが、

  • ・布製のシューズやスニーカーの臭いは消しやすく
  • ・「合皮」「革」などの素材の靴だとトラブルが起きやすい

のではないかと。

 

大きくわけてファブリーズ・リセッシュは

  • ・スーツなどの服のつかう布用
  • ・部屋に使う空間用

です。

 

布製のスニーカーはなら「布」の延長線上なので、におい消しはしやすく、パンプスやビジネスの革靴は、スプレーの仕方によっては、シミになるかも。

 

ファブリーズ以外にも臭いを消す方法はありますので、個人的には無理は禁物だと思います(^_^;

 

 
スポンサーリンク
 

靴にファブリーズで臭いを消す時の注意点

そうはいっても、どうしても応急処置でもいいので、臭いを消したい時がありますよね。

 

ファブリーズやリセッシュで臭いを消す時の注意点としては

  • ・できるだけ香り付きの物はさける
  • ・靴の内側にスプレーをする
  • ・スプレーした後には風通しの良い場所におく
  • ・革や合皮など洗えない素材の場合は自己責任

消臭よりも芳香剤の効果が強い製品だと、靴の臭いに芳香剤の臭いが上書きされ、かなりおかしな臭いになるので、やめておいた方が無難です。

 

また、靴全体でなく内側にスプレーが行き渡るようにしましょう。ダイレクトにスプレーするのが心配な場合は、「靴の中敷き」や「新聞紙など」にファブリーズをして、靴の中に入れるのも1つの手です。

 

また、スプレーした後には、できるだけ風通しの良いところにおいておきましょう。特に雨の日に濡れた靴ならなおさらです。ファブリーズをしていなくても、風通しをよくして早く乾かせば臭いは少しは軽くなりますよ。

 

あとシューズ用のファブリーズ・リセッシュ以外だと想定外の使い方になるので、あくまでトラブルがおきても自己責任です。実際、ファブリーズで臭いが軽くなったという人もいるので、NGとは思いませんが、

 

  • ・最初は、少量だけ吹きかける
  • ・布に吹きかけて、内側をふく

 

など、様子をみてつかっていくのがベターですよ。

 

関連記事⇒『スーツにファブリーズだと傷む?しみにならない効果的な使い方

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

ファブリーズやリセッシュは除菌というよりも、臭いを消す成分や芳香の成分がはいっており、すべての製品がアルコール除菌のような使い方はできません。

 

使い方によってはトラブルがおきることも。

 

靴の専用製品ではないので、使い方や効果には限界があります。ただ、応急処置的には効果ありとの口コミもありますので、靴が傷まない範疇で上手につかってくださいね^^