この記事は約 6 分で読めます

クローゼットは使い方によっては臭いがこもる場所です。せっかく手入れしてしまった衣類に臭いがついてしまったら台無しです。

 

今回は、クローゼットの臭いの原因になるカビやタバコについて調べました。気になる嫌な匂いが服につかないようにクローゼット内も手入れの情報も紹介しますね。

 

スポンサーリンク

 

クローゼットがカビ臭い理由

クローゼットがかび臭いのは、気のせいではありません。実際にクローゼットに収納している衣類や、隅のほうの壁にカビが生えていることが多いですよ。

 

 

衣類についているカビは白い粉のように見えます。

  • ・クローゼットにいれっぱなしになっている冠婚葬祭の礼服など
  • ・奥の方にしまってあるスーツ

などをチェックしてみてください。特にクリーニングからもどってきたときのままのビニール袋がついている衣類は要チェックです。

 

 

また、クローゼットの中のカビは、壁だけでなく、壁と床の継ぎ目「L」の字になっているの隅のほうにもできます。収納ケースなどで隠れていると、パッとみてわかりにくいです。面倒でも荷物をどけてチェックをしてください。カビの色は「黒」や「緑」とは限りません。白いカビが生えることもありますよ。

 

 

カビがはえてしまったら、臭いをとるためにもカビを撃退するのは必須です。まずは掃除をしてから、カビが生えないように予防をしましょう。

 

 

クローゼットのカビ対策

 

クローゼットの中のカビ対策としては

  • クローゼットの中の掃除
  • クローゼットや衣類がカビないように予防

の2点ですね。

 

 

クローゼットの中の掃除の手順は

  • ・クローゼットの中身を出す(衣類を断捨離する)
  • ・カビている衣類は洗濯もしくはクリーニング
  • クローゼットの中を空にしてから掃除

 

クローゼットが容量いっぱいだと、空気の流れがないので湿気がこもりやすくなります。掃除を機に服などを断捨離してください。

 

 

またカビてしまった服は、断捨離するかお洗濯してください。せっかく掃除をしてもカビをクローゼットに持ち込んでは意味がありません。

 

そして、必ず一旦クローゼットの中を空にしてから掃除をしてください。

 

中の荷物をいったんだしたクローゼット内の掃除の手順は

  • ・掃除機で埃をすう
  • ・壁や床を水拭きする
  • ・アルコール除菌をする
  • ・クローゼットの中を乾燥させる

埃は湿気をすって「嫌な匂いの元」になります。また、すでにカビも含んでいますので、まずは掃除機で吸ってください。そのあと、水拭きをします。水拭きでサッととれるカビなら比較的生え方は浅いです。

 

 

 

もし、サッと水拭きしても不安なくらいのカビの生え方な「クローゼット全体を除菌」してください。アルコール除菌(エタノール)がおすすめなのです。でも、クローゼットの壁や床の素材によっては、逆に「シミ」になってしまうかもしれません。小さな範囲で試してみてから使ってください。

もし、心配なのなら固くしぼった雑巾で水拭きをする程度にとどめておいてくださいね。

 

最後にクローゼットの中を乾かして終了です。

 

ウォークインクローゼットの場合は、扇風機をつかって空気の流れをつくりましょう。

ウォークインクローゼットの扉をあけ、外から中に向けて扇風機の風をあてます。空気の流れをつくり、中で滞留がないようにしてください。

 

クローゼットのカビ対策グッズ

クローゼットの中が乾燥をしたら、カビがクローゼットにできないよう予防しましょう。

 

クローゼット中がカビがはえてしまうのは

  • クローゼットの中に湿気がこもっている
  • クローゼットの中で空気の流れがない

ことが原因です。

 

まずは湿気対策を!

 

以下はクローゼットのカビ・湿気対策グッズの定番です。比較的手軽で、安価に取り組める順番です。

  • 重曹
  • 除湿剤
  • 除湿器

重曹は、湯飲みのようなコップにいれてクローゼット内においておけばOK!湿気がこもりやすいクローゼットの隅のほうにおいてください。入れ物からこぼれてしまうと掃除が大変なので、「お茶パック」などに入れてから入れ物においておくのがおすすめです。重曹は湿気だけではなく臭いもすってくれますよ。

 

 

次に、お勧めなのが除湿剤です。「エステー 【ドライペット】」のような水をすってくれる専用商品です。重曹は、実際つかってみると「取り換え時」がわかりにくいので、効き目がおちても取り換えるのを忘れがちです。除湿剤だと目に見えて「取り換え時」がわかるので、いつまでも効き目がないものをクローゼットにおいておく、ということはありません。

 

 

除湿剤は便利ですが、「手間がかかる」「出費がかさむ」のがネック。自分でホームセンターで除湿剤を買ってくるとかさばるんですよね。

 

 

そうなると「除湿器」を購入するのも一つの手だと思います。コンパクトでお値段も手軽な「結露予防」「湿気対策」として販売されている商品がありましたので、よろしければご参考に。

 

▼▼

⇒消臭・抗菌効果 スリーアップ 除湿機 消臭・抗菌効果あり コンパクト消臭・除湿機・除湿器 カラッと爽快TU400 押入れ・湿気・洗面台・マンション/TU-400

 

 

  • クローゼットの中で、空気の流れがないのは
  • ・クローゼットをしめっぱなし
  • ・衣類をしまいっぱなし

なのが原因です。定期的に「扉を開ける」「扇風機の風を当ててやる」などをして、空気をいれてやりましょう。

 

 

また、季節の変わり目に「衣類の虫食いなどがないか」「不要な服はないか」など、チェックしてください。衣類のメンテの意味もかねて、クローゼットから衣類を出し入れすることで、入れっぱなしでカビが大量発生するまで気が付かない、といった事態を避けられますよ。

スポンサーリンク

 

 

クローゼットがタバコ臭い理由

クローゼットがタバコ臭い理由は

  • タバコの臭いがクローゼットの中にはいりこむ
  • すでにタバコの臭いがついた衣類がクローゼットの中にある

のどちらかです。

 

もし、部屋でタバコをすっているなら、その匂いがクローゼットの中に入り込み、繊維についてしまっているかもしれません。

 

 

 

タバコの臭いをクローゼットに入れないようにするには

 

  • 換気扇・空気清浄機などのそばでタバコを吸う
  • クローゼットの扉をしめる

 

などして、臭いが部屋全体にいかないように工夫をしてください。

 

 

また、男性のスーツやコートにタバコの臭いがついている場合、手入れをせずにクローゼットにしまうと「タバコの臭い」がほかの衣類に移ります。

 

 

以前、私がつとめていた会社では、コートや上着かけるハンガーポールは男女共用でした。でも、男性のスーツの上着のそばに自分のジャケットをかけると「臭いが移る」のですよ…

 

まぁ、これは人それぞれスーツの手入れの頻度にもよるので、絶対うつるとは言い切れませんが、もし「タバコの臭いが気になる」のであれば、きちんと手入れをしてからクローゼットの中に衣類をしまってくださいね。

 

汗や臭いをとる方法については別記事にかきましたので、よろしければこちらからどうぞ。

 

⇒スーツの臭いはとれるのか・タバコや汗の臭いを撃退する方法

 

 

まとめ

クローゼットがカビ臭いときは

・クローゼットの中を掃除する

衣類や壁・床にカビがないかをチェックしてください。

 

そのあとに

  • ・湿気対策
  • ・空気がクローゼットの中に滞留しないようにする

などして、カビが生えないように予防してください。

 

クローゼットがタバコ臭いときは

  • ・部屋でタバコを吸うときは扉をしめる
  • ・部屋中にタバコが充満しない場所でタバコをすう

などの工夫が必要です。衣類に限らず、部屋のカーテン・ラグなどにも臭いがついてしまいすよ!

 

タバコ臭がする衣類が臭いの原因の場合は

  • ・陰干しや消臭スプレーなどで衣類の臭いと消す

 

 

臭いがするときは、元から立たないと、また臭ってきます。臭いが出やすい部屋なのは、原因があるはずなので、一つ一つ原因をチェックしてくださいね。