この記事は約 3 分で読めます

猫用のホットカーペットは火事になる?つけっぱなしでもOK!電気代は?

「猫はこたつでまるくなる」という歌詞があるぐらいなので、家で一緒に暮らしている猫達も暖かい所がやっぱり好きなんですね。

 

猫用の湯たんぽやホットカーペット等の寒さ対策グッズも販売されているので、今の時代の猫達はきっと快適に過ごせているんだろうなと感じます。

 

特におじいちゃんおばあちゃんになった猫には寒さは厳禁らしく、暖めてあげる事がとても大切のようです。

 

そんな時に猫用のホットカーペットはとても重宝される物ですが、寒いからとつけっぱなしにすると火事になる等のリスクなどあるのでしょうか?電気代も気になりますよね。

 

 

そこで今回は猫用カーペットは1日つけっぱなしにしていて大丈夫なのか、電気代はどのぐらいかかってくるのかについてお話したいと思います!

 

スポンサーリンク

猫用ホットカーペットをつけっぱなしでもOK?

結論から言うと、猫用のホットカーペットはつけっぱなしにしていて大丈夫と言われています。ですが、何点か注意する事があります。

 

ただつけっぱなしにしているだけでは火事にはなりません。ホットカーペットで火事が起こる原因は「断線」です。

 

猫ってコードをよくかじってしまいませんか?かじってしまったり、のびた爪をひっかけてしまうとそこから断線し、火事が起こる可能性があります。

 

ペット用に作られているので、コードをかじられても断線しにくいように作られてはいますが、念のためにかじってしまわないよう注意が必要です。

 

 

断線しないようにするには、コードをカバーしてあげる必要があります。今はコード専用のカバーが販売されているので、そういった物を使用するのが一番安全です。「今手元にないよ!」という方は毛布などで見えないようにカバーしてあげるといいですよ。

 

 

もう一つ注意したい点は猫が低温火傷してしまう事です。

心地よい暖かさだと、人間でもそこから動きたくなくなってしまいますよね。我が家ではリビングに床暖房がついているのですが、その上でゴロゴロしてしまうともう廃人の様になってしまいます。

 

猫だって思う事は人間と同じなので、ついホットカーペットの上から動かなくなってしまい、低温火傷してしまいます。ホットカーペットには分厚めの布や毛布を上から重ねて敷いてあげると低温火傷を防ぐ事ができますよ。

 

 

ホットカーペットにもいろいろ種類があり、遠赤外線の物は低温火傷をしにくいと言われています。個人的にいいなと思った物は「サーモスタット」が内蔵されている物です。設定温度になるとスイッチが切れ、温度が下がるとまたスイッチが入ってくれるので低温火傷を防いでくれます。

 

猫がずっと上に座っていると、熱くなってきて自動的にスイッチが切れてくれるのでとても安心です。

 

 

仕事等で家を留守にする事が多い飼い主さんはこまめに温度や猫の状態をチェックできなくて心配になりますよね。心配ならサーモスタットが内蔵された物を使用したり、出かける前に毛布をしっかり重ねてあげたりして対策してあげてくださいね。

 
スポンサーリンク
 

 

猫用ホットカーペットの電気代はどれくらい?

猫用のホットカーペットはつけっぱなしでも大丈夫な事はわかりましたが、つけっぱなしにした時に気になるのが電気代です。

暖房をつけて、人間用の床暖房やホットカーペットをつけて、こたつがあって…そこに猫用のカーペットまでつけっぱなしとなると、電気代が恐ろしくなりそうですよね。

 

猫用のホットカーペットの電気代は選ぶ商品にもよって多少変わってきますが、人間用のホットカーペットよりも消費電力が少なく、実は電気代もそんなに高くはなりません。

 

猫用のホットカーペットの電気代は1時間で大体0.5円ぐらいなので、1日当たり12円程で済むんです。思ったよりも安くてびっくりしました。これぐらいなら全然つけっぱなしにしていても電気代が気になりませんね!他のどんな暖房器具よりも電気代は安いので、猫の為にもちゃんとつけてあげたいですね♪

 

 

まとめ

 

・猫用のホットカーペットはつけっぱにしにできる
・断線と低温火傷に注意が必要
・低温火傷しにくい商品もある
・つけっぱなしにしていても電気代はとても安い

 

年々寒さが厳しく感じる冬は、動物にとっても辛いものだと思います。猫だって家族の一員、しっかり寒さ対策をしてあげたいですね。

 

猫用のホットカーペットは大きさもそこまで大きくないので、是非1つ用意してあげる事をおすすめします♪