この記事は約 5 分で読めます

セーターの虫食いを自分で直すには?補修の簡単な方法はコレ

いざ着ようと思っていたセーターを広げてみると、虫食いを見つけることがありますよね。お気に入りのセーターに穴が開くなんて本当に残念です。

 

穴があいたセーターは捨ててしまうのが普通ですが、なんとなくもったいないって思いませんか?あまり傷んでなくて、思い入れがあるセーターならなおさらです。

 

 

ちょっとした虫食いなら自分で補修ができるかも?!場合よっては、セーターが延命できますよ。

 

 

今回は虫食いのセーターの補修の方法を紹介します。自分で直す簡単な方法なので、費用は最小限!ぜひチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

セーターの虫食いは自分で直せる?

セーターの虫食いは自分で補修できますよ。ただし、虫食いやセーターの状態によって、直し方の難易度がかわります。

  • 虫食いの穴が大きい
  • ちょっと上質なカシミヤ

だと、補修はぎこちなくなるかもしれません。

 

虫食いの穴が大きすぎると、後ろのあて布によっては、補修が目立ってしまいます。また、セーターが上質すぎるると、逆に補修が裏目にでてしまうかも。やっぱり補修ができると行っても素人ですからね(;^_^A

 

逆に、

・ちょっと糸がほつれた?とおもうくらいの虫食い

・穴がぽっかり開くまでもいかないような虫食い

 

こういった、中程度の穴なら自分で修理ができます。普段づかいの洋服なら、捨てることなく使えますので、ぜひぜひ補修をチャレンジしてみてください。

 

セーターの虫食いの補修 簡単に修理をする方法

 

小さい~中程度の虫食いを直す方法としては以下の2つ。

  • 同色の糸で縫い合わせる
  • アイロン接着シートで穴をふさぐ

 

一番お手軽なのは、穴を糸で縫い合わせる補修方法です。

 

セーターの色と同系色の糸で縫い合わせる補修は、柄物セーターに向いています。無地のセーターだと、場所や穴の大きさによっては、縫い合わせの部分が目立つかもしれませんね。

 

 

↓こちらの写真は、補修した写真です。ちょっと大き目の穴だったので、ゲージ部分なので、あまり目立ちません。

 

縫い方はは「はしごまつり」という方法です。こちらの記事に「はしごまつり」のやり方の動画が掲載しました。

 

興味のある方は是非どうぞ。後半のほうに動画のせてます。

⇒『スーツのズボンの破れの直し方!裂けの応急処置や簡単な縫い方を紹介!』

 

セーターの虫食い 補修方法

次に簡単なのが「アイロン接着シート」をつかった補修方法です。

 

私がつかったのはこちら。テレビショッピングなどで紹介されている万能アイロン接着シート「アイロンペッター」です。楽天でも買えますよ。

 

 

 

 

アイロンペッターはアイロンの熱で布と布とを張り合わせるテープです。主にズボンの裾上げなどに使いますが、セーターの虫食い補修にも使えますよ。

 

【動画再生時間 9分41秒】6分26秒からセーターの補修が紹介されています。

 

 

 

 

ほかのアイロン粘着シート比較して、シール自体が薄いので仕上がりが「いかにも補修しました」「シールくっつけてます」という見栄えになりにくいです。

 

 

↓こちらが購入したアイロンペッターの内容です。かなり詳しい取扱説明書があります。

 

まず、大前提なんですが、アイロンで補修をするので、補修するセーターが「アイロンかけてOk」な素材か商品タグでチェックしてくださいね。

 

 

↓アイロンのマークありますよね?

 

アイロンかけてはいけないセーターだと、熱を加えることで毛糸が劣化してしまう可能性があります。購入する前に、必ずチェックしてくださいね。

 

 

セーターの虫食い 補修方法 用意するもの

  • ・アイロン接着シート
  • ・アイロン台
  • ・タオル
  • ・アイロン

 

細かい作業になりますので、先ほど紹介した動画にあった、小さな手製のアイロン台をつくってもOK。かまごこの板をきれいに洗って再利用すると便利ですよ。かまぼこの板に布を巻き付ければ、アイロンの細かい作業がしやすくなります。

 

また、あて布用のタオルを用意してください。水に濡らし固くしぼっておきましょう。ハンドタオルやハンカチサイズ、小さめのタオルのほうが使いやすいですよ。

 

 
スポンサーリンク
 

セーターの虫食い 補修方法 手順

 

↓今回は下のような小さな穴を補修します。動画では、セーターの「毛」を使うとありましたが、アクリルセーターなので毛がありません。この穴をうめるのにあて布をつかいます。

 

 

↓ちょうどいい色のあて布がなかったので、苦肉の策で同系色を選びました。赤い部分を切り取ります。穴を覆うのに二回りほど大き目に、丸くカットします。

 

 

↓アイロンペッターをカットします。より粘着力を高めるためには2枚重ねがいいとか!アイロンペッター×2枚・あて布×1枚 合計3枚を同じ大きさに切りそろえます。

 

アイロンペッターはメジャーのような巻尺状になっています。最初の何巻きかは、セロファンみたいな(?)透明なナイロンでおおわれており、紛らわしいです。私、気が付かずに、ずっと商品じゃないナイロンで接着してました(;^_^A

 

何巻きかは、粘着シートを保護するナイロンなので捨てて、不織布のような素材がでてきたら、それを使ってくださいね。

 

口コミでも「何度やっても張り付かない!」とありましたが、確かに、保護用ナイロンではくっつきません。

 

 

↓重ね合わせて、上から濡れタオルを置き、アイロンで10秒程度おさえます。

 

 

↓仕上がりです。チェックのあて布だったので、まずかったかなーと思ったのですが、さほど気になりません。

 

 

穴が大きくなければ、同系色の布ならほとんど大丈夫ですよ(^^♪

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今回は父親のセーターの補修をしました。

 

直せるなら直したい、と父親にいわれたので、やってみましたが、思いのほか簡単でしたよ。アイロン粘着シートなら、いろいろと役立ちそうなので、1本あっても困ることはないですしね。

 

 

でも、補修が簡単とはいえ、あまり繰り返し虫が食ってしまうようだと、それはそれで問題です。

 

 

そもそも、このセーター。私が、父親の誕生日にプレゼントをしたんですよ。結構、思い入れがあるセーターだったのに(´;ω;`)

 

 

衣替えの保管の状態がよくなかったので、虫がくってしまったのかな。

 

 

セーターなど冬物を衣替えするときには保管に注意したいものですね。虫食いなしできれいな状態でセーターを着れるならそれに越したことはないですし。

 

 

 

↓こちら、衣替えに関する記事のあれこれです。

 

防虫剤やしまい洗いについてなど、いろいろな疑問をまとめてます。虫食いを予防したい方は、チェックしてみてくださいね。

 

>>衣替えに関する記事のまとめ