この記事は約 5 分で読めます

スーツが破れた時の直し方!おしりの破れや股の補修はどうするの?

スーツがアクシデントで破れてしまったら、速攻で買い替えとはいきませんよね。スーツは大きな買い物です。

 

スーツは破れは直せるのですよ。補修した部分が目立たなければ、買い替えずにそのままスーツを着ることもできます。

 

そこで今回は、スーツが破れの直し方の情報をまとめました。破れることが多いおしりの破れや股の破れの補修について紹介していますので、参考になさってくださいね。

 

スポンサーリンク

 

スーツが破れた時の直し方

破れたスーツの直し方は2通りです。

  • 破れたスーツをお直しにだす(専門のお店に任せる)
  • 自分で直す

自分で補修できるなら、それに越したことはないのですが、スーツの破れた個所や、生地の破れ具合によっては厳しいものがあります。

 

カジュアル普段着や、子供の服なら、ちょっとした失敗もご愛敬ですみますが、「スーツ」ですからね。自分で直すつもりが、破れがひどくなっては本末転倒です。

 

プロと素人では、一見「お直し」が同じにみえても、直しの「強度」が違います。

 

もし、無理そうだと判断したら「お直し専門のお店」に持ち込むことをお勧めします。お直し専門の店で、チェーン店として有名なのは

などですね。ショッピングセンターにはいってることが多いですよ!

 

また、スーツの破れは

  • ・クリーニング店
  • ・紳士服販売店

補修の受付してくれる場合があります。クリーニング店なら近いですし安心なので、一度聞いてみるのもいいかもしれませんね。我が家はスーツの破れの補修はクリーニング店に持ち込みました。

 

紳士服販売店とは、「スーツを販売してる店」です。購入したお店で確認してください。我が家は「AOKI」系列の紳士服店で買っています。破れを急いで直したかったので、クリーニング店に持ち込みましたが、後日、販売店で「もしスーツが破れたときに持ち込めば、直してもらえますかね?」と聞いたところ、対応してもらえると回答いただきました(^^

 

いずれにせよ、大掛かりなお直しになると費用もかかります。お直し代金がいくらくらいになるのか、事前の金額の見積もりを確認してください。あとは、仕上がりの期間も確認しておくと安心ですよ!

 

スポンサーリンク

 

スーツのおしりが破れた時の直し方

 

パンツスーツの場合、おしりが破れてしまうことがあります。破れ方は

    • 裂ける
    • ひっかけ

おしりの部分が、べりっと裂けてしまった場合は、生地の裂け方によっては、自分で補修するのはかなり難しいです。

 

糸がほつれてしまったときには、縫い直せばいいのですが、布が裂けた場合は、縫うための布を調整して出さないといけないからです。

 

こちらの記事では、お尻が裂けてしまったズボンの補修をしています。手順や仕上がりを知りたい方はどうぞ。

 

⇒『ズボンのお尻の破れの直し方 手縫いでの縫い方を紹介』

 

 

 

一方、「ひっかけ」の場合は上手にすれば自分で補修もできますよ。補修の仕方は

  • ・かけはぎ
  • ・アイロン接着シート

の2通りあります。かけはぎは、素人がやるにはかなり根気と技術がいるテクニックなので、私なら「アイロン接着シート」をお勧めします。

 

参考になる動画があったので紹介しますね。

▼▼

 

【動画時間:9分41秒】

アイロンペッター アイロン接着テープ【ポスト投函/送料無料】

 

スーツの破れでできた穴を、アイロンをつかって粘着シートをくっつけるだけです。アイロンをつかった手軽な補修方法です。動画をみていただいた方はわかるとおもいますが、

アイロンペッター自体、すごく薄いですよね。薄くて粘着力が強いものだと仕上がりがちがいますよ(^^

 

100円均一の商品をつかってズボンを補修してみたのですが、やっぱり仕上がりが違いました。仕上がりの違いはこちらの記事で確認してください。

 

⇒『ズボンの穴の補修 大人の服をアイロンや100円均一で修理する方法

 

スーツの股の破れの修理はどうする?

スーツの股の破れは

    • 内またのスレ

が原因ですね。

 

破れが広範囲になりますし、当て布の色や糸の色合わせも難しい個所です。破れてしまったら、お直しに任せましょう。

 

もし自分で頑張ってみようかな、と思う方はこちらをどうぞ。ミシンで「たたき」という技術で直しています。生地がさけてしまった部分・薄く擦れてしまった部分を補修しますよ。

【必要なもの】

  • ・スーツの破れを隠すあて布
  • ・スーツの色と合うミシン糸
  • ・ミシン

スーツの破れを隠す当て布は、購入したときについてくる「はぎれ」を使ってください。広範囲でカバーできなければ、同色の布を買ってくる必要があります。もちろん、ミシン糸も布と同色のものを手配してくださいね。

 

動画ではレバーを上下に動かして、布を前後させていますが、ミシンによってはこういった機能はついていません。私のミシンもついていませんでした。

 

縫い方としては、細かい間隔で直線縫いを何度か往復させればOKです。

 

 

やり方としては

  • ・針目を小さくする
  • ・表から直線ミシンをかける(布にシワが寄らないように)
  • ・ジグザグでもOK

と聞くと、すごく簡単そうに思えますよね?

 

 

でも、チャレンジしようとしてみてわかったのですが、ズボンの内またの部分で「筒」になってますよね。なので、これをほどいて「タタキ」をするとなると、かなり手間と根気がいるのですよ。

 

もちろん、内またの部分で目立たないので多少の失敗は大丈夫だと思いますが、そこは「スーツ」ですから・・・私は結局、失敗するのが怖くて「お直し」に出しました。

 

一度、カジュアルパンツやお子さんお洋服で練習?してみて、「やれるかな?」と思ったらチャレンジしてみてくださいね。

 

私は、自分のユニクロのズボンの穴の補修にチャレンジしてみました!手際としては、スーツと同じだと思いますよ~

 

⇒『ズボンの穴の補修 股の破れを手縫いで簡単に直す方法を詳しく紹介

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は、少し時間がかかる方法を紹介しました。「もう少し緊急で直したい」、「予防法をしりたい」という方は、こちらの記事を参考になさってくださいね。

 

 

★こちらから、他の補修の記事が一覧できます。

⇒『スーツやズボンの補修のやり方 記事の一覧』